海のルアーフィッシング入門 | 初心者向けの釣り方と仕掛け【陸っぱり編】

サビキ釣りをしていればアジの合間に珍しい高級魚が釣れる場合があります。ふとした合間に現れるゲストの存在は嬉しいことですが、そのゲストが高級魚である程に嬉しさは倍増しますよね。

前ページでは、アオリイカ、根魚、鯛、実に、珍しい高級魚のみに焦点をあてて釣りを楽しめる釣法に注目しました。

さて、次に注目するのは、大物との出会いを楽しめる釣り方について。釣りといえばパワーファイト。個々の魚の力とアングラー自身の力を比べる一種の力相撲を体験することができます。一種の綱引きのような体験ができるロマン溢れる釣り方に注目していきましょう。

そこで、レポ部では・・・
海のルアーフィッシング入門 | 初心者向けの仕掛け、釣り方を徹底紹介
【大物釣り!ロマンを求める方へ】
をレポートします。

大物と出会える!ロマン重視の釣り方

大物との出会いは釣り人であれば誰しもが抱いている気持ち。釣り人は一種の狩人。大きい獲物と戦うこと、それは、生きてきた「証」を得るためです。今まで出会ったことの無いサイズを釣った場合には魚拓で記録を取ります。釣りにかける「ロマン」、それは、今まで出会ったことの無い経験を得ることだと筆者自身は感じています。そこで、釣りにロマンを求める方にぴったりなルアーフィッシングに注目します。

シーバスゲーム

シーバスゲームはスズキを専門に狙ったルアーフィッシング。一般的に60(cm)を超えた個体はスズキと呼ばれています。シーバスゲームの魅力は大きい個体と出会えることはもちろん、河口、汽水域、沖合、様々な環境での釣果を望むことができること。70(cm)を超える個体も珍しくはありません。このクラスの引きの強さは別格に値します。

シーバスゲームの仕掛け(ランカー向け)

初心者の方におすすめするシーバスゲームの仕掛けはシーバス専用ロッドにPEラインとフロロカーボン製のリーダーを直結させ、その末端にルアー各種を装着する方法。遠投できるように少し長め、また、ルアーの適応範囲を広く取るためにMクラスの硬さのロッドを選択します。また、シーバスゲームはハードルアーを多用する釣法で40(g)程のルアーを遠投できるような汎用性の見込めるタックルを選択します。

ライトショアジギング

ライトショアジギングは青物をターゲットにしたルアーフィッシング。イナダ、サバ、サゴシといった回遊性のある青物を釣るために考案された釣法です。スーパーライトショアジギングよりも重たいルアーをキャストできるタックルで遠投性能を高めています。ナブラ撃ちにも適し、近海を幅広く誘える釣法として楽しむことができます。

ライトショアジギングの仕掛け

初心者の方におすすめするライトショアジギングの仕掛けはライトショアジギング専用ロッドにPEラインとショックリーダー(フロロカーボン製)を直結する方法。ルアーにはメタルジグ、タングステンジグ、スピンテールジグ等の魚型の重たいルアーを利用します。良く利用するのは40(g)程のメタルジグでアクションを駆使して青物を釣り上げます。

メジャークラフト 2代目ソルパラX ライトショアジギングロッド SPX-962LSJ- 9.6フィート(約292cm)

青物
二代目 ソルパラX

メーカー:メジャークラフト
ルアーウェイト:20~60(g)
対象魚:青物

ライトショアジギング専用に設計されたロッド。ソルパラXのLSJモデルは20~60(g)程のルアーにマッチ。40(g)を軽快に扱える性能を持った竿です。元祖ソルパラと比べるとカーボン素材やグリップ形状やガイドセッティングの細部にまで変更を加えられ、より専用モデルとして一新されています。

ショアジギング

ショアジギングは大型青物をターゲットとしたルアーフィッシング。ブリ、ハマチ、カツオ、シイラ、カンパチなどの大型回遊魚と呼ばれる青物を主旨とした釣法です。大型向けの頑丈なタックルを利用し、60(g)を超える重量級のメタルジグやタングステンジグを岸から遠投することで、より遠くへと飛ばすことができます。

ショアジギングの仕掛け

初心者の方におすすめするショアジギングの仕掛けはショアジギング専用ロッドに太めのPEラインとショックリーダーを直結する方法。メタルジグ60(g)を基準としてルアーを扱っていきます。また、アクションを行うことなく誘うことができるスピンテールジグを一つ揃えておくと楽です。ショアジギングは重たいルアーを扱うため、体力をかなり消費します。スピンテールジグはアクションを行わずともタダ巻きでアクションを行ってくれるため、アクションに疲れた時の休憩用のルアーとしても利用することができます。

自分に合った釣り方を見つけよう!

自分に合った釣り方は見つかりましたか?ソルトウォーターゲーム(SW)は、現在では、多くの釣法が開発されています。その専門分野のタックルを揃えた上、釣り糸のサイズからルアーの決定というような流れでタックルを組み上げていきます。まずは、どのような釣法があるのか、それを知った上でアナタの希望の釣り方を決定していきましょう。

スポンサーリンク