バッカンの折グセを直す方法 | お湯、ドライヤーで癖直し!

バッカンを初めて購入する方は「折グセ」に悩まれます。バッカンの多くはエチレンと酢酸ビニルを共重合樹脂させた樹脂「EVA樹脂」が採用されています。この素材は頑丈で丈夫、また、軽量で柔軟性のある素材として多くの釣り用品に使われています。

しかし、EVA素材は柔軟性のある素材ですので、一度、折り目が付いてしまうと、長期間の日数、折グセが残ってしまいます。しかし、大丈夫。元々、EVA素材は弾力性が強い素材ですので、日数を掛けるほどに完全に元の姿に戻っていきます。

ただ、バッカンを買うときは釣行が差し迫っているとき。つまり、明日、明後日にはバッカンを利用するという釣り人もいらっしゃると思います。そこで、素早く折グセを直せるバッカンバッカンの治療方法についてご紹介していきます。

そこで、レポ部では・・・
バッカンの折グセを直す方法 | お湯、ドライヤーで癖直し!
をレポートします。

バッカンの折グセとは?

バッカンの折グセはバッカン自体の保存期間が長い程、クッキリと付きます。バッカンの素材であるEVA(エチレンビニルアセテート)は弾力が強く、復元力も高いため、中に物を入れておけば、いずれは復元力で元の形へと戻っていきます。

折グセが付く理由

ソフトタイプのバッカンは「折り畳みバッカン」というキャッチフレーズと共に販売されることがほとんど。つまり、予め、折り畳まれた状態で市場に並ぶので、折り畳まれた期間(保存期間)が長い程、折グセが付いてしまうことになります。しかし、正しく表現すると「折り畳みバッカン」とは “折り畳めることができるバッカン” のこと。折り畳めるように設計されたバッカンというよりも、EVA厚を薄く設計することで、その素材の有り方が必然的に折り畳むことを可能としたバッカンということになります。

バッカンの折グセをキレイに取る方法

先の項目で紹介した通り、EVA素材で設計されたバッカンは弾力性が強く、復元力が強いので時間を掛ければ元の状態に復元されていきます。ただ、その期間は長期間の日数、必要とします。長期間、保存されたバッカン(古いバッカン)になると、1年~3年は折グセが取れないことでしょう。しかし、バッカンの癖は “あること” を行うことで短期間で取ることが可能です。その方法について注目していきましょう。

バッカンに熱湯を入れる

治療時間
  • 20分

バッカンの癖はバッカンに熱湯を入れることで短時間で取ることができます。ただし、これはEVAの素材そのものを溶かし、周りの樹脂を伸ばし、再形成する方法となるので、必要以上に熱を加えると、たゆんたゆん(緩み、肥え、変形の発生)になってしまいます。(熱湯の温度は50~60°を目安に調整しましょう。)

高温のお湯を入れてしまうと底の接着剤が溶解し、穴が空いてしまいます。バッカンの機能を果たさなくなるので50~60°の温度で行うようにしましょう。

ドライヤーで癖を取る

治療時間
  • 4時間

ドライヤーで部分的に熱を加えることで折り畳みの癖を直すことができます。先で紹介した熱湯での処理は変形のリスクを抱えてしまいますが、ドライヤーは目で癖を認識し、部分的に癖を取るので調整が利きます。また、元々は人の髪を乾かす道具のため、高温が出る心配は無く、微調整を行いながら徐々に癖を直すことができます。

長時間、ドライヤーを付けっぱなしにしてしまうと故障の原因になります。実際に行った結果、40分程でドライヤーにチカッと火花が散りました。休憩をはさみ、常温で冷却しつつ、行うようにしてください。

ぬるま湯を入れたバッカンを吊るす

治療時間
  • 3日

25~30°のぬるま湯を用意し、バッカンに入れ、そのバッカンに付属するショルダー、ハンドルを利用して吊るすことで癖を取ることができます。バッカンに入れたお湯の重さで下へと素材そのものが引っ張られることでぬるま湯でも時間を掛けることで直すことができます。時間は掛かりますが、接着剤を溶かす心配がなくなり、バッカンそのものの性能を維持しつつ、バッカンの初期不良、漏れ、不備も確認することができます。

大量のお湯を入れてしまうとバッカンによっては重さに耐えられず、形が崩れてしまいます。徐々にお湯を加え、様子を見ながらチャレンジしてください。また、吊るす場所によってはお湯の重さに耐えられず、支えが壊れてしまう可能性があります。無理をなさらず、様子を見ながらチャレンジしましょう。

折り癖が気になる方はハードバッカン!

ソフトバッカンの折グセが気になる方はハードタイプのバッカンを選ぶことをおすすめします。少し高価になるものの、ハードタイプのバッカンは折り畳まれることなく店頭に並びます。素材が分厚く、丈夫で頑丈、シッカリとした形を維持したまま、バッカンとして、時には、道具入れとして利用することができます。

バッカン EX

シマノ(SHIMANO) バッカン EX (ハードタイプ) ブラック 40cm BK-114R

シマノ
BK-114R

サイズ:40
外寸:26×40×28(cm)
素材:EVA

シマノのハードバッカンです。新型のガチっとハンドルを搭載し、自立する厚みのあるEVA樹脂が採用されています。販売時も折り畳んだ状態では無く、自立したまま、店頭に並んでいます。メーカー品でありながらも、コスト帯は抑えた仕様。利用しやすいバッカンです。

リミテッドプロ

シマノ(SHIMANO) バッカン リミテッドプロ ハードタイプ ブラック 36cm BK-111R

シマノ
BK-111R

サイズ:36
外寸:24×36×26(cm)
素材:EVA

シマノのハードバッカンです。ガチっとハンドルを標準搭載し、横滑りを抑止する滑り止めが付いたハードバッカンです。滑り止めとシッカリとしたボディの自立性によってハードな環境でも利用することができます。沖磯、地磯、防波堤、様々な環境で利用できる汎用性の高いバッカンです。

EVAハードバッカンDX

EVAハードバッカンDX ロッドスタンド付 40cm AEH403-40 プロマリン(PRO MARINE) 釣り具 (ホワイト)

プロマリン
AEH403

サイズ:40
外寸:26×41×27(cm)
素材:EVA

プロマリンのハードバッカンです。ロッドスタンドが標準で装備されています。また、滑り止めも標準で装備されているので様々な地形に適応します。また、滑り止めのゴムが太く設計されているからかハンドルベルトを持った際は型崩れすること無く、バランスよく荷物を運搬することができます。

トーナメント ハードバッカン

ダイワ(DAIWA) トーナメント ハードバッカン FH40(C) ブラック

ダイワ
FH40(C)

サイズ:40
外寸:30×44×27(cm)
素材:EVA

ダイワのハードバッカンです。トーナメントハードバッカンは高い耐久性を誇ったバッカン。また、シッカリと自立するので、ソフトタイプのバッカンのような型崩れを起こしません。底部全面には滑り止め用のラバーを装着。過酷な環境でも難なく釣りを楽しむことができます。

磯バッカンハード

RISEWAY(ライズウェイ) 磯バッカンハード 36cm ホワイト UEV-022

RISEWAY
UEV-022

サイズ:36
外寸:36×24(cm)
素材:EVA

ライズウェイの磯バッカンです。コストパフォーマンスの優秀なハードバッカンで滑り止めも部分的に付いています。多少、透け感があるものの、本体はシッカリと自立。何より、このコスト帯でのハードバッカンは見かけることはありません。

バッカンの折グセを直そう!

折り畳むことができるバッカン。この “折り畳み” というフレーズが穴そのもの。一見、スマートに思えるフレーズですが、結局、バッカンは荷物入れとして利用することになるので、折グセを直してしまえば折り畳むことはありません。もちろん、バッカンとしての利用のみであれば、これに当てはまりません。しかし、折り畳んだとしても嵩(カサ)になることは変わりないので少し矛盾しているような気もします。これを踏まえ、もしも、バッカンを選ぶ際は、ご自身の利用の範囲に沿ったバッカン選びを行うようにしてください。

スポンサードリンク