釣り糸の種類について | ナイロン・フロロ・PE・ポリエステル、各ラインを徹底比較!

釣りで利用される釣り糸は「ナイロンライン」「フロロカーボンライン」「PEライン」「ポリエステルライン」の4つです。それぞれの釣り糸に特徴があるわけですが、いまいち、特徴を知っても、結局、どの釣り糸が適しているのか、判断できませんよね。

そこで、釣り糸のそれぞれの特徴を比較してみました。全ての釣り糸の特徴を合わせて比較することで、釣り糸の本当の強みを分かりやすく解説しています。

大切なことは従来の釣り糸の概念に捉われないこと。自分なりの答えを見つけ出し、釣法に合った釣り糸を見つけ出すことができれば、一歩、他の釣り人と差を付けることができるでしょう。早速、注目していきます。

そこで、レポ部では・・・
釣り糸の種類について | ナイロン・フロロ・PE・ポリエステル、各ラインを徹底比較!
をレポートします。

釣り糸の種類と構成

4つの釣り糸の名前
  • ナイロンライン
  • フロロカーボンライン
  • PEライン
  • ポリエステルライン

釣り糸は全て合わせると4つ。ナイロンライン、フロロカーボンライン、PEライン、ポリエステルラインの4つの釣り糸が利用されています。ナイロンライン、フロロカーボンライン、ポリエステルラインは一本構成。PEラインは4本、または、8本の素材を編み合わせて作られています。

編み数の違い(4本 or 8本)

ナイロンライン、フロロカーボンライン、ポリエステルラインは1本の釣り糸で構成されています。しかしながら、PEラインだけは違います。素材を作り、編むという工程を行う必要があります。PEラインは、4本、8本の2通りの編み数によって構成されています。

4本編みは製造過程で8本編みと比べると複雑な工程を必要としないため、価格が安く設定されていることがほとんど。また、1本1本が太いので摩耗性に優れるとされています。8本編みは4本編みと比べると高く設定されていることがほとんど。また、1本1本が細いので、しなやかさが生まれます。張りが少ないのでリールに馴染みやすい魅力を持っています。

釣り糸に使われる素材

素材
ナイロンライン ナイロン
フロロカーボンライン ポリフッ化ビニリデン
ポリエステルライン ポリエステル
PEライン ポリエチレン

石油を利用した合成繊維であるナイロンにポリエステル。高い強度、耐薬品性、耐熱性を持った熱可塑性フッ素重合体で作られたフロロカーボンライン。エチレンの重合体であるポリエチレン。それぞれの釣り糸の製法は違い、独自の良さと癖を持ち合わせています。

価格が安い順に並べると?

コストパフォーマンスはナイロンラインが一番安価に設定されています。高価なイメージが強いエステルラインは実はフロロカーボンよりと似たような価格帯。ここら辺の価格設定はメーカーの小売価格に依存します。PEラインは、ナイロン、エステル、フロロカーボンの釣り糸の中では一番高い価格帯に位置付けられています。

巻き量と価格を比べると…

釣り糸を安く購入したい場合は釣り糸の「巻き量」と「価格」を比べてみましょう。それぞれのメーカー、また、同じメーカーが産出した釣り糸でも価格が全然異なるケースもあります。巻き量と価格を比べて納得した釣り糸を探しましょう。

コストパフォーマンスを重視する方は少ない巻き量で安価な釣り糸を選んでしまいがち。しかし、長い視点から見ると150(m)巻かれた釣り糸より、300(m)巻かれた釣り糸の方が総合的に安くなるケースがあります。劣化しない釣り糸はありません。水、海水が付いた釣り糸は徐々に劣化していくので釣り糸は少しでもお得な釣り糸を探すようにしましょう。

平行巻きとは?

平行巻きとはホビン(芯)に釣り糸を巻くときに並行に巻くことを指します。コンビニの陳列した売り場を想像して頂ければわかりやすいと思います。手前の商品の後ろに重なるように置くことで奥、または、手前の商品を潰さないようにする方法です。釣り糸にも同じ方法が使われています。下の釣り糸に上の釣り糸が重なるときには同じ向きで重なるので上下の釣り糸が潰れることはありません。釣り糸の干渉を防ぐ画期的な方法です。

ダイワ(Daiwa) ナイロンライン ジャストロン DPLS 500m 3号 クリアー

平行巻
ジャストロン

メーカー:ダイワ
巻き量:500(m)
素材:ナイロン

ダイワから登場したジャストロン。有名な釣りメーカーから産出された高コストパフォーマンスを誇る釣り糸です。500(m)と1つのリールに十分すぎる巻き量。また、しなやかさにより、糸による癖が付きにくい魅力を持っています。

屈折率を比較すると?

屈折率
ナイロンライン 1.55
フロロカーボンライン 1.42
ポリエステルライン 1.62
PEライン

真水の屈折率は1.00。海水の屈折率は1.33~1.35。つまり、この値と釣り糸の屈折率が近いほど、魚から釣り糸が見えにくい状況を作ることができます。それぞれのラインの屈折率は上の通りです。屈折率から見ると、一番、釣りにおける有利な条件を持つのはフロロカーボン。次にナイロンライン、エステルライン、最後にPEラインとなっています。

釣り糸の伸びの違い

釣り糸を引っ張ると伸びが発生します。これは「伸び率」と呼ばれる数値範囲で表すことができ、数値が大きい程に伸びが出る仕組みとなっています。伸びが出ると手元に伝わる感度は低下するものの、魚の口に針が掛かるときの違和感を極力、少なくすることができます。逆に伸びが無いと手元に伝わる感度が良くなり、素早く合わせに繋げることができます。ただし、当たりは弾きやすくなり、突っつくような当たりは取りにくくなります。

釣り糸の重さ

4つの釣り糸の中で最も比重が大きいのはフロロカーボンライン。フロロカーボンラインは他のラインと比べると素早く沈下します。次に比重が大きいのはポリエステルライン。そして、ナイロンラインに続きます。PEラインの比重は水よりも軽量。つまり、PEラインは水に浮く性質を持っています。

ラインの重さは仕掛けや疑似餌の動きに影響し、基本的には釣り糸が重い程に仕掛けに与える影響が大きくなります。ただし、仕掛けの中には水面に浮く事を基本と捉えた仕掛けが存在します。そのような仕掛けは釣り糸が軽い程、仕掛けに与える影響が少なくなることを覚えておきましょう。

耐摩耗性の強さ

耐摩耗性とは釣り糸が障害物と接触した際に起こる素材の劣化具合や素材の強さを示します。釣り糸の性質に限らず、細さや質も影響します。標準的な位置にいるナイロンラインを基準として釣り糸の耐摩耗性を図に示してみました。

釣り糸の強みを知ろう!

ナイロンライン、フロロカーボンライン、PEライン、ポリエステルライン、それぞれの釣り糸には独自の強みが存在します。その強みを上手く利用することができれば釣りを有利に進めることができるでしょう。従来の使い方が正しいとは限りません。自分なりに導き出した結論で釣りを楽しみ、狙った魚達を釣り上げてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク