アジングのアクションを図解解説!リグの種類と仕掛けをマスターしよう!

アジングはタダ巻くだけで釣れる、というのは少し誇張した話。もちろん、アジは活性が高ければタダ巻くだけでも十分に釣れる可能性はあります。しかし、活性が低いときはタダ巻きだけでは釣ることはできません。

今回、紹介するのは、アジングにおける、シビアな状況で役に立つタダ巻きを含めたアクション方法について。アジングで使用するアクションに焦点を当てた上で複数のアクションを水中での動きを表現した画像と共に注目していきます。

そこで、レポ部では・・・
アジングのアクションを図解解説!リグの種類と仕掛けをマスターしよう!
をレポートします。

アジングのアクションの特徴

アジングのアクションの特徴は “フォール” を意識すること。フォールとはルアーの沈下そのものを意味し、アジは沈下時にバイトが起きるとされています。アジングにおけるフォールは “食わせの間” であり、アジを効率的に誘うために有効なアクションの一つです。

食わせの間とは?

食わせの間とは魚が餌を捕食するタイミングのこと。このタイミングを意図的に作り出すことができれば、魚のアタリを予め予測することができ、また、そのタイミングのみに合わせを集中することができます。

アジングで使用するリグ

アジングのアクションはお使いのリグの種類によって異なります。そこで、アジングで利用されるリグを紹介します。まず、アクションを行う前にアジングで利用される仕掛けとリグの種類を知っておきましょう。

ジグヘッドリグ

ジグヘットリグはジグヘッドとワームを組み合わせた仕掛けのこと。アジングでのポピュラーな仕掛けであり、また、初心者の方でもシンプルに仕掛けを組むことができます。ジグヘッドリグを単体で利用する仕組みそのものを “ジグ単” と呼びます。

スプリットショットリグ

スプリットショットリグはスプリットシンカーの両端にメインラインを通したスプリットシンカーを装着することで固定します。スプリットショットリグはジグヘッドリグの次に飛距離を出すことができる仕掛け。しかし、スプリットシンカーは単におもりを追加した仕掛けですのでフォール中の沈みが早く、ゆっくりと沈下させることはできません。しかしながら、素早く深いポイントへとアクセスできることが強みだと言えます。

キャロライナリグ

キャロライナリグはキャロシンカーを利用した仕掛け。元々は、バスフィッシング用の仕掛けとして登場していましたが、ソルトウォーターに進出し、今では、アジングの仕掛けとして利用されています。ジグヘッドリグ、また、スプリットシンカーで満足した飛距離が出せないときにキャロシンカーは利用されています。また、キャロシンカーはバックスライドを行いながらゆっくりと沈下していきます。アジの目に追いやすいので、沈下中のアタリを多く察知することができます。

フロートリグ

フロートリグは浮きを利用した仕掛けです。フロートは浮く素材で作られています。この浮きを利用することで、根掛かりを回避しながら一定の深さを攻めることができるようになります。また、ある程度の巻き取りを終えるとジグヘッドが上昇するので、上昇した際にはフォールを繰り返し行うことで簡単に上下アクションを繰り返すことができます。

メタルジグ

メタルジグは、鉛、タングステンを材質としたルアー。メタルジグそのものは金属の塊であるため、仕掛けを遠くへと飛ばすことができます。また、比重が高いため、素早く沈ませることができ、風の強い状況、波が荒れた場合でもコントロールを失わずにポイントを攻めることができます。アジングでは10(g)までの小型のメタルジグを使用します。

次ページ:ジグヘッドリグのアクション方法

スポンサードリンク