まず、一匹!ライトショアジギングで釣果を出す方法【10項目】釣れない理由は?

ライトショアジギングでお望みの釣果が出せない理由…。実はアナタにあるかもしれません。何回かライトショアジギングを楽しんでいる方は決まってこう言われます。釣り場に回遊してこなかった。まさにその通りでライトショアジギングの主役ともいわれる青物の多くは回遊性を持った魚達であり、回遊して来ない限り、釣果を出すことができません。

ただ、それだけが本当に原因でしょうか。釣果に起因しない理由は様々。複数の理由が重なる程、釣果を得にくいといっていいでしょう。今回、紹介するのは、ライトショアジギングで釣果を出す方法について。

もし、ライトショアジギングを行って釣果が出せなかった方は、これから注目する理由が原因かもしれません。早速、注目していきましょう。

そこで、レポ部では・・・
まず、一匹!ライトショアジギングで釣果を出す方法【10項目】釣れない理由は?
をレポートします。

ライトショアジギングとは

ライトショアジギングは青物を主旨としながら近海にいる様々な魚種をターゲットとする釣法です。ジギングの中では比較的に軽いタックルで行われ、堤防、漁港、波止などの生活圏の身近な環境から釣りを行えるルアーゲームの一つです。

ライトショアジギングの仕掛け

ライトショアジギングの基本的な仕掛けは図の通りです。3000番を基準としたリールに少し長めのロッド、また、道糸とリーダーのそれぞれを直結し、ラインの先端には40(g)までの軽いメタルジグを装着します。近年では、スピンテールジグもライトショアジギングでよく利用されているジグの一つです。

メタルジグには無いスピンテールジグの魅力

ライトショアジギングでのメタルジグはアクションを行うことで生きた魚を真似ることに意味があります。しかし、いかにライト(軽い)といえどもアクションは派手。連続したアクション、ゆったりとしたアクションと様々なアクションを多用します。スピンテールジグにはブレードと呼ばれる金属がジグの後部に付いており、このブレ―ドがキラキラと水中で日光を反射することで自動的に生きた魚を演じてくれます。ただ巻き(アクション無し)で誘うことができる便利なルアーなので、メタルジグのアクションに疲れたときによく利用されています。ライトショアジギング初心者の方にもおすすめしています。

ColorGo メタルバイブレーション ルアー セット ジグパラブレード メタルジグ 鉄板ブレード スピンテールジグ 海釣り 遠投 シーバス ヒラメ バス スズキ 12g 16g 20g 30g 40g 4個/5個セット (30g4個セット)

40(g)有り
スピンテールジグ

メーカー:カラーゴー
種類:夜行・ノーマル
重さ:12・16・20・30・40(g)

カラーゴーのスピンテールジグです。ブレードはもちろん、トレブルフックも付属。ブレードは木の葉型で一般的なブレード形状です。12・16・20・30・40(g)の中からご希望の重さを選択でき、一つのパッケージにカラー違いが四つ入っています。コストパフォーマンスが良く、入門用ジグとして初心者の方から支持を得ているスピンテールジグです。

釣れません…の大きな原因の一つ「場所」

釣れないんだけど…。その大きな原因となっているのは「場所」です。ライトショアジギングでは近日中に青物の釣果があったポイントを目安に釣行日を決定すると釣果に恵まれやすく、ライトショアジギングで青物を釣る上での絶対条件となります。青物を主旨として釣る場合は近くの海域に回遊する必要があり、その時期は気温、水温、季節に大きく左右されます。回遊する時期は釣り場で異なるので、その釣り場に合った回遊時期を見極める必要があることを頭に入れておきましょう。

ライトショアジギングで釣果を上昇させる方法

ライトショアジギングで釣果が出ない理由は一つだけでは無いかもしれません。複数の理由が重なってしまえば、より釣果に恵まれることは少なくなると言っていいでしょう。そこで、釣果が出ない理由、また、釣果を上げるコツに迫ります。少しでも、ライトショアジギングでの釣果を得るために自分の釣行の内容を見直してみてはいかがでしょうか。

現地の釣果を仕入れよう!

現地の釣果を知ることができれば青物の回遊の有無を知ることができます。インターネット、釣具屋、現地の釣り人の情報、様々な情報があふれています。現地の情報を仕入れることこそ、一番の釣果を得る秘訣だと言っていいでしょう。

トレブルフックを取り外す

夏場の釣りでは藻が大量発生してしまうことでメタルジグが根掛かりしてしまいます。頻繁に根掛かりを起こしていては釣りになりません。そのような時はトレブルフックを外すことで根掛かりの頻度を少なくすることができます。青物は小魚の先端、メタルジグの先端に食い付く習性があるのでアシストフックだけで釣ることができます。

リールの番数を変えてみよう!

リールの番数を変化させることで巻き取り量を調整することができます。一回の巻き取り量が多ければ一歩が大きく仕掛けを回収。また、少なければより多くのアクションを行うことができます。わざわざ、キビキビとしたアクションを意識しなくても、リールの巻き取り量をリールの交換によって調整することでルアーの動きを操作することができます。

もっと遠くへ…竿の長さを変えてみる

遠くへと飛ばしたいときは竿の長さを長くしてみましょう。ライトショアジギングではオフショアジギングとは違い、岸、陸から仕掛けを遠投します。つまり、仕掛けを飛ばせる距離が長いほど、その直線距離の範囲内で魚達の視界を仕掛けに向けることができます。竿は遠心力を利用して遠投するのでシッカリと竿をしならせてあげれば、より遠くへと飛ばすことができます。また、この時には、穂先からおもりまでの釣り糸を長く取ることで振り子の力により、シッカリと遠心力を竿全体へと伝えることができます。

シッカリと海底へと着底させる

海底へと着底させることで海底から中層、表層まで広くルアーを見せることができます。逆に、着水した後、中層、表層で直ぐに引いてしまうと限られた層でしかルアーを見せることができません。ライトショアジギングで大切なのは餌となるルアーの位置を見せること。まず、ルアーの存在を確認させることが大切だと言えるでしょう。

アクションの速度を変化させてみよう!

アクションの速度を変化させることは有効です。キビキビとした動きはルアーの動きを早くするということではありません。早ければ魚がルアーを目視する前に仕掛けは手元へと返っていることでしょう。アクションの第一段階は魚にルアーを目視させること。ゆっくりとしたアクションでも構いません。釣ろうとする魚の意識を忘れないように魚目線のアクションを行うことを心掛けましょう。

朝、夕マズメに出かけてみよう!

平日、休日、好きな時に釣りを楽しむのも良いこと。しかし、一日で二度訪れる「朝・夕マズメ」を軸に釣りを始めると釣果が恵まれやすいと言われています。このマズメ時は魚達が捕食するタイミング。魚達は餌を食べようと躍起になっています。この時を計画的に釣りを始めることができれば釣果に恵まれやすいかもしれません。

潮止まりは避けて釣りに出かけよう!

潮止まりになると波が止まります。波によって移動するしかないプランクトン達が周りへと散ってしまいます。捕食行動が行いにくくなる時間帯です。また、空気は波でかき混ぜられて水中内に溶け込みますが、空気不足(酸欠)となり、魚達は呼吸をすることだけに意識を捉われてしまいます。酸欠状態になった魚達は表層へと浮上してくるものの、これらの魚達に餌を上げても見向きもしません。潮止まりは避けて効率の良い時間帯に釣行することができればより良い釣果に恵まれるかもしれません。

ルアーのサイズ、カラー、種類を変えてみる

ルアーのサイズ、カラー、種類を変化させることで釣果が上がるかもしれません。日中は魚達もルアーの存在をハッキリと認識することができます。ルアーと見切られてしまえばそれまで。日中の場合はルアーのカラーを海と似たカラーに変化、夜間の場合はハッキリとしたカラーへとカモフラージュさせることができれば釣果に恵まれるかもしれません。

アクションにメリハリを付けてみる

アクションにメリハリを付けることで釣果に差が出るかもしれません。メリハリとは強弱を付けること。素早く強いアクションの合間に弱いアクションを入れることで「食わせのタイミング」を故意的に作り出すことができます。捕食のできない魚達には強弱の弱をアクションの合間に多めに入れることで捕食しやすい状態を作ることができます。

青物の釣果がある釣り場を見つけよう!

まず、青物の釣果が無い人におすすめするのは「近日中に青物が釣れた釣り場」を調査すること。過去に青物が釣れた釣り場ではありません。釣り場へと向かう前に一週間~二週間程前を目安とした釣り場の調査を行ってください。青物が回遊するポイントであれば大丈夫。真剣にライトショアジギングと向き合ってみたいとお思いの方は実績のある釣り場を探して釣りを楽しむことをおすすめします。

スポンサードリンク