スーパーライトショアジギング入門 | タックル、仕掛け、釣り方を徹底解説

ショアジギングカテゴリーの中でも、よりゲーム性を追求したスーパーライトショアジギング。サバ、カマス、アジなどの青物、カサゴ、ソイ、メバルなどの根魚と、その釣り場に生息する魚達を幅広く釣ることができる釣り方です。

一方、ハードタックルを利用し、大物との出会いを楽しむショアジギングとは打って変わり、ライトタックルを利用することで小物でも強い引きとハラハラとしたやり取りを楽しむことができる別発想を基軸とした釣法でもあります。

今回、注目するのは、若者を中心に人気を集めるスーパーライトショアジギングについて。専門タックルから釣り方、仕掛けに迫ります。もしも、岸からのルアーフィッシングに興味をお持ちの方はスーパーライトショアジギングから始めてみてはいかがでしょうか。

そこで、レポ部では・・・
スーパーライトショアジギング入門 | タックル、仕掛け、釣り方を徹底解説
をレポートします。

スーパーライトショアジギングとは

スーパーライトショアジギングは身近な環境に生息する魚全般をターゲットとしたルアーフィッシング。アジ、カサゴ、メバル、サバ・・・、小型から中型魚に焦点をあてた多様性のあるルアーフィッシングです。本格的なショアジギングに抵抗のある方に向いた釣法で堤防、漁港、防波堤、砂浜などの足場の安定した環境で楽しむことができます。

各ショアジギングの違い

一般的にスーパーライトショアジギングでは30(g)未満のルアーを利用します。また、専用に設計された竿自体も30(g)程を最大許容範囲として目安に作られており、ライトショアジギングとショアジギングより、軽いルアーの扱いに適しています。軽いルアーを扱うので力を必要とせず、女性やお子様でも楽しむことができます。

スーパーライトショアジギングの魅力

同じジギングの仲間同士であるショアジギング、ライトショアジギングと比べられるスーパーライトショアジギング。果たして、スーパーライトショアジギングにあって、その他のジギングには無いもの、それは一体、何なのか。そこで、各ジギングとの違いを区別するためにスーパーライトショアジギングの魅力に注目します。

タックルを細分化、小型魚でも十分に楽しめる

スーパーライトショアジギングはライトショアジギングよりも、竿、リール、糸などのタックル全体が細く設定されています。細分化された中で細いタックルを利用するスーパーライトショアジギングは軽量ルアーの扱いに適し、小魚のアタリでも穂先が適度に曲がるため、敏感に魚のアタリを感じ取ることができます。小魚でも十分にハラハラ、ドキドキとしたファイトを楽しめるようにゲーム性を重視した釣り方となっています。

タックルは頑丈な物ほど良い訳ではなく、頑丈なタックルは大物とのやり取りができる一方、竿に張りが生まれるため、軽いルアーの扱いに適さなかったり、小魚が釣れた際にはパワーが有りすぎてアタリを掴めない、または、魚ならではのアタリの感覚を体験できないなどのデメリットが生まれます。つまり、アタリを楽しむ(ゲーム性を楽しむ)には魚のサイズに沿ったタックルの性能が必要で単にパワーのある竿を選択すれば釣りを楽しめるということではありません。

いろんな魚が釣れる(小魚、中型魚)

スーパーライトショアジギングは釣り場の周辺の魚全般の釣果を望めます。例えば、漁港内に回遊する青物、海底にいる根魚、サーフであればフラットフィッシュの釣果も寄せられています。より身近な環境に焦点をあてた釣法、それが、スーパーライトショアジギングで、岸からの全てのポイントで楽しむことができます。

お子様、女性、男性、全ての人が楽しめる

スーパーライトショアジギングでは20(g)前後のルアーを利用します。これは他ジギングとの大きな違いで、体力的に持続困難だったジギングによるアクションも、軽いルアーを利用することで、お子様、女性、男性、全ての人が楽しむことができます。もちろん、複雑なアクションをせず、ただ単にリールを巻くだけでも釣ることができます。

スーパーライトショアジギングの仕掛け

スーパーライトショアジギングの仕掛けは30(g)程のルアーを投げられる専用の竿、または、エギングで利用されるタックルを応用して行うことができます。専門的に行う方はスーパーライトショアジギング専用の竿、また、スーパーライトショアジギングに限らず、幅広くルアーフィッシングを楽しみたい方はエギングの竿を選ぶようにしましょう。

スーパーライトショアジギングで釣れる魚

スーパーライトショアジギングで釣果のある魚
  • アジ
  • カマス
  • カサゴ
  • メッキ
  • イナダ
  • メバル
  • マゴチ
  • サバ
  • ヒラメ
  • キジハタ
  • etc

スーパーライトショアジギングでは、アジ、カマス、メッキなどの青物、カサゴ、メバルなどの根魚、マゴチやヒラメなどのフラットフィッシュの釣果も寄せられています。どれも沿岸付近に回遊、または、生息する魚達で釣り場から近い範囲で生活しています。

スーパーライトショアジギングの釣り場(ポイント)

スーパーライトショアジギングの大きな魅力は環境を選ばないこと。釣り場周辺の全ての魚達の釣果が期待できます。ただし、軽量だとしてもルアーをキャストすることには変わりないため、周りの環境を見て、よく判断した上で釣りをするようにします。そこで、注意点と共にスーパーライトショアジギングの釣り場に注目します。

漁港(内、外)

釣果が期待できる魚種
  • 小型回遊魚
  • 根魚
  • etc

小型魚を餌とする回遊魚も漁港の中で回遊します。マイクロジグを利用するスーパーライトショアジギングでは漁港周辺もポイントの一つ。漁港の中に侵入した青物はもちろん、海底を軸に誘う場合には根魚の釣果も期待できます。

漁港の中には船が停泊するため、船からの十分な距離を確保した上で楽しむようにします。また、船の通行の邪魔にならないように船が接近してきた際にはルアーを回収し、船が安全な位置に着くまで釣りを行わないようにしましょう。

堤防

釣果が期待できる魚種
  • 小型回遊魚
  • 中型回遊魚
  • 根魚
  • etc

水深の深い堤防もポイントの一つ。沖合に向けて投げることで、沖合で回遊する小型、中型回遊魚を狙うことができます。水深も深いので大きい個体が釣れる可能性が有ります。また、水深の深さからアクションの応用も利きます。スーパーライトショアジギング入門者の方であれば様々なアクションを試すことができるでしょう。

サーフ

釣果が期待できる魚種
  • 小型回遊魚
  • 中型回遊魚
  • フラットフィッシュ
  • etc

スーパーライトショアジギングでは砂浜も立派なポイントの一つ。サーフではフラットフィッシュの釣果が寄せられています。スーパーライトショアジギングではサーフでの遠投が利くように長く設計された竿が多く産出されています。サーフで楽しむ場合はできる限り、重たいルアー(メタルジグ、タングステンジグなど)を利用するようにしましょう。

スーパーライトショアジギングのシーズン

スーパーライトショアジギングのシーズンは春から秋にかけて。アジ、カマス、メッキなどの青物、フラットフィッシュは水温が温かくなると接岸してきます。春先に産卵を控えた個体は接岸し、水温が冷たくなるとより温かい水温を求めて沖合へと旅立ちます。ただ、スーパーライトショアジギングで釣果が寄せられる根魚は冬場に産卵期を迎え、接岸するため、スーパーライトショアジギングではオールシーズンの釣果が期待できます。

スーパーライトショアジギングの竿

スーパーライトショアジギングの竿は、L(ライト)からML(ミディアムライト)クラスの竿を利用します。また、スーパーライトショアジギングでは20(g)程のルアーを多用しますが、幅広い重さのルアーを利用したい場合にはML(クラス)の竿を利用するようにしましょう。スーパーライトショアジギングでは25(g)程のルアーキャパシティを満たした竿が多く産出されています。そして、そのほとんどはL~ML(クラス)に相当します。そこで、スーパーライトショアジギングの専門ロッドに注目していきましょう。

メジャークラフト 2代目ソルパラX スーパーライトショアジギ ロッドSPX-942SSJ-9.4フィート(約286cm)

汎用
ソルパラX

メーカー:メジャークラフト
ルアーウェイト:5~30(g)
アクション:RF

スーパーライトショアジギング専用に設計されたロッド。メジャークラフトのソルパラXの中でも【902SSJ】は5~30グラムと軽量ジグの取り扱いにぴったりなモデル。また、少し竿の長い【942SSJ】は40グラムまでのルアーをキャストでき、遠投性も利くため、サーフでも安心して利用できます。
アブガルシア(Abu Garcia) スーパーライトショアジギングロッド ベイト ソルティースタイル スーパーライトショアジギング (Salty Style Super Light Shore Jigging)SSJC-892L-KR

専用
ソルティスタイル

メーカー:アブガルシア
ルアーウェイト:3~28(g)
アクション:R

アブガルシアのスーパーライトショアジギング専用ロッド。スーパーライトショアジギングで頻繁に利用するジグの重さ20グラムほどのルアーを軽快に扱うことができる竿。少ししなりが硬めの竿ですがLクラスに値します。また、よりゲーム性を楽しまれる方は【962L-KR】がおすすめ。軟らかい曲がりで小さな魚でもハラハラとしたやり取りを楽しめます。

スーパーライトショアジギングのリール

スーパーライトショアジギングのリールは2500~3000番を利用します。スーパーライトショアジギングでの道糸はルアーフィッシングの中でも細めのラインを使用します。このクラスは0.4~1.0号の道糸の扱いに適しています。周りの環境の魚を狙える釣法ですが150(m)以上の道糸を巻けるリールを選択しておくと安心です。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 18 ネクサーブ 2500

2500番
ネクサーブ

メーカー:シマノ
糸巻量:1(号)-320(m)
ギア比:5

シマノのネクサーブ。淡水に限らず、海水エリアに対応した汎用スピニングリールです。特殊防錆処理をベアリング自体に施すことで錆びによる耐久が向上。そして、1(号)が320(m)と十分に巻けるため、遠投するソルトウォーターゲームでもマッチ。リーズナブルな点も大きな魅力です。
シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 シエナ C3000 3号 150m糸付 エギング シーバス ライトショアソルト

3000番
シエナ

メーカー:シマノ
糸巻量:1(号)-400(m)
ギア比:5

シマノのシエナはスーパーライトショアジギング入門者にぴったりなリール。ソルトウォーターゲームのビギナー向けリールとして名高いシエナはライントラブルを防ぐAR-Cスプールを搭載し、錆びを寄せ付けない高性能ベアリングが採用されています。PEラインではありませんが釣り糸も元々付いているので直ぐに釣りを楽しむことができます。

スーパーライトショアジギングのライン(釣り糸)

スーパーライトショアジギングでは道糸としてPEラインを使用します。PEラインはポリエチレンを複数編み込んで作られているため、高い直線強度を持ち、伸びないことからルアーへのアクションも伝わりやすい魅力を持っています。スーパーライトショアジギングで釣れるアジ、サバ、メッキは小さくても青物。また、根に潜ろうと逃げ回る根魚は強い力を持っています。スーパーライトショアジギングではPEラインの使用をおすすめします。

シマノ(SHIMANO) PEライン ピットブル8+ 200m 0.6号 トレーサブルピンク

道糸
ピットブル

号数:0.6(号)
最大強力:14.8lb (6.7kg)
長さ:200(m)

シマノのピットブル。ライトソルトゲームから本格的なジギングまで、0.4~2.0(号)までの幅広いサイズが揃えられたPEラインです。熱伝導率が低く、更には、耐熱性(~250℃)が期待できる釣り糸でキャストを頻繁に行うスーパーライトショアジギング向けのラインです。

ショックリーダー

おすすめの号数(リーダーの選び方)
PEライン(号) リーダー(lb) リーダー(推奨:lb)
0.4 6~8 6
0.6 8~12 8
0.8 10~20 12
1.0 12~25 16

PEラインには良くない点も存在します。それは、細い複数の糸を編み込むことで作られているため、編み込んだ糸が一本失われるだけで強度が著しく低下してしまうこと。また、一本一本が細いので根ズレに弱く、障害物に擦れるだけで切れてしまいます。そこで、ラインブレイクを防止するために、PEラインの先にショックリーダーを直結することでPEラインの悪いところを補い、更に、伸びにくいフロロカーボン製のリーダーを利用するこで伝えるための感度をできる限り損ねないようにラインシステムを組み上げます。

クレハ(KUREHA) リーダー シーガー フロロショックリーダー 30m 8lb

リーダー
シーガー

メーカー:クレハ
号数:8(lb)
材質:フロロカーボン

クレハのシーガーはリーズナブルなショックリーダー。頑丈なフロロカーボン製であることはもちろん、シーガーは幅広いサイズを展開しています。釣具屋さんに必ず置かれてあるリーダーで、かなりの人気を誇ります。コストパフォーマンスを求める方にもぴったりですよ。

スーパーライトショアジギングのルアー

スーパーライトショアジギングではマイクロジグ(小型のメタルジグ)を軸にブレードが付いたスピンテールジグなどの様々な種類の小型のルアーを利用します。扱える重さは竿のルアーキャパシティに依存するものの、多くは10~20(g)程のルアーを使用します。そこで、スーパーライトショアジギングで利用されるマイクロジグを紹介します。

メジャークラフト メタルジグ ジグパラ マイクロ ライブベイトカラー JPM ライブ 金イワシ 15g #081 ルアー

入門者
ジグパラマイクロ

メーカー:メジャークラフト
サイズ:1.5~15(g)
シリーズ:ジグパラ

スーパーライトショアジギングでお馴染みのジグパラマイクロ。マイクロジグの中心的な位置付けのメタルジグで最小サイズ1.5(g)に最大サイズ15(g)までのバリエーションを揃えます。初心者の方はまず、5、10、15(g)の三つのサイズのジグパラマイクロでお試しください。
メジャークラフト ルアー メタルジグ ジグパラ スピン 18g #7 ゼブラグロー JPSPIN-18g

入門者
ジグパラスピン

メーカー:メジャークラフト
サイズ:3・5・7・18・25・30(g)
シリーズ:ジグパラ

メジャークラフトのジグパラスピン。筆者自身もよく利用させて頂いているスピンテールジグです。スーパーライトショアジギングでは巻くだけで誘えます。カマス、メッキ、アジなどの青物の他、カサゴなどの根魚の釣果があった魔法のルアーです。かなりオススメします。
ブリーデン(BREADEN) メタルジグ メタルマル 13シングル 15 グリーンフレーム

入門者
メタルマル

メーカー:ブリーデン
サイズ:13・19・28(g)
ターゲット:魚種限定解除

ブリーデンのメタルマルです。スーパーライトショアジギングという釣法が考案される前から存在していたメタルマル。30(g)以下を軽快に扱えるスーパーライトショアジギング分野の登場によって再注目されているルアーです。根魚、青物、底物の釣果と様々な釣果が報告されています。

スーパーライトショアジギングのアクション

スーパーライトショアジギングでは様々なアクションを駆使することでターゲットを誘います。ただ、アクションといってもスーパーライトショアジギングで利用するのはシンプルで単純な動作。初心者の方でも簡単に楽しめますので安心してください。そこで、スーパーライトショアジギングで利用するアクションに注目します。

タダ巻き(リトリーブ)

タダ巻き(リトリーブ)はリールを巻き取る動作だけで誘うシンプルなアクションです。水面に着水と同時に1秒、2秒とカウントを取り、お好みのカウントに合わせて巻き取るだけ。簡単に回遊魚のタナ(層)を見つけ出し、そのタナに合わせて誘うことができます。

ストップ&ゴー

タダ巻きを応用したアクションとして有効的なのはストップ&ゴー。タダ巻きを行い、途中でアクションを停止。そして、またアクションへと繋げる動作をストップ&ゴーと呼びます。ストップ&ゴーの停止後は別のアクションに繋げることも可能です。応用が利くアクションで応用するこで自分なりのアクションを組むことができます。

テンションフォール

テンションフォールは釣り糸を張った状態でルアーを沈下させる動作を指します。ストップ&ゴーからテンションフォールに繋げ、海底へと着底したルアーを別のアクションに繋げるというアクションの繋げ役として活躍してくれるアクションでアクションを考えている方は、かなりの頻度で利用しています。テンションフォール中にもアタリが出るので、必ず、釣り糸は張った状態にしておきましょう。

リフト&フォール

リフト&フォールはメタルジグを上昇し、沈下させる一種の動作を指します。釣り糸を張った状態で竿先を上げ、ルアーを上昇、そして、竿先を水平に戻す[1]と同時に糸ふけ(ラインスラッグ)を回収します。竿先を上げる動作を1~2回行うと階段を駆け上がる様に細かく跳ね上がります。この動作を繰り返し行うことでターゲットの捕食行動を煽ります。

[1]:竿先を水平に戻さなくても重さがあるルアーは沈下します。しかし、この時に竿先を水平に戻さなければ竿先が上げられた状態なので次のアクションに繋げることができません。必ず、一連のアクションに繋げるために水平に戻し、糸ふけを回収しておきましょう。

トゥイッチ

ツゥイッチは細かくルアーを動かすアクションです。スーパーライトショアジギングで釣果が高いカマス、アジ、サバなどの青物に有効で、リールを巻き取りながら小刻みに竿先を上げ、戻しを繰り返します。いまいち、アクション方法が掴めない方はリフト&フォールを早く行うようなイメージで行いましょう。

スーパーライトショアジギングを楽しもう!

スーパーライトショアジギングの大きな魅力は身近な環境で釣魚と触れ合えること。その釣り場の周辺に生息する魚達を魚種を問わずに釣ることができます。また、ショアジギングの三つの構成の中で小魚、中型魚に焦点をあてた釣法で、サイズの大きくない釣魚でもハラハラ、ドキドキしたやり取りを楽しむことができます。もしも、スーパーライトショアジギングに興味をお持ちの方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク