ダイソーの「スモラバ」はバス、チニングに最適!特徴、大きさ、グラム数を徹底解説!

2020年、ダイソーの釣り具は大きな転換期を迎えます。それは、新しいシリーズの登場。ダイソーの釣具シリーズ “よく釣れる!釣具シリーズ” の登場により、昔からのパッケージが一新されただけでなく、新しい釣具が追加で登場しました。

その新しい釣具の一つ “スモラバ” は、ダイソーの釣具の中でも釣り人から高評価を得ているアイテム。パッケージに記載された対象魚としてはブラックバスが注目されていますが、スモラバはソルトウォーターの釣法である、チニングやブリームゲーム、また、ロックフィッシュゲームで利用することの多いルアーのため、幅広い利用が期待できます。

今回、紹介するのは、2020年にダイソーから新しく登場したスモラバについて。その大きさ、グラム数、特徴や魅力に至るまで徹底的に注目していきます。もしも、ダイソーに寄ることがあれば、釣具コーナーへと足を運び、釣具を見て周ってみてはいかがでしょうか。

そこで、レポ部では・・・
ダイソーの「スモラバ」はバス、チニングに最適!特徴、大きさ、グラム数を徹底解説!
をレポートします。

ダイソーから「スモラバ」現る!

2020年に登場した “よく釣れる!釣具シリーズ” から登場したスモラバ。スモラバはスモールラバージグの略称で小型のラバージグのこと。スカートと呼ばれるゴム製の紐が釣り針とオモリが一体化したジグヘッドに装着された小型のルアーです。

ラインナップ(重さ、個数、カラー)

重さ カラー ラメカラー
2.5 ブラック レッド
3.5 グリーン ブラック

※:スカートにはシリコンゴム、針には炭素鋼、オモリには鉛が利用されています。

スモールラバージグが100円で手に入る時代に…

スモールラバージグ(通称:スモラバ)は昔は高価な品で一つ1000円程の物も店頭に置かれていました。今では、600円、400円と少し価格は抑え気味ではあるものの、それでも未だに一つの価格としては割高のように思えます。しかし、100円均一店として名高いダイソーからスモラバが登場したことで、スモラバがより気軽に手に入る物になりました。

スモラバの使用方法が分かりやすい!(パッケージ裏面)

2020年のダイソーの釣具はパッケージにもこだわっています。スモラバを初めて利用する方に対し、スモラバの使用方法がパッケージの裏面に丁寧に記載されています。たったの二つのステップでスモラバを簡単に利用することができるので初心者の方でも安心です。

ダイソーのスモラバを採用した仕掛け

スモールラバージグは海水、淡水のどちらでも利用できます。有名どころとしては淡水エリアの釣り “バス釣り” や、海水エリアの釣り “チニング” や “ロックフィッシュゲーム” です。これらの釣法の多くでスモールラバージグは利用されています。そこで、これら三つの基本的な仕掛けを図にして紹介します。もしも、スモールラバージグを使った釣りに興味をお持ちの方は以下の仕掛けを参考にして釣りを始めてみてはいかがでしょうか。

バスフィッシング

スモールラバージグを利用したバスフィッシングでの基本的な仕掛けの例です。小さなルアーを利用するベイトフィネス用のタックルを利用する方法があるものの、スモラバを取り合えず使ってみたいという方は上の図のような基本的な仕掛けを利用する方が何かと便利。ラバージグの他に、幅広いルアーやワームを利用することができるでしょう。

チニング

スモールラバージグを利用したチニングでの基本的な仕掛けの例です。チニングではクロダイの強い口元に合わせを入れられるように少し張りの強い竿を利用します。ただ、チニングでは逆に張りが強すぎると啄むような当たりを感知することが難しいため、程よい張りと柔らかさを持ったライトゲーム専用の竿、また、チニング用に設計された専用の竿を利用することになります。エギングの竿、シーバス用の竿も同様に利用できます。

ライトロックフィッシュゲーム

スモールラバージグを利用したライトロックフィッシュゲームでの基本的な仕掛けの例です。ロックフィッシュゲームをより手軽に繊細なタックルを利用してゲーム性を楽しむライトロックフィッシュゲーム。このライトロックフィッシュゲームでもスモラバを利用します。カサゴ、メバル等の根魚からソイ、ハタと言った高級魚も狙うことができます。

ダイソーのスモラバの形状、特徴、魅力

ダイソーのスモラバは、バスフィッシング、チニング、ライトロックフィッシュゲームと数々の釣法で利用できるために人気の高い商品です。そして、このスモラバは作りもシッカリしており、スモラバとしての機能も十分に果たしてくれます。そこで、ダイソーのスモラバの魅力に迫ります。形状、特徴と細部を踏まえた上で注目していきましょう。

おもりの形状

おもりの形状は丸形。スモールラバージグの中ではシンプルなおもりの形状が採用されています。ラインアイとスカートまでの角度は90度。ジグヘッドのような感覚で利用できるシンプルな構造で初心者の方でも比較的簡単に扱うことができるでしょう。

重さから見た釣り針のサイズ

ウェイト(g) 胴長(cm) 幅(cm)
2.5 1.5 0.9
3.5 2.0 1.0

気を付けるべきは釣り針のサイズです。2.5、3.5グラムのそれぞれの重さでは胴長、幅の長さが異なります。胴長はシャンク、幅はベンドの長さを指しています。また、釣り針は太めの針が利用されており、大物にも対応できる硬質な仕上がりとなっています。

スカート、ラバーゴムの仕様

ラバースカートは長、中、短の三つの長さのスカートが設定されています。ラバースカートを三段階にカットして長さを整えられているようで一般的なフットボール型スモールラバージグのスカートとして成形されています。ラバーのサイズは幅1(mm)程です。

スカートの支え

スカートの支えには針金が使われています。これもラバージグのスカートの固定方法では一般的に採用される方法です。ただ、この針金はアルミ製なのかステンレス製なのかは分かりません。パッケージにも記載されていません。もしも、海水エリアで使用される場合にはステンレス製の針金への変更をおすすめします。

ガードもシッカリと付いてる

フックポイントを根掛かりから防ぐためのウィードレスガードも備わっています。100円なので邪魔であればカットしてしまえば良し。意外に硬いのでペンチを利用してカットすることをおすすめします。意外と怪我をするんですよね、この突起物。

ラメは「赤」と「黒」の二種類

ダイソーには二種類のラメが用意されています。2.5(g)は黒がベース、3.5(g)は緑をベースとし、黒には赤ラメ、緑には黒ラメが採用されています。このコストパフォーマンスでラメまで入っているとはダイソー恐るべし。

お手入れ方法

ダイソーのスモラバのパッケージの裏面には使用方法の他にお手入れ方法と保管方法が記載されています。お手入れ方法は一文のみ。使用後は真水で洗い流し、ふき取り、よく乾燥させることでメンテナンスは終了です。

保管方法

保管方法に関してはラバーの劣化を考慮してか日光の当たる場所に保管しないこと、また、お子様の誤飲と怪我を防ぐためにお子様の手の届かない範囲での保管の二つの注意事項が記載されています。一般的に記載されている注意事項らしい記載ですね。

ダイソーのラバージグを使ってみよう!

ダイソーのラバージグは100円でパッケージ内には一つのスモールラバージグが投入されています。釣りメーカーのスモラバと言えば一つ400~600円程もしてしまいますよね。少し躊躇してしまうことはありませんか?もしも、コストを気になさる方がいれば、ダイソーのスモラバでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク