春のスーパーライトショアジギング | 3月、4月、5月の釣り方に徹底注目!

スーパーライトショアジギングの旬。それは、水温が温かくなるポカポカとした日光に恵まれる春の季節から沿岸の魚が安定した水温を求めて沖合いへと移動する秋までの季節。ただ、ライトショアジギングのターゲットが近海の魚達を含むため、根魚であれば冬の季節も旬として捉えることもできます。オールシーズンの釣果が望める珍しい釣法でもあります。

春の時期は魚達の産卵シーズンのため、いろんな種類の魚種が浅瀬である沿岸付近へと集まります。この春の時期こそ、スーパーライトショアジギングのスタートポイント、始まりです。

そこで、春のスーパーライトショアジギングを3月、4月、5月と、春の時期(月)に分けた上で、それぞれの攻略方法について解説していきます。

そこで、レポ部では・・・
春のスーパーライトショアジギング | 3月、4月、5月の釣り方に徹底注目!
をレポートします。

春のスーパーライトショアジギング

春の季節は魚達の接岸時期でもあるため、岸釣りの数多い釣法がシーズンに入ります。近海の魚をターゲットとするスーパーライトショアジギングもシーズンの始まり。接岸した様々な魚達をマイクロジグを主とした様々なルアーを利用して釣ることができます。

ショアジギングカテゴリーの中でも、よりゲーム性を追求したスーパーライトショアジギング。サバ、カマス、アジなどの青物、カサゴ、ソイ、メバルなどの...

春のスーパーライトショアジギングの狙い目

スーパーライトショアジギングでは近海の魚を主旨とするため、春に産卵を迎える魚達の存在は見逃せません。同時に産卵シーズンには多くの魚種が接岸するため、スーパーライトショアジギングでは冬場は沖合いにいた魚達が接岸する一種のターニングポイントと捉えることができます。見逃すことのできない限られた時期で狙い目と言えます。

春に釣れる魚

スーパーライトショアジギングは堤防、漁港、波止等の人間の生活圏に近い水域、環境で釣りを楽しみます。もちろん、青物が回遊する場合には、その水域、海域で青物の釣果も見込むことができるものの、釣果にはカサゴ、メバル等の根魚の報告も数多く寄せられています。まずは、春に釣れる魚について知識を深めておきましょう。基本的には堤防、漁港、河口等の、その釣り場の周辺にいる魚達に焦点を当てて釣りを楽しみます。

参考 3月に釣れる魚達 | 岸や堤防から狙える旬の魚を解説!

参考 4月に釣れる魚達 | 春初めの防波堤の釣りを楽しもう!

参考 5月に釣れる魚達 | 防波堤、堤防から狙えるメジャーな魚を徹底紹介!

春のスーパーライトショアジギングのポイント

春初めの4月は水温が低いため、完全に接岸するに至りません。そのため、スーパーライトショアジギングでは、できる限り、遠くへとキャストする、また、沖堤防(一文字)や人工的に設けられた水深の深い岸壁、沖向けの堤防がポイント。春終わりに近付くにつれて魚達も産卵のために接岸してきます。その場合は沿岸付近を主とし、卵を産み付ける産卵場所(地磯、岩場、藻場)を目安にポイントを選択するようにしましょう。

突堤

オススメの時期
  • 3月
  • 4月

突堤は海岸浸食(波の影響による陸地への浸食)を防ぐために設けられた構造物です。海岸線に直角方向に複数の突堤を一定間隔で設置することで周りの砂が流されることを防ぐために設置されています。突堤の周りは砂地、且つ、先端に構えることでサーフからの遠投よりも遠くへと仕掛けを遠投することができる絶好のポイントでマゴチやヒラメ、カレイ等の砂地に生活拠点を構える魚種を広く誘うことができます。

沖堤防(一文字)

オススメの時期
  • 3月
  • 4月

沖合いに設置された堤防を「沖堤防」と呼びます。一文字としても呼ばれる沖堤防は水深があり、沖に回遊する青物を安定した足場から狙うことができます。釣りが許可された沖堤防は、近くの港、漁港から出る渡り船へと乗船し、沖堤防へと渡ることができます。イナダ、スズキ、サゴシ等の中型、大型の回遊魚と出会える一級ポイントです。

岩場・地磯

オススメの時期
  • 4月
  • 5月

魚達が産卵場所に選ぶのは隠れ家となる地形。春の産卵シーズンになると岩場、藻場、磯場、サンゴ帯といった隠れ家として相応しい場所で産卵を行います。つまり、岩場や磯場といった凹凸の激しいポイントは海底の地形も連なるため、魚達の絶好の産卵場所であり、稚魚達の隠れ家となります。根魚も好んで生息するポイントで様々な魚種が生息しています。産卵シーズンとなる春は親サイズの個体が釣れる一級ポイントです。

防波堤

オススメの時期
  • 3月
  • 4月
  • 5月

足場の安定した防波堤も春先、春終わりにかけて楽しめるポイントです。深い水深が期待できる防波堤の周辺には様々な魚種が生息しています。また、画像のような風通しの良い沖向けの防波堤は一級ポイント。ただし、人気なだけに釣り場の確保が難しい場合もあります。決して、釣り場の横取りをせず、ゆとりある気持ちで釣りを楽しみましょう。

月に合わせた釣り方

スーパーライトショアジギングにおける春のパターンは大きく分けると二通り。回遊する魚達の存在、また、その場にいる青物、根魚の存在です。そこで、魚種に焦点を当てた上でスーパーライトショアジギングの月毎の攻略方法に迫ります。

【3月】沖へとキャストしよう!

釣果が期待できる魚種
  • カサゴ
  • メバル
  • マゴチ
  • ヒラメ
  • チャリコ
  • カレイ
  • etc

春初めにあたる3月は水温が10℃を下回る水域が多いため、まだまだ釣果からは離れた時期。3月の後半になると徐々に水温が上昇し、魚達も外洋から湾内へと入ってきます。春の訪れを知らせるメバル、また、花見ガレイと呼ばれるようにカレイの存在、そして、カサゴやクロソイ等の根魚の釣果が寄せられています。飛距離が重要なシーズンで少しでも沖合いへとキャストする、また、一文字等の沖堤防、水深のある岸壁、魚類の天然の隠れ家、また、産卵ポイントとなる磯場をポイントして選ぶと釣果に恵まれます。

【4月】接岸した魚を狙おう!

釣果が期待できる魚種
  • アジ
  • シーバス
  • カサゴ
  • クロダイ
  • サゴシ
  • メバル
  • マゴチ
  • カレイ
  • ヒラメ
  • etc

スーパーライトショアジギングのシーズンインに相応しい時期。天候に恵まれ、水温が温かくなる4月はスーパーライトショアジギングにおける旬の季節、ファーストシーズンです。いわゆる、ノッコミやスポーニングシーズンとも呼ばれる時期で産卵のために接岸した個体(アジ、メバル、クロダイ、マダイ、ヒラメ等)を狙える他、この時期は餌となる多毛類の繁殖時期(バチ抜け)と重なるため、スズキの釣果も期待できます。

【5月】中型青物は沖、小型青物、根魚は浅瀬を狙おう!

釣果が期待できる魚種
  • アジ
  • シーバス
  • カマス
  • カサゴ
  • サゴシ
  • メバル
  • マゴチ
  • チャリコ
  • ヒラメ
  • イナダ
  • etc

春の季節も終わり。水温は上昇し続け、沿岸に近付く青物の種類も多くなります。カマスも育ち、15(cm)程の大きさに成長し、湾内を元気に泳ぎ回ります。また、イナダの釣果もチラホラと見え始め、豆アジが泳ぐ姿を水面から見ることができます。小魚の種類も豊富なり、大型の回遊魚が沿岸を走り回り捕食します。沿岸で孵化した小魚を狙い、中型、大型魚が活性化します。中型青物は沖向け、小型青物、根魚は浅瀬を狙ってみましょう。

《春》スーパーライトショアジギングのお勧めジグ

春のスーパーライトショアジギングでは産卵時期の接岸個体、また、春初めであれば項目[沖へとキャストしよう!]で解説した通り、飛距離が重要となるため、マイクロジグの中でも重めのジグを選択するようにします。遠投の必要性を感じる釣り場では大きめのジグを利用し、4、5月時期には沿岸付近に接岸した個体のみに焦点を当てて飛距離を重視せず、隠れていそうなポイント周辺をマイクロジグで誘い出すという方法もあります。

メジャークラフト ルアー メタルジグ ジグパラ ショアスローモデル30g #07 ゼブラグロー JPSLOW-30

砂浜
ジグパラスロ―

タイプ:メタルジグ
対象:青物、フラットフィッシュ
重量:10・15・20・30(g)

メジャークラフトのジグパラスロー。サーフの定番ジグでフラットフィッシュから青物、根魚の釣果が幅広く寄せられています。平面設計されたジグパラスローは沈下時にヒラヒラと枯葉が舞うようにゆっくりとアピール。前後合計三つのアシストフックが標準搭載されたモデルです。
Blue Blue(ブルーブルー) メタルジグ シーライドミニ 15g コットンキャンディー #M06 ルアー

堤防
シーライドミニ

メーカー:ブルーブルー
魚種:青物、根魚
重さ: 3・6・9・12・15(g)

ブルーブル―の人気モデル「シーライド」の小型モデル。平面で設計されたヒラヒラフォールが特徴的なメタルジグです。水深の浅いポイントでも長く見せることができます。堤防、漁港、波止等の身近な環境でのライトゲームに。
ブリーデン(BREADEN) メタルジグ メタルマル 13シングル 15 グリーンフレーム

岩場
メタルマル

メーカー:ブリーデン
魚種:根魚、青物、底物
重さ:13・19・28(g)

ブリーデンのメタルマル。魚、また、海老のシルエットにコロラドブレード、頭部にはオモリが付けられた一風変わったルアーで、アジ、カサゴ、メッキ、カマス等の様々な魚種の釣果がメタルマル一つで寄せられています。

春のスーパーライトショアジギングを楽しもう!

春のスーパーライトショアジギングは産卵のために接岸してきた大きい個体を狙える限られたシーズン。ただ、冬の名残りも残った春初めは釣果が伸びにくい節もあります。もしも、効率よくスーパーライトショアジギングを楽しみたい方は5月終わり頃、6月初めから釣りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。ポカポカと釣り日和が続く時期なので真冬、真夏に比べると、気温によるストレスも感じないでしょう。

スポンサーリンク