シーバス釣りの始め方ガイド | タックルから仕掛け、釣り方を徹底解説!

シーバスとはスズキのこと。大きい個体になると70、80(cm)を超えるシーバスですが、このシーバスをルアーで専門に狙った釣法こそ、シーバスフィッシング(シーバスゲーム)です。

シーバスフィッシングの主旨となるスズキは大きい個体が多いため、強い引きを楽しむことができます。つまり、釣りのロマンを存分に楽しめる釣法として若い世代を始めとした数多い釣り人から高い人気を得ています。

今回、紹介するのは、シーバスゲームのシーズンや釣り方、用意すべき道具について。初めてチャレンジする方に向けて分かりやすく紹介しています。

シーバスフィッシングのやり方が分からないとお思いの方はこの記事の内容を参考にして始めてみてはいかがでしょうか。アナタのより良い思い出(一匹)に繋がりますように・・・。

そこで、レポ部では・・・
シーバス釣りの始め方ガイド | タックルから仕掛け、釣り方を徹底解説!
をレポートします。

シーバスゲームとは

シーバスゲームはスズキを主旨としたルアーフィッシングです。一般的に60(cm)以上の個体はスズキと呼ばれますが、次項目でも解説する通り、60(cm)未満のセイゴ、フッコサイズも合わせてシーバスと呼ばれています。シーバスゲームとはスズキを含めたスズキ科のスズキと呼ばれる魚を専門、主旨としたルアーフィッシングです。

シーバス(スズキ)

シーバスとはスズキ科に分類されるスズキのこと。河川、汽水域、海域に生息する魚で、その幅広い生息域から釣り、食用としても人気の高い魚です。スズキは魚類の中でも大きく成長する大型肉食魚で出世魚としても親しまれています。

鍋の素材やムニエルとして親しみのあるスズキ。スズキは釣り師の間ではシーバスとも呼ばれ、釣りのターゲットとして愛され続けています。そのスズキはサ...

シーバスゲームの魅力

河川、漁港、河口といった人間の生活圏に近い環境で大型魚とのファイトを楽しめるシーバスゲーム。しかし、シーバスゲームの魅力はそれだけに限りません。その他のシーバスゲームの魅力に迫ることで、よりシーバスゲームが面白く思えるかもしれません。そこで、シーバスゲームの魅力の数々に迫ります。

シーバスの生息範囲の広さ

スズキは環境適応能力が高く、様々な環境を行き来できます。スズキの多くは汽水域、海水域といった海水が混じるポイントにいます。しかし、スズキは環境適応能力が広く河川の淡水域でも姿を見ることができます。環境適応の広さこそ、シーバスゲームの魅力で様々な環境からスズキの釣果を望むことができます。

何故、シーバス(スズキ)は汽水域でも生きられるの?

シーバスは釣りで釣果があるように汽水域でも生きていくことができます。それは、シーバスの体の仕組みにあります。淡水魚を海水に入れると生きられないのは浸透圧調整機能による浸透圧の調整が上手ではないため。スズキなどの淡水、海水が混じり合う水域での生活が可能な魚の場合は、体内の塩分濃度を保つために鰓(エラ)から、また、塩分濃度の濃い尿を排出することで塩分濃度を調節することができます。

大きい個体が多い

スズキは大型肉食魚の一種。一般的に60(cm)を超えるとスズキとして呼ばれるようになります。また、80(cm)の大型個体、100(cm)を超える超大型個体の存在も確認されているほど。個体のそれぞれが大きく育つため、シーバスゲームでは、引きの強い、ずっしりとしたやり取りを楽しむことができます。

食用でおいしく頂ける

ご存知の通り、スズキは食卓で馴染みある魚です。大型個体が多いため、食用としても召し上がることができます。沖で釣れた個体はキラキラとした白銀の体表。臭みも無く、美味しく頂くことができます。釣れたてのスズキの淡白な身はホロリと美味しいですよ。

シーバスのシーズン

シーバスのシーズンは初夏から晩秋にかけて。ただし、シーバスの餌となる多毛類の繁殖時期(バチ抜けシーズン)は春から行われます。そのため、バチ抜けシーズンが到来した地域では春の時期もシーバス釣りの貴重なシーズンです。春、夏、秋、それぞれのシーズンでシーバスの釣果が寄せられています。一方、シーバスゲームのオフシーズンとも呼べる冬季はシーバスの産卵時期に相当します。シーバスは沖で産卵行動を行うため、岸上からのシーバスゲームでは釣れにくい時期(オフシーズン)になります。

シーバスゲームで釣れる魚

シーバスゲームで釣果のある魚
  • イナダ
  • サゴシ
  • カサゴ
  • メッキ
  • エソ
  • マゴチ
  • サバ
  • ヒラメ
  • エイ
  • etc

シーバスフィッシングで釣れる魚はシーバスだけに限りません。様々なゲストの存在があるからこそ、本命であるシーバスが釣れた時の喜びを倍増させてくれます。イナダ、メッキなどの青物の存在、また、サーフではエソ、マゴチ、時には、エイといった珍しい釣果も寄せられています。シーバスフィッシング・・・奥深いですよね。

オールシーズン楽しめるシーバスゲームは今人気の釣法。数釣りを楽しむ釣り人から大物へのロマンを求め続ける釣り人、様々なアングラーがシーバスを狙っ...

シーバスのポイント(釣り場)

項目[シーバスの生息範囲の広さ]で解説した通り、スズキは環境適応能力が高いため、海域、汽水域、時には、河口域でもスズキの存在が見られます。そのため、釣り場は限定されません。様々な環境でシーバスフィッシングを楽しむことができます。そこで、シーバスの釣果が寄せられている釣り場について注目していきましょう。

河口

海水と淡水が混じり合う水域「汽水域」はシーバスが広く移動する遊泳場所です。中でも、海水と淡水が混じり合う河口は一級ポイント。この水域は海と河川を自由に行き来する様々な小魚達が豊富に存在すると同時にシーバスの餌となります。シーバスフィッシングのポイント選びで迷ったら、まず、河口を選択するようにしましょう。

堤防

人工的に作られた堤防もシーバスフィッシングのポイント。人間の生活圏に水害などの影響を受けないために設置される堤防は陸地の近くに設けられています。河川から海へと行き来するシーバスがいる可能性も十二分にあり得ます。足場の安定した場所であることも多く、シーバスフィッシングでは重要なポイントの一つとなります。

サーフ

サーフは沖合の回遊個体に焦点を当てたシーバスフィッシング。シーバスの餌となる小魚が休憩するブレイクポイント、また、河口に隣接するサーフはシーバスフィッシングにおける絶好のポイントでシーバスの餌となる多毛類の繁殖場所であり、その周りには小魚が大量に待ち構えています。もちろん、この小魚もシーバスの餌となります。

シーバスの仕掛け【基本】

基本的なシーバスの仕掛けは上の図の通り。シーバス専用に設計された竿に道糸としてPEラインを採用し、その先にショックリーダーを直結させ、リーダーの先にルアーを結びます。また、シーバス用の竿はしなりが効く長めの竿が利用されているのが特徴的で、一般的な竿の硬さはL(ライト)からM(ミディアム)クラスまでが採用されています。

【ランカー向け】シーバスの仕掛け《スピニング仕様》

より大きい個体をターゲットとする場合には道糸とリーダーを太めに設定します。また、サーフ、地磯などの遠投する必要がある環境では10~11(フィート)程の長い竿を利用した上でスピニングリールを採用します。また、遠投するためにルアーの重量を底上げする必要があるため、竿の硬さも一般的な物からワンランク上の物が採用されます。

【ランカー向け】シーバスの仕掛け《ベイト仕様》

シーバスフィッシングではベイトロッドも使用されます。ベイトロッドの場合はビックベイト等のヘビー級ルアーのキャストに適し、より大物との出会いを求める方にオススメ。ベイトの場合は竿のしなりで飛距離を出すというよりも、ルアーそのものの重さで飛距離を得ます。ビックベイトを扱う場合は60、80(g)の物も多く登場しているため、細いPEラインを利用するとキャスト切れのリスクが高まります。太めのPEラインとショックリーダーの組み合わせを利用し、より大きいシーバスの釣果へと繋げていきましょう。

シーバスの竿(ロッド)

シーバスフィッシングで利用する竿は砂浜、地磯などでより遠くへと飛ばしたい方向けに設計された10(Ft)程の長めの竿、また、身近な環境(汽水、河口など)では8.0~9.0(Ft)程の竿が用意されています。河口で気軽にシーバスを釣りたい方はL~MLクラスの竿、サーフ、磯場で遠投する場合はM~MHクラスの竿を選択するようにしましょう。

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド リバティークラブシーバス 90ML 釣り竿

ML
リバティクラブ シーバス

メーカー:ダイワ
ルアーウェイト:7~35(g)
長さ:9.0(Ft)

シーバス入門者に向けた竿。人気の高いMLクラスの硬さを持ったシーバス専用ロッド。シーバス初心者の方でも手が出しやすいような良心的な価格帯で登場しています。MLクラスは湾内に限らず、サーフでも利用できる万能タイプ。初めてのシーバスフィッシングにおすすめします。
シマノ(SHIMANO) シーバス ロッド 18 ディアルーナ スピニング S106M ヒラメ 青物 パワー&ロングディスタンスモデル サーフ 河川 堤防 地磯

M
ソルティアドバンス

メーカー:シマノ
ルアーウェイト:8~45(g)
長さ:10.6(Ft)

磯、サーフからのシーバスフィッシングにはソルティアドバンス。幅広いルアーを取り扱うことができ、3.2(m)の長さを持ったロングキャストロッドです。少しでも距離を稼ぎ、釣果へと結び上げたい・・・、そのような思いをお持ちの方におすすめするシーバス専用ロッドです。
アブガルシア ロッド SaltyStage KR-X シーバス SXSC-802X-BB-KR

X
SXSC-802X-BB-KR

メーカー:アブガルシア
ルアーウェイト:12~110(g)
長さ:8.0(Ft)

シーバス専用のベイトモデルロッド。アブガルシアのソルティーステージKR-Xシーバスはシーバスフィッシングのビックベイト専用モデル。強度が高く、しなりが利き、MAX110(g)とビックベイトはもちろん、重量級のルアーも難なく利用することができます。

シーバスのリール

シーバスフィッシングでは環境で使い分けます。2500、3000番以上の番手は堤防、湾奥、港湾部などの身近な環境で行うシーバスフィッシング。また、サーフや地磯などの少しでも遠投したい場合における番手は4000番を超えるものがおすすめ。軽く、頑丈で複雑な機能を持ったリールほど高価になります。身近な環境であればノーマルタイプ。遠投する際は巻き取りを楽にするためにハイギアタイプのリールをおすすめします。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 クレスト LT3000-C (2020モデル)

3000
クレスト

番手:LT3000-C
ギア比:5.3
最大ドラグ力:10(kg)

ダイワのクレストです。3000番といえどもコンパクトスプールにすることで同シリーズの2500番と軽さが変わらず、巻き取り量が増え、ドラグ力は約二倍。大物とも十分にやり取りを楽しむことができます。また、こちらのリールを含め、2020年モデルは新しいコンセプト「LT」によって旧モデルから更に軽量化、剛性化が進められています。
ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 レブロス LT4000-CH (2020モデル)

4000
レブロス

番手:LT4000-CH
ギア比:5.6
最大ドラグ力:12(kg)

サーフ、磯場からのショアジギング、シーバスに向けたリール。2015年モデルから新しいコンセプト「LT」を搭載して生まれ変わったレブロス。コンパクトスプール、且つ、ハイギアモデルとなる4000番は高い耐久力を持つタフデジギアを搭載。ハードな環境でも安心して利用することができます。

シーバスの釣り糸(ライン)

シーバスフィッシングの釣り糸はメインラインに直線強度が高く、飛距離が出るPEライン、また、その先にショックリーダー(フロロカーボン)を直結させて利用します。メインラインの太さはPEラインの0.8~1.2号を利用します。中でも、初心者の方におすすめする号数は1.2号。河口、堤防などのベーシックな環境、サーフ、磯などのハードな環境の双方での大物クラスの実績があるだけに安心して利用することができます。

シマノ(SHIMANO) PEライン ピットブル 8本編み 200m 1.2号 ライムグリーン 27.0lb PL-M68R 釣り糸

1.2号
ピットブル

編み数:8(本)
長さ:200m
最大強力 :12.2(kg)

シマノのピットブル。コスパ良し、丈夫さ良しのポリエチレンライン。8本編み工法「VT工法」により、より緻密に編み込むことが可能に。視認性に長けるライムグリーンカラーのPEラインで釣り具屋さんにも必ずと言っていい程に揃えられています。

シーバスフィッシングのリーダー

おすすめの号数(リーダーの選び方)
PEライン(号) リーダー(lb) リーダー(推奨:lb)
0.8 12~16 12
1.0 16~20 16
1.2 20~25 20

PEラインに直結するリーダーはPEラインの元々の号数にリーダーの号数が近い程に結束力が高まります。ただし、根ズレによる耐久性を考慮する場合はPEラインの号数の3倍~4倍程の範囲でリーダーの号数を決定するようにします。極端にリーダーの太さが大きくなるとその分、PEラインとの結束力は弱まるため、注意するようにしましょう。

VARIVAS(バリバス) ショックリーダー フロロカーボン 30m 5号 20lb ナチュラル

5号
ショックリーダー

メーカー:バリバス
全長:30(m)
強度:20(lb)

モーリスのショックリーダー。シーバス、ディープジギングなどのソルトウォーターゲームの定番。大型魚とのやり取りを想定して設計されたショックリーダーです。フロロカーボン100%、混じりっけ無しの純ポリフッ化ビニリデン。特殊樹脂加工が施されたリーダーです。

シーバスフィッシングのルアー

シーバスのルアー
  • バイブレーション
  • シンキングペンシル
  • ミノー
  • 各種ワーム
  • メタルジグ
  • スピンテールジグ
  • etc

シーバスフィッシングで使用されるルアーは10種類以上に及びます。また、その一つ一つの種類が多いため、中々、選択できないというジレンマに陥ってしまいます。シーバス初心者の方が選ぶ上でオススメするのはシーバスフィッシングで実績のあるルアー。実際にシーバスの釣果が多く寄せられた人気の高いルアーを選択するようにしましょう。

ダイワ(DAIWA) シーバス バイブレーション モアザン ミニエント イワシ 57S ルアー

バイブレーション
ミニエント

タイプ:バイブレーション
サイズ:57(mm)
重量:11.5(g)

ダイワのモアザンシリーズから登場するソリッドタイプのバイブレーション「ミニエント」は数多い実績を残すシーバス専用バイブレーション。小型のバイブレーションで低活性時にもバツグン。タダ巻きだけでもキビキビと動くのでシーバス入門者の方にオススメです。
Jackson(ジャクソン) ミノー アスリート 9S 90mm 13g カタクチ HKI ルアー

ミノー
アスリート 9S

メーカー:デュエル
サイズ:90(mm)
重さ: 13(g)

ミノー屈指の人気ルアー「アスリート」シリーズ。中でも、13(g)の人気は今でも衰えず、シーバスアングラーから高い支持を得ています。キャッチフレーズは誰でも気軽に使い勝手の良いルアー。扱いやすいシンキングタイプのミノーです。
DUEL(デュエル) HARDCORE(ハードコア) ルアー スピンテール ハードコア ソリッドスピン 22g 50mm 重量:22g F1183-HGR-アカキン シーバス・ヒラメ

スピンテールジグ
ソリッドスピン

メーカー:デュエル
サイズ:50(mm)
重さ: 22(g)

デュエルのソリッドスピン。シーバスはもちろん、マゴチ、ヒラメなどのフラットフィッシュにも最適。木の葉のようなブレードが巻くだけでキラキラと光を反射し、シーバスの捕食スイッチをON!鉛の塊なので小さくても重さがあります。遠投して幅広いポイントを探りたい場合はコレ。
メガバス(Megabass) ルアー I-SLIDE 185SW(F)(アイスライド 185SW フローティング) クリアコノシロ 36088

ビックベイト
アイスライド185SW

メーカー:メガバス
サイズ:185(mm)
重さ:70(g)

メガバスのアイスライドはランカーシーバス向けに設計されたビックベイト。コノシロ、ボラ、サッパといった大型シーバスの捕食する魚に焦点を当てたビックベイトでレギュラーサイズのプラグで反応しない状況を想定して作られています。タダ巻きを行うだけで尻尾を左右に振って怪しく存在感を示します。

シーバスのアクション

シーバスフィッシングでのアクションの基本はリトリーブと呼ばれるアクション。これは、リールのタダ巻きを意味します。複雑なアクションを必要としないのがシーバスフィッシングの強みで、その代わり、自動的に存在感を示すようにルアー自体に工夫がされています。しかし、シーバスの活性が低い場合、また、タダ巻きだけでは反応しない場合におけるシーバスはアクションを行い、ちょっと変わったルアーの動きに反応する場合も。中々、シーバスが釣れない・・・。そのような場合は以下のアクションを試してみましょう。

タダ巻き

シーバスフィッシングでの基本的なアクションでありながら、最も応用が利くアクションです。シンプルにリールを巻き取るだけのアクションに見えますが、速度を速めたり、遅くしたり、更には、一旦止めて、また動かすというように誘いを入れたアクションを行うこともできます。動きはシンプルですが、奥が深いアクションです。

ストップ&ゴー

ストップ&ゴーはタダ巻きを応用したテクニック。タダ巻きを行う任意のタイミングで停止させてルアーの動きを止めます。シンプルなアクションですが、シンキング系のルアーの場合は止めるとフォール(沈下)するため、任意のタイミングで弱った魚を演出することができる有効的なアクションです。

トゥイッチ

トゥイッチは竿先を小刻みに上下させながらリールを巻き取る一連のアクションを呼びます。常にタダ巻きをしている状態で竿を上下させると図のように上下にキビキビと動きます。この上下アクションは不規則な動きのため、フラッシング効果が期待できるハードルアーではアピール力が高くなる一方、目立ちすぎることで見切られる、一種のスレ現象を起こしてしまうことも。シーバスが積極的に捕食するポイントでは肝となるでしょう。

ジャーキング

ジャーキングは素早く竿を煽り、この時に出た糸ふけを回収するためにリールを巻き取りながら、元のポジションに竿を戻す、一連のアクションを呼びます。竿先を水平にした上で、水平状態から下、もしくは、水平状態から下左、下右のどちらかに動かします。動かした後は元の水平状態に戻すと同時に糸ふけを回収し、次のジャークへと繋げます。

ジャーキングはジャークとも呼ばれており、竿の煽る大きさを調整するだけでルアーの移動の幅を調整することができます。上下左右にメリハリのある動きを行うことでシーバスの意欲を掻き立てるアクションでハードルアーだけでなく、ソフトベイト(ワーム)でも利用されています。

リフト&フォール

リフト&フォールも弱った魚を演出できるアクションの一つ。ルアーを上昇させ、沈下させる一連の動作を指しています。糸を張った状態で竿先を上げ、ルアーを上昇、そして、竿先を水平に戻すと同時に糸ふけを回収します。このアクションの良いところは沈下のタイミングでの捕食行動を煽ることができること。弱った魚を見たシーバスは沈下時に食べてきます。沈下をアクションの所々で取ることができるため、対フィッシュイーターでは欠かせないアクションの一つです。

60(cm)以上のスズキを釣ってみよう!

60(cm)を超えた個体は晴れてスズキとして呼ばれます。このサイズの個体になると引きは別物。また、沖合いのシーバスであれば美味しく頂くこともできます。もしも、シーバスフィッシングに少しでも興味を持たれた方は、この記事の内容を参考にしてシーバスタックルを組み、シーバスフィッシングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク