タモ網(ライディングネット)の部位名を解説!基本的な名称を図で説明!

不意な大物だけでなく、落とし物の回収、また、他の釣り人がかけた大物を取り入れるためのボランティアまでこなすタモ網。釣り場に一つあると喜ばれますよね。出番こそ、少ないものの、いざとなった時には大切な竿を守るために役に立ってくれます。

突然ですが、アナタはタモ網の部位名をご存知でしょうか。大きく分けるとシャフト(柄)、ネット(網)、フレーム(枠)の三部位に分かれるタモ網。今回は、そのタモ網の更に詳細に注目した上で基本的な名称、部位名を図を用いて紹介していきたいと思います。

そこで、レポ部では・・・
タモ網(ライディングネット)の部位名を解説!基本的な名称を図で説明!
をレポートします。

タモ網、ライディングネットとは

タモ網、ライディングネットとは魚をすくうための道具、釣具のこと。網単体で設計された魚網(さかなあみ)とは違い、シャフトと呼ばれるポールに、円、またはオーバル型のフレームに専用の網が設置された物を取り付けた道具をタモ網、または、ライディングネットと呼ばれています。別名として、玉網(たまあみ)として呼ばれることもあります。

タモ網とライディングネットの違い

タモ網とライディングネットの意味は同じです。ただし、ライディングネットという言葉はルアーフィッシングの普及につれて出てきた言葉で一昔前まではタモ網や玉網(たまあみ)という言葉が主流でした。ライディングネットという言葉は釣りの歴史では新しい言葉でルアーフィッシングを行う方、また、ルアーフィッシングからエサ釣りに転向された方、新しく釣りを始めた方が多く利用されているように見えます。

タモ網【ライディングネット】の部位名

タモ網の部位は大きく分けるとシャフト(柄)、ネット(網)、フレーム(枠)の三部位で構築されています。しかし、細かく分けてみると意外と覚える部位は多く、苦労される方もいることでしょう。そこで、タモ網、ライディングネットを上記の三部位に分けた上で画像を交えながら細かい部位名を解説していきます。

シャフト(柄)

シャフト(柄)はフレーム(枠)を支えるための直線状の道具。下部末端に尻栓(しりせん)、上部末端に滑り止め、且つ、各ポールの抜けを防ぐためのゴム栓(ごむせん)、ゴム栓の中心はポールの先端となっており、フレーム(柄)のネジを取り付けるための「接続口」が埋まっています。中のポールの数と長さはシャフトの長さによって変化します。

フレーム(枠)

フレーム(枠)はシャフト(柄)に取り付けるためのネジ(一般的には12mm)、また、ネット(網)を取り付け、大きい魚をすくい上げるために太いフレームが採用されています。フレーム(枠)の素材は、アルミ、ステンレス、チタン、カーボン、また、最近では飛行機にも利用される高耐久素材「ジュラルミン」も採用されるようになってきました。

ネット(網)

ネット(網)は魚を包み込めるように楕円形になっている物。フレーム(枠)にネット(網)を取り付けることで「網」として機能を果たします。ネット(網)は商品によって異なるものの、基本的にはフレーム(枠)の一部を解除することで網は取り外せるように設計されており、ネット(網)が破れた際には取り換えることができます。

タモ網、ライディングネットのネット(網)に利用された素材はナイロン、または、ラバーです。ナイロンは太い糸が編み込まれた物で張りがあります。また、ラバーと比べると軽いために操作性が良い点が魅力です。ラバーネットはナイロンと比べると仕掛けが絡みにくい利点、また、ゴムの柔軟性によって個体を包み込むことで個体へのダメージを少なくすることができます。

入門者向けのライディングネット、タモ網

足場の高い釣り場へGo!タモ網の選び方【万能】
  • ネジ径:12(mm)
  • シャフト長:5(m)前後

初めての方におすすめするタモ網は一般的に利用されるW1/2(4分ネジ)が収まる接続口を備えたシャフト(柄)、且つ、環境に適したシャフトの長さを満たした物。様々な種類のタモ網が多く産出された今ではタモ網とシャフトの両方がパッケージ化された物も登場しています。この中にはJIS規格のW1/2でない物も登場しているので注意が必要です。長い事、大切に利用するのであれば上記の二点を主としてタモ網を選びましょう。

OGK(オージーケー) 玉の柄 小継磯玉の柄エフゼロセット KITFZS42 420

No.1
小継磯玉の柄

タイプ:一式
ネジ径:12(mm)
柄材質:グラス

OGK(オージーケー)のエフゼロセット。柄、網、枠の一式が揃った入門向けのタモ網です。豊富にラインナップされたシャフト長により、釣り場に合わせて選ぶことができます。おすすめのサイズは4.9(m)のモデル。素材はグラスと重たいですがコストパフォーマンスの良さから気を使うことなく利用することができます。
OGK(オージーケー) 玉の柄 超小継磯玉の柄エフゼロセット CKITFZS36 360

No.2
超小継磯玉の柄

タイプ:一式
ネジ径:12(mm)
柄材質:グラス

小継磯玉の柄よりもコンパクトに設計された製品でランガンスタイルの釣行を楽に行うことができます。また、シャフト(柄)が短いので持ち運びを楽に行うことができます。ただし、小継磯玉の柄に比べるとシャフトの長さが短めしかラインナップされていません。とはいえ、3(m)を超えるものも登場しているので利便性を求める方にはぴったりです。
TAKAMIYA(タカミヤ) 玉網 H.B concept ラストウィニング ランガンシャフト KP-2039 330

No.3
ラストウィニング

タイプ:一式
ネジ径:12(mm)
柄材質:グラス

タカミヤのラストウィニング。ランガンスタイルで釣行を行われる方に人気のタモ網です。仕舞寸法が43(cm)という短さながらも4(m)近くのラインナップも登場しています。また、オーバルタイプのタモ枠が採用されており、網の素材はラバーとコストパフォーマンスから見た上では品質も高い仕上がりとなっています。

ライディングネットとタモ網の部位名を覚えよう!

大きい魚をすくうために必要不可欠なタモ網。大物だけではありません。道具が落水した際にはシャフトを伸ばし、すくうことで釣具を救うことができます。釣り人からすると不祥事に対応できる唯一の神具(釣具)となることでしょう。

スポンサーリンク