【目指せ!120m!】飛距離を伸ばして遠投するための全35項目 | ルアー釣り入門

飛距離を得るということ。それは、釣果を伸ばすための秘訣。遠くのポイントへと飛ばすことができれば、その分、広範囲の魚達の視界に仕掛けを見せることができます。

つまり、飛距離を制すものは釣りを制す。より遠くへとキャスティングすることができれば釣果も自ずと付いてきます。しかし、飛距離を出すということは難しいことで、釣り初心者の方は苦労することでしょう。

そこで、飛距離を伸ばすための40項目に注目します。飛距離を決定するのは、経験から導き出されたキャスティングフォーム(姿勢)だけではありません。お持ちのタックル構成を見直すだけで十二分に飛距離を得ることができるでしょう。

もしも、飛距離が伸びないとお悩みの方は以下の40項目を一つずつ見直し、お持ちのタックル構成、また、飛距離を伸ばすための要点について知り、試してみてはいかがでしょうか。

そこで、レポ部では・・・
【目指せ!120m!】飛距離を伸ばして遠投するための全35項目 | ルアー釣り入門
をレポートします。

ルアーを重たくする

ルアーを重たくすれば、その分竿がしなるため、竿の反発力によって、より遠くへと飛ばすことができます。ただし、その竿で扱える範囲内でルアーの重さを決定すること。許容範囲外で利用してしまうと竿の破損、また、逆に飛距離が低下する可能性が出てきます。

竿を長くする

竿を長くすることで竿のしなりの幅を広めることができます。シッカリとしならせることができれば飛距離が向上します。ただし、しなりを返すためのバットからティップまでのパワーが必要。しっかりとルアーの重みを跳ね返すことができる竿は飛距離が伸びます。

道具には部位(パーツ)が存在します。そのパーツが集まることで一つの道具としての役割を果たすことができ、故障した時には故障したパーツを交換するこ...

大きいリールを使う

大きいリールとはスプール径が大きいリールのこと。スプール幅の直径の広いリールを利用することでラインを放出する際の抵抗を減らすことができます。スプール径(直径)が大きくなる程、ラインが放出する際に掛かる抵抗は少なくなります。

例えば、1000番のリールだと10(m)の飛距離を出すために50回程、放出する際にスプールエッジに通る(触れる)とします。逆に4000番のリールだとスプール径が大きくなるため、30回程しか放出する際にスプールエッジに触れません。つまり、ラインの放出をできる限り妨げることなくキャストすることができます。
人間の体にも名前があるようにリールのパーツにも名前があります。また、スピニングリールやベイトリール、タイコリールというようにリールにも様々な種...

釣り糸を細くする

釣り糸を細くすることで空中での風の抵抗を少なくすることができます。太い糸より、細い糸の方が面積が狭いため、風による抵抗を抑えることができます。しかし、細くなると強度が低下するため、釣り糸の性質を知り、ラインシステムを組む必要があります。

後方重心のルアーを使う

後方重心のルアーとは後方に重心が片寄ったルアーのこと。メタルジグ、タングステンジグが分かりやすい例ですが、道糸の先に装着した後方重心のメタルジグであれば釣り糸とメタルジグの接続部とは逆に重心が傾きます。つまり、ルアーを投げる上で釣り糸の干渉を受けず、仕掛けそのものの力によって投げることができます。

比重の高いルアーを使う

単に比重の高いルアーを利用するだけではダメ。肝心なのは風の抵抗を受ける表面積が小さく比重が高いルアーを利用すること。例えば、有名どころとしてはタングステンジグ。メタルジグより比重が高いため、同じ重さでもタングステンジグの方が小さく設計されています。つまり、タングステンジグの方が、素材の重さ、面で受ける風の抵抗の少なさから、より遠くへと飛ばすことができるようになります。

ダイワ(DAIWA) メタルジグ TGベイト 60g PHグリーンゴールド ルアー

タングステン
TGベイト

タイプ:タングステン
対象:各種ジギング
重量:30・45・60・80(g)

タングステンジグと言えばTGベイト。コンパクトなフォルムながらメタルジグの同サイズとは全く異なった大きさ。小型シルエットベイトとして屈指の人気を誇るタングステンジグです。ライトショアジギング、ショアジギングに最適です。

リールフットは利き手で持つ

リールフットは利き手で持つのが基本です。普段から右手で箸を握っているのであれば右手でリールフットを握ります。利き手と反対の手で握ると手首の力を活かすことができません。人間の体には利き手に力を込めてしまう普段からの癖があるため、利き手以外の手でリールフットを握りキャスティングすると飛距離が著しく低下してしまいます。

基本はツーフィンガー

スリーフィンガーでは薬指と小指の間にリールフットを挟むものの、基本的には、中指と薬指の間にリールフットを挟み込むように握るツーフィンガーが主流です。スリーフィンガーだと小指と薬指の間を支点とするため、バランスが取りにくく、慣れていない方は逆にキャスティング時の精度が落ちてしまいます。基本となるツーフィンガーは中央に重心が来るため、バランスが良く、精度のコントロールがしやすいのが特徴的です。

竿のパワーが合っていない

竿には適合するルアーの重さが定められています。シンプルに言えば柔らか過ぎる竿は重たいルアーを投げるためのパワーが足りません。また、硬過ぎる竿で軽いルアーを扱うと負荷が伝わりにくいため、飛びません。これらの不祥事を防ぐために竿には飛ばしやすいルアーの重さが指定されており、その範囲内で利用することが推奨されています。

スピニングリールを利用する

ベイトリールはラインが放出される際にスプールが周りながら放出されていきます。スピニングリールの場合はスプールが回ることなく、スプールに巻かれたラインがそのままスプールエッジを通って放出されます。そのため、スピニングリールの方がラインの放出に掛かる抵抗力が低く、長距離のキャスティングに向いています。

Next:まだまだあるよ!実践的な飛距離向上のコツ!《キャスティングフォーム編》

スポンサーリンク