ぶっこみ釣りで釣れる魚達13選!基本的な仕掛けの例から釣れる時期を徹底解説!

シンプルな仕掛けで人気の高いぶっこみ釣り。ぶっこみ釣りはシンプルな仕掛けだけに、知らず知らずのうちにぶっこみ釣りをしていた何てこともある仕掛けです。釣りにチャレンジしたことのある方は、実は、ぶっこみ釣りの仕掛けだったよ!何てことも…。

今回、紹介するのは、ぶっこみ釣りの基本的な仕掛けの例から釣り方について。また、ぶっこみ釣りで釣れるメジャーな魚達に迫ります。

もしも、ぶっこみ釣りから釣りを始めたい、また、ぶっこみ釣りにチャレンジしてみたいとお思いの方は、この記事を参考にして、仕掛けを組んで、ぶっこみ釣りを始めてみてはいかがでしょうか。より良い釣果に恵まれますように。

そこで、レポ部では・・・
ぶっこみ釣りで釣れる魚達13選!基本的な仕掛けの例から釣れる時期を徹底解説!
をレポートします。

ぶっこみ釣りとは

ぶっこみ釣りとは、中通しおもりと一本、二本と少なめの釣り針を利用したシンプルな仕掛けです。近距離、中距離向けの仕掛けで、仕掛けを放り込む(ぶっこむ)単純な動作で釣りを楽しめます。また、ぶっこみ釣りは団子釣りのように煙幕効果、集魚効果を発揮する練り餌を利用しません。基本の餌としては「アオイソメ」等の多毛類を利用します。

ぶっこみ釣りと投げ釣りの違い

ぶっこみ釣りとは後に詳しく解説していますが投げ釣りの一種。よく投げ釣りとぶっこみ釣りの違いについて語られていますが、違いそのものはありません。投げ釣りと呼ばれる釣り方は天秤を利用した基本的な投げ釣り仕掛けを投げ釣りと呼ばれる方もいますし、ぶっこみ釣りそのものを投げ釣りと呼ぶ方もいます。

この問題をややこしくしているのは投げ釣りの曖昧な手法。ぶっこみ釣りは近距離から中距離を基準とした釣法である一方、投げ釣りは近距離から中距離、遠距離のそれぞれの仕掛けが確立されているからです。

よく投げ釣りは遠投用、ぶっこみ釣りは近距離、中距離を指すとの意見が語られているものの、投げ釣りでもジェット天秤8(号)程を利用した近距離、中距離向けの仕掛け、カレイ釣りでは30(号)程の大型のおもりを利用した超遠投仕掛けまでもが存在します。

以上の概念から投げ釣りとぶっこみ釣りが同じ釣法として勘違いされるのは当たり前のことです。釣り人同士の捉え方の問題で、厳密には定義されていないのが問題です。ぶっこみ釣りは投げ釣りの「投げる」要素を踏まえた上で、よりシンプルにした仕掛け、そして、投げ釣りとぶっこみ釣りとの違いは仕掛けそのもので捉えるのが、分かりやすい解決方法だと言えます。

ポピュラーな釣り方として親しまれている投げ釣り。投げ釣りが人気の理由としては仕掛けを遠くへと飛ばせる快感を得られること、また、仕掛けを遠くへと...

ぶっこみ釣りの仕掛け

ぶっこみ釣りの仕掛けはシンプル。釣り初心者の方でも簡単に組むことができます。ぶっこみ釣りの基本的な仕掛けには「中通しおもり」を利用します。中通しおもりにクッションとなるゴム管を利用した上、サルカン越しにハリス付きのチヌ針を装着します。それでは、ぶっこみ釣りの基本的な仕掛けと初心者向けの仕掛けを見ていきましょう。

ぶっこみ釣りの仕掛け【基本的】

基本的なぶっこみ釣りの仕掛けです。道糸にはナイロンラインを利用し、そのナイロンラインに中通しおもりとゴム管を通します。そして、ナイロンラインの末端にサルカンを装着し、そのサルカン越しにハリス付きのチヌ針を装着します。

ぶっこみ釣りの仕掛け【簡略化】

簡略化したぶっこみ釣りの仕掛けです。ゴム管付き中通しおもりを利用することで仕掛けの簡略化を行うことができます。ゴム管付き中通しおもりは「中通しおもり」と「ゴム管」が一緒になった物。実質、ゴム管付き中通しおもりとサルカン、ハリス付きのチヌ針の三つのアクセサリーを用意するだけでぶっこみ釣りを始めることができます。

ぶっこみ釣りにおすすめする仕掛けとおもり

ぶっこみ釣りにおすすめする仕掛けとしては仕掛けを簡略化した「ゴム管付き中通しおもり」を利用した仕掛けです。こちらの仕掛けの魅力は “ゴム管とおもりが一体化” しているので別々にアクセサリーを揃える必要がないこと。ぶっこみ釣りの仕掛けを組む際に仕掛けを簡略化することで素早く釣りを始めることができ、仕掛けのトラブルが起きた際の煩わしさを排除することができます。ぶっこみ釣り初心者の方におすすめしています。

ゴム管付き中通しおもり

第一精工 おもり ゴム管入リブッコミオモリ 8 釣り

おもり&ゴム管
ぶっこみおもり

メーカー:第一精工
おもさ:8(号)
形状:お多福型

お多福型のぶっこみおもりです。ゴム管とおもりが一体化しており、ぶっこみ釣りでの煩わしさをカット。もう、中通しおもりとゴム管を別々に揃える必要はありません。本製品とサルカンとハリス付きのチヌ針を用意するだけでぶっこみ釣りを楽しむことができます。

ハリス付きのチヌ針

OWNER(オーナー) OH チヌ鈎 白 2-1.5

ハリス&ハリ
ハリス付きチヌ針

メーカー:オーナー
針の大きさ:2.0(号)
ハリスの大きさ:1.5(号)

ハリス付きのチヌ針です。コストパフォーマンスが良く、一番、汎用的に利用できる一本針。一回の釣行では使いきれない程の予備針が付いているので、ぶっこみ仕掛け以外にも応用することができます。フカセ釣り、ダンゴ釣り、紀州釣り、ヌカ切り、様々な釣法での活用が見込めます。

ぶっこみ釣りの釣り餌とは

ぶっこみ釣りの餌
  • アオイソメ
  • ユムシ
  • 石ゴカイ
  • イワガニ
  • オキアミ
  • etc

ぶっこみ釣りに利用されるメジャーな釣り餌は「アオイソメ」と「ユムシ」。アオイソメは小型から大型と汎用的に狙うことができ、ユムシは大型に特化して魚達を誘うことができます。ぶっこみ釣りに初めてチャレンジされる方はアオイソメから始めてみましょう。

ぶっこみ釣りで釣れる魚達

ぶっこみ釣りは海底をベースとして魚達を誘います。そのため、表層、中層に群れを作る魚達に弱い兆候がある他、釣り針の形状によっては掛かりにくい魚達がいます。しかし、強い集魚効果を持ったイソメ類を利用した仕掛けだけに様々な種類の魚達がゲストとしてやって来てくれます。時には、予想もしない魚達の姿まで。そこで、ぶっこみ釣りで釣れる魚達を集めてみました。魚達の名前と姿を覚えて釣れた時に自慢しちゃいましょう。

マダイ

釣れる時期
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 10月
  • 11月

ぶっこみ釣りといえばマダイ。ぶっこみ釣りではクロダイに次ぐポピュラーな魚です。マダイの成魚は30~180(m)付近に住処を構え、単独で行動します。また、かなりの広範囲に生息するだけに、ぶっこみ釣りでも一定の釣果が挙げられています。

クロダイ

釣れる時期
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月

ぶっこみ釣りのポピュラーな魚として知られるクロダイ。ぶっこみ釣りでの釣果としては多く、ぶっこみ釣りの主旨としてクロダイを狙われる方も数多くいます。また、ぶっこみ釣りで利用する釣り針の多くはチヌ針を利用しているため、クロダイの口元へは刺さりが良いのが魅力です。しっくりくるアタリを掴み取ることができます。

イシモチ

釣れる時期
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月

ぶっこみ釣りのゲストとして有名なイシモチ。別名では、シログチ、グチ、コイチとも呼ばれます。シログチと呼ばれる理由は白身がかった体表と浮き袋を振動させることでグーグーといった音が出す口を持っているから。スズキに似ていますが全く別のお魚です。

キス

釣れる時期
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月

ぶっこみ釣りのゲストとして夏場に頻繁にやってくるキス。元々、ぶっこみ釣りの層としては海底周辺がポイントとなることから、必然的にアオイソメを好物とするキスはゲストとしてやってきます。しかし、チヌ針には掛かりにくいようで、大きいチヌ針には不向き。1、2(号)辺りであればキスの狙いを視野に入れることができます。

エイ

釣れる時期
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月

釣り人の厄介者、また、珍怪魚としてお馴染みのエイ。エイには毒針が尻尾に存在し、刺されてしまう被害も発生しています。被害の多くはエイを上から踏んでしまうこと、また、エイを釣り上げ、釣り針を外す際にエイが暴れてトゲが刺さることでケガを負ってしまいます。もしも、エイが釣れたならば、注意深く取り扱いましょう。

アイナメ

釣れる時期
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 11月
  • 12月

ぶっこみ釣りで意外と釣果が高いアイナメ。多くの場合は、テトラ釣り、穴釣りで釣れる魚として知られていますが、ぶっこみ釣りでの釣果が知られています。アイナメを始め、アイナメと姿が似たクジメの釣果も寄せられています。

メゴチ

釣れる時期
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月

ぶっこみ釣りの外道として多いメゴチ。メゴチはカサゴ科コチ科に属する魚で平べったい体が特徴的な魚です。メゴチは小型ながら栄養素の多い魚で各種ビタミンを備えた栄養満点のお魚。しかし、メゴチは餌取りとして認識されており、メゴチがいるポイントでは複数のメゴチが生息しています。下手をすればメゴチしか釣れない何てことも…。

カレイ

釣れる時期
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

真冬の投げ釣りの釣果が期待できるカレイ。投げ釣りでの餌、ぶっこみ釣りでの餌はアオイソメであることから、ぶっこみ釣りでの釣果が期待できます。実際に和歌山、貝塚付近でのぶっこみ釣りでのカレイの釣果が寄せられています。

アジ

釣れる時期
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月

ぶっこみ釣りでの釣果として高いアジ。アジは回遊性を持つお魚。多くの場合、アジは海面から群れを作って泳ぐ姿を見ることができます。しかし、水深の深いポイントでは水面からアジの回遊する姿を見ることができません。そんな時はぶっこみ釣り。例え、表層での回遊が無くても、海底付近で回遊しているかもしれません。ぶっこみ釣りを利用してアジの回遊の有無を確かめてみましょう。

マゴチ

釣れる時期
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 9月
  • 10月
  • 11月

マゴチが一匹いれば周りに10匹はいます。ぶっこみ釣りで釣れる魚として有名なマゴチはアオイソメが大好物。目の前にアオイソメがあると無我夢中で捕食します。しかし、マゴチがいるポイントではエソの姿も頻繁に確認されています。ご注意ください。

エソ

釣れる時期
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月

ぶっこみ釣りの外道として有名なエソ。目の間に餌が落ちただけで無我夢中で向かってきます。例え、それが餌と呼べる代物で無くてもガツガツとかじってきます。エソの歯は無数の細かい歯が並列しており、ハリスが切られるといったトラブルも起き得ます。ただし、一回で切られることは稀なので、頻繁にハリスの状態をチェックしてみましょう。エソがいる海域ではハリスがボロボロの状態になって返ってきます。

スズキ

釣れる時期
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月

ぶっこみ釣りといえばスズキ。ぶっこみ釣りの代名詞とも語られる魚です。スズキの大きさになると60(cm)を超える個体も珍しくはありません。かなりの引きと強さを体験することができます。しかし、一方、取り上げることに苦労するため、タモ網の存在が必要不可欠となってきます。スズキ、クロダイ、マダイ、ぶっこみ釣りにおける三種の魚は確実に取り上げにタモ網が必要ですので、必ずタモ網を用意するようにしてください。

カサゴ

釣れる時期
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

カサゴはぶっこみ釣りをしていると一回の釣行で一度は釣れると言われる程にポピュラーなお魚。カサゴは根魚の一種で海底の障害物の隙間に隠れて過ごしています。ぶっこみ釣りでは海底をポイントとして探るのでカサゴの釣果も高く、ぶっこみ釣りの経験がある方からのカサゴの釣果が多く寄せられています。

ぶっこみ釣りで大物を釣ってみよう!

ぶっこみ釣りはシンプルな仕掛けながら「クロダイ」「マダイ」「スズキ」といった大物との出会いを楽しめる唯一の釣り方です。また、操作方法も簡単。仕掛けを投げ、アタリを待つ、単純な操作方法によって多くの釣り人から支持を得ています。釣りを始める予定のある方は、敷居の低く始められるぶっこみ釣りから始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク