シーバスとブラックバスの違い | それぞれの特徴を画像で徹底比較!

ブラックバスとシーバス、同じ「バス」という名が付けられているだけに同じ魚なんじゃないか、と疑問が沸く方もいらっしゃいます。しかし、ブラックバスとシーバスは別の魚類。ただ、同じ「スズキ目」に属することから似ているところもあります。

今回、注目するのは、シーバスとブラックバスの違いと見分け方について。それぞれの特徴を画像で比較した上で解説します。もしも、シーバスとブラックバスの違いがいまいち分からない方はこの記事の内容を参考に見極めてみてはいかがでしょうか。

そこで、レポ部では・・・
シーバスとブラックバスの違い | それぞれの特徴を画像で徹底比較!
をレポートします。

ブラックバスとは

ブラックバス(black bus)はオオクチバス属に属する魚類の総称です。日本ではオオクチバス、コクチバス、フロリダバスの三種が存在しますが、フロリダバスはオオクチバスとも交配することから混血であることが多く見分けるのが困難となっています。そこで、オオクチバスとコクチバスの見分け方について見ていきましょう。

オオクチバス(ラージマウスバス)

オオクチバスは緑色のバス。簡単な覚え方は模様です。鰓(エラ)から尻尾(シッポ)にかけて、中心に太い模様があります。また、その名の通り、個体が大きくなるにつれて口が大きく開くようになります。

コクチバス(スモールマウスバス)

コクチバスは赤みがかった体色をしています。また、個体にもよるものの、オオクチバスのように中心に太い模様は見えません。コクチバスは体の全体に点模様が散りばめられており、その模様は白い腹部にも達します。

シーバスとは

シーバス(sea bass)とはスズキのこと。スズキはスズキ属に属する海水魚です。日本で釣果が確認されているスズキはマルスズキ、ヒラスズキ、タイリクスズキの三種。ただ、釣果としては圧倒的にマルスズキが多いです。スズキの共通した特徴は銀色の表皮に細長くて扁平(平たい体付き)をしています。(上画像はマルスズキです。)

ブラックバスとシーバスの違い

ブラックバスとシーバスの違いは海水魚、淡水魚の違いと言ってしまえばそこまで。ただ、釣果としてはシーバスゲームのゲストとしてブラックバスも釣れてしまいます。これは、シーバス、ブラックバスの双方の環境適応能力が優れているため。ブラックバス、シーバスは海水、淡水の混じった汽水エリアでも過ごすことができます。

見た目の違い

シーバスは全体的に扁平で銀色の表皮。逆に、ブラックバスであれば体に厚みがあり、ラージマウスバスであれば黒みがかった緑色、スモールマウスバスであれば赤みがかった体色をしています。また、大きさも違い、シーバスの方がブラックバスよりも大きく成長し、60(cm)を超す個体も珍しくはありません。

【リアル&モコモコな魚たち!ゲームフィッシュぬいぐるみ】 キャビンクリッターズ - 「ブラックバス」

No.1
ぬいぐるみ

年齢:三歳以上
サイズ:44 x 11 x 10(cm)
魚種:ブラックバス

巨大なブラックバスのぬいぐるみ。リアルでモコモコでフッワフワなぬいぐるみで抱き心地はバツグン。抱き枕として、お子様の遊び道具として、時には、バサーの癒しとして…。

ランカーサイズの標準から比べると

ブラックバスのランカーサイズは50(cm)オーバー程。出世魚で親しみのあるシーバス(スズキ)に関しては60(cm)を超えてから、やっと、スズキサイズとして認められます。スズキのランカーサイズは80(cm)オーバー程。ブラックバスとは比べ物になりません。

海水魚と淡水魚の違い

シーバスはスズキのこと。ブラックバスのようにオオクチバス属に属する魚類ではありません。シーバスはスズキ属に属する海水魚です。生活適応範囲は広いものの、そもそも、元々の生活環境が異なるため、別の魚として捉えることができます。

交配しない

生活環境、生活圏が異なるため、それぞれは交配することはありません。シーバスは海水沖合いで産卵を行い、ブラックバスは淡水エリアで産卵床を作って産卵します。そもそも、交配することが無いので他魚種そのものです。

ブラックバスは外来種、シーバスは在来種(※1)

ご存知の通り、ブラックバスは海外から来た魚類。シーバス(スズキ)は出世魚と呼ばれるように兼ねてから食べられてきた魚類ですから在来種です。ただし、タイリクスズキは除きます[※1]。タイリクスズキは中国で養殖されていたものが日本に居付いたとされており、日本のスズキとの種間競争の可能性があるため、指定外来生物に指定されています。

全く違うの?いいえ、似ているところがある

シーバスとブラックバスの違いは知って頂けたと思います。しかし、ブラックバスとシーバスは全く似ていないという訳ではありません。そこで、シーバスとブラックバスの似通った点について注目していきましょう。

両方とも「スズキ目」であること

シーバスとブラックバスは同じ「スズキ目」に属します。ブラックバスは円鱗、スズキは櫛鱗に覆われており、全体を見ると左右に側扁(平たく)しています。また、それぞれが浮袋を持ち合わせるなど、多くの共通点が見られます。

シンプルに答えるとスズキの仲間・・・と言いたいところですが、ここで重要なことはスズキ目は魚類の大多数(10000種以上)を占めているということ。タチウオ、クマノミでさえ、スズキ目に属しています。これらの魚種を踏まえ、海水、淡水の魚のほとんどはスズキ目といっても過言ではありません。ブラックバスとシーバスには幾つかの共通点があるものの、それは、他魚種にも言えることなのでブラックバスとシーバスだけに限られたことではありません。

ブラックバス、シーバス共に悪食傾向にある

最大の共通点とも言えることは食性です。ブラックバスとシーバスは似通った食性を持っており、双方共に悪食傾向にあります。甲殻類、小魚、多毛類、虫類、その個体が餌と判断した食べ物であれば何でも口にします。

エラ洗いを行う

ブラックバスとシーバス共にエラ洗いという行為を行います。エラ洗いをする理由は未だに明らかになっていません。ただ、一説としては個体が違和感を感じた時に行う行為とされており、釣り人が掛けた釣り針を外すための行為との説も唱えられています。ブラックバスとシーバスの一つの共通点と捉えることができるでしょう。

シーバスとブラックバスの違いを知ろう!

シーバスとブラックバスは名前が似ているため、同じ魚なのではないか、と思われる方もいらっしゃるかと思います。しかし、惑わされてはいけません。そもそも、生活圏が異なる魚達なので交配することもありません。シーバスとブラックバスの見た目は全く違うので混同しないようにしましょう。

スポンサーリンク