浮魚(うきうお)とは | 浮物(うきもの)と呼ばれる魚達11種類

皆様は「浮物」と呼ばれる魚達をご存知でしょうか。浮物は別の呼び方では “浮魚” とも呼ばれており、海水面の近くを遊泳する魚達のことを指しています。実は、面白いことに岸上、漁港、防波堤などの水面の浅い釣り場から釣れる魚達は浮物であることがほとんど。

一度、釣りを楽しみ、何かしらの魚を釣った経験のある方は、特別に意識せずとも浮物と呼ばれる魚達と出会っている可能性があります。

今回、紹介するのは、浮物と呼ばれる魚達について。もしも、リストの中の浮物と呼ばれる魚達を釣り上げた際には、浮物(うきもの)という言葉を思い出し、理解を深めてはいかがでしょうか。あなた様の知識が広がりますように…。

そこで、レポ部では・・・
浮魚(うきうお)とは | 浮物(うきもの)と呼ばれる魚達11種類
をレポートします。

浮物(うきもの)とは

浮物の意味は海面近くを遊泳する、または、生活拠点とする魚達のこと。水上から水面を見下ろした際にプカプカと水面に浮く姿から浮物という言葉が使われた、また、さすらい人、浮浪人を浮者と言うようにフラフラと水中を漂うその姿から浮物という言葉が登場した等の様々な諸説があります。

浮魚(うきうお)との違い

浮物(うきもの)と浮魚(うきうお)の意味は大体同じではありますが、浮物が水に浮く全ての物を指すのに対し、浮魚に関しては魚類を主点として意味付けられています。また、浮物が海面近くを遊泳する物を指すのに対し、浮魚は海面や表層と広く意味付けられています。似たような言葉として、瀬物(せもの)と言う言葉がありますが、浮魚という単語に関しては浮物と比べるより、瀬物と比較した方が正しいのかもしれません。

浮物、浮魚と呼ばれる魚達10種類

実は、浮物、浮魚と呼ばれる魚達は珍しい魚達ではありません。あなた様がサビキ釣りやウキ釣り、投げ釣りで釣った、その魚達も実は浮物と呼ばれる魚達かもしれません。もしも、リストの中の魚達と出会ったことのある方は「あ~、あれは浮物だったのか」と理解を深めてみてはいかがでしょうか。きっと、更に釣りが楽しくなりますよ。

イワシ

浮物と言えばイワシの存在は外せません。イワシは外洋、内洋と幅広く生息し、湾内へと侵入することも珍しくはありません。70(m)程の中層から10(m)程の浅瀬、時には、水面で群れる姿を確認できることから浮物として知られています。

サゴシ、サワラ

1(m)に満たない水深にも姿を見せるサゴシ。サゴシはサワラの若魚で多くの場合、50(cm)未満をサゴシと呼びます。また、サワラは60(cm)以上を呼び、これらの魚は回遊魚としても知られています。浮物、浮魚として、また、出世魚としても周知されています。

TWDRTDD サメぬいぐるみ 特大 かわいい おもちゃ おもしろ シロナガスク クジラ 可愛い 寝室 ふわふわ 動物 人形 ベッドルーム プレゼント 店飾り 母の日 こどもの日 誕生日 入学祝い 卒業祝い クリスマス 贈り物 (ブルー, 70cm)

ぬいぐるみ
サメ

メーカー:TWDRTDD
サイズ:70・100(cm)
素材:PPコットン

超特大のサメのぬいぐるみ。上質なPPコットンを使用し、70・100サイズの二つのバリエーションを用意しました。敏感なお肌でも大丈夫。お子様、敏感肌の方に合わせた素材、お肌を傷付ける素材は一切使用していません。心地よい触り心地でアナタもサメの気分に…。

カツオ

中層を優雅に遊泳するイメージの強いカツオ。実は、カツオは浮魚としては一般的で、水深10(m)、20(m)程の浅瀬で回遊しています。海水面近くまで上昇することもあり、湾内にも侵入してくる中型~大型魚の一類としては珍しいお魚です。

サヨリ

浮魚と言えばサヨリは外せません。水面から1(m)、2(m)の範囲で回遊する魚で水面に群れて行動するサヨリの姿が湾内で確認されています。素早い速度で水を切り遊泳する華麗な姿から、美人や麗人、小町とも呼ばれています。海面スレスレを遊泳する姿から日光を反射し、キラキラと光る姿は本当に幻想的です。

サンマ

秋の旬として有名なサンマ。サンマも浅瀬を回遊する青魚の一種。近年では、回遊するサンマの減少により、見かけることは少なくなりましたが、過去には水深30(m)を満たない範囲で回遊する姿が確認されています。浮魚としても有名なお魚の一つです。

ボラ

釣りの外道としてお馴染みのボラ。このボラも浮物、浮魚として知られています。また、瀬物としても認識されています。たまに、ポチャンと魚が跳ねた音を聞いたことがある方、その音はボラが跳ねた音かもしれません。

ダツ

尖ったアゴと歯を持ったダツ。その姿は恐竜の生き写しとも言われています。ダツは沿岸域の表層に生活し、浅瀬を回遊し続けています。20(m)程の水深から水面までの深さで回遊し、群れを成して生活しています。光に過敏に反応する魚で月夜の光だけでなく、人工的に作られた光に集まる習性があるだけに注意が必要な魚として知られています。

イカナゴ

イカナゴも浮物の一種。東日本ではコオナゴ、コウナゴ、西日本ではシンコとしても呼ばれています。イカナゴは水面から30(m)程の浅瀬に生息し、群れるようにして行動しています。食物連鎖を担う重大な役割を持ち、他の魚達が食すだけでなく、日本の沿岸漁業でも、かなりの数のイカナゴが漁獲されているだけに漁獲量が著しく低下している魚です。

アジ

サビキ釣りやウキ釣り、投げ釣りで定番のアジ。ファミリーフィッシングと言えばアジの存在は外せません。このアジも浮物と呼ばれる魚の一種で表層から中層、低層と広く生息しています。湾内では海面スレスレ、また、表層にアジが群れて行動する姿を水上から確認することができます。浅瀬に生息する魚として有名な魚類の一つです。

アオリイカ

春になると浅瀬で産卵するアオリイカ。アオリイカは産卵時だけでなく、普段、遊泳する海層も水面から20(m)程の浅瀬であることが多く、波止、漁港、防波堤などの湾内でも遊泳する姿を見れることから浮物として知られています。

ワイルドリパブリック ダイオウイカ ぬいぐるみ 深海生物 ブルー 20" 23548

ぬいぐるみ
ダイオウイカ

メーカー:ワイルドリパブリック
サイズ:77×10×10(cm)
生産:中国

大型のダイオウイカのぬいぐるみ。全体の長さは77(cm)とダイオウイカにふさわしい大きさ。フワフワなぬいぐるみでアナタの心をリラックス。お子様の生き物の関心を高め、ダイオウイカの知識を広げるために…。

コノシロ

1(m)から10(m)程の範囲の水深で遊泳するコノシロ。コノシロも浮魚として知られています。コノシロの小さいサイズはコハダとも呼ばれ、江戸前寿司の一つとして古くから食されてきた魚です。出世魚としても有名なコノシロは歴史ある魚の一つと呼べるでしょう。

浮物(うきもの)と浮魚(うきうお)を使い分けよう!

浮物(うきもの)と浮魚(うきうお)は似た言葉ではありますが、使い方によっては “浮魚” の方が話し相手に伝わりやすく、素早い理解を得ることができます。もしも、今回、紹介したリストの中の魚達が釣れた際には、釣れた魚のことを「浮物」や「浮魚」と理解し、その他の浮物達の存在を、ご友人、ご家族に広めてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク