超コンパクトな水汲みバケツ「餌木猿マイクロバケツ」とは?使い勝手の良さに注目!

水汲みバケツと言えば釣りでは必須級のアイテムですよね。水汲みバケツの用途は水を汲むだけに限りません。汲んだ水で手洗いをしたり、魚の下処理、最後には釣り場のお掃除にも役立ってくれます。

ただ、水汲みバケツは意外と嵩(かさ)になります。折り畳んだとしてもサイズに応じた厚みがあるので持ち運びに不便。バッカンやリュックサックに水汲みバケツが入らない、という状況も大いに有り得ます。

今回、紹介するのは林釣漁具製作所のマイクロバケツ。横12、奥行12、高さ14(cm)の超コンパクト水汲みバケツの使用を一考してみてはいかがでしょうか。

そこで、レポ部では・・・
超コンパクトな水汲みバケツ「餌木猿マイクロバケツ」とは?使い勝手の良さに注目!
をレポートします。

餌木猿(えぎざる)とは?

餌木猿(えぎざる)は高知県に本社を置く会社「林釣漁具製作所」の釣りブランド。ブランド名の通り、エギングに関わる道具を主として手掛けています。エギ、竿、ライン、ツール、様々な釣具を手掛けているだけにエギングをされる方は注目すべきブランドです。

参考 初めてのエギング入門 | シーズン、仕掛け、アクション方法を徹底解説

餌木猿マイクロバケツの人気の秘訣

内容
  • コンパクトバケツ
  • メッシュケース
  • ロープ
  • カラビナ

餌木猿(えぎざる)のマイクロバケツの人気は今も尚衰えません。その人気はマイクロバケツの小ささだけではありません。このマイクロバケツには釣り人を虜にする要素が沢山詰められています。そこで、餌木猿のマイクロバケツの良さに注目していきましょう。

超コンパクトでかさばらない

コンパクトバケツの大きさは横12、奥行12、高さ14(cm)と超コンパクト!本体サイズが小さいだけに通常の水汲みバケツとは比べ物にならない程、携帯性に秀でています。こんなに小さくても約2Lほどの容量を備えます。素晴らしいですね!

水キレの良いメッシュケース付き

コンパクトバケツには専用のメッシュケースが付属しています。使用した後はコンパクトバケツを水で洗い流し、メッシュケースに入れて乾燥させることもできます。また、メッシュケースの上から水でサッと洗い流すこともできるので手間を省くことができます。

カラビナを使ってぶら下げることも可能

メッシュケースにはカラビナも付属しています。カラビナを利用すればベルトはもちろん、ループシステムの組まれた道具、釣具に装着してぶら下げることも可能です。どうしてもバックに収納しきれなかった場合はバック外にぶら下げることで水汲みバケツを常に携帯することができ、持ち運ぶことができますよ!

もちろん、専用ロープも付いてます

水汲みバケツならではの専用のロープも付属しています。ロープ長は約5(m)で少し高い釣り場にも対応しています。もちろん、専用ロープとコンパクトバケツは専用のメッシュケースに収納できます。どんな状況でもすぐに使うことができますね!

水汲みバケツかさばる?そんな時はマイクロバケツ

折り畳むことが可能な水汲みバケツは多く産出されています。しかし、水汲みバケツの多くの製品は折り畳むことだけに重点が置かれており、使い勝手の良さに関しては水汲みバケツ本来の性能に頼りっきりという一面もあります。マイクロバケツは折り畳んだ後の収納に困らないようにメッシュケースや持ち運ぶためのカラビナまで付属しています。アングラー目線に立ってよく練られた製品のように感じました。

ティクトブランドのマイクロバケツもあるよ

TICT(ティクト) マイクロバケツ ブラック

No.1
マイクロバケツ

サイズ:W12×D12×H14(cm)
付属ロープ:5(m)
付属:メッシュケース

ティクトブランドから出たマイクロバケツ。コンパクトバケツはティクトブランドからも登場しています。ブランドの違いだけで全ては似通っているため、どちらを選ぶかはあなた次第。カッコいいと思った水汲みバケツ(マイクロバケツ)を選択しましょう。

餌木猿マイクロバケツを使ってみよう!

水汲みバケツをより小型化したマイクロバケツ。洗浄の過程や持ち運び過程に至るまで考えられた素晴らしい水汲みバケツです。ちょっとした手洗いにも便利ですよね。もしも、コンパクトな水汲みバケツをお探しの方は餌木猿のマイクロバケツを一考してみてはいかがでしょうか。アナタの釣行がより楽しくなりますように。

スポンサーリンク