秋のアジ釣り入門 | サビキ釣りの旬、9月、10月、11月の攻略方法を解説!

アジを狙ったサビキ釣りは夏が旬とされています。しかし、実際のところ、秋を旬とする釣り人の方が多く、9月、10月、11月には、多くの釣り人が陸っぱりからのアジ釣りを楽しまれます。アジ釣りをよく知る釣り師の方であれば秋にアジ釣りを楽しまれることでしょう。

今回、紹介するのは、秋のアジ釣りのノウハウや攻め方について。時期が過ぎる毎にアジのサイズや活性にも変化が出てきます。時期に合わせた仕掛けを組むために、秋のアジ釣りの楽しさに触れた上で秋のサビキ釣りの攻略方法について注目していきます。

そこで、レポ部では・・・
秋のアジ釣り入門 | サビキ釣りの旬、9月、10月、11月の攻略方法を解説!
をレポートします。

アジ釣りは秋が本番!

アジ釣りにおすすめする季節は秋。夏始めには生まれたての豆アジ。夏半ばには小型サイズに成長するも豆アジサイズも混ざっているので少し物足りない気分に。しかし、秋を迎えるとアジは良型に。安定したサイズのアジ釣りを楽しむことができます。

アジの適水温は15~20度!

アジの過ごしやすい海水温度は15~20度。気象庁の海面水温に関する診断表では12~24度と多くの海域の水面温度がアジの過ごしやすい水温を満たしています。アジの適水温から判断しても秋のアジ釣りは効率の良い釣りを提供してくれることでしょう。

サビキ釣りの仕掛け

サビキ釣りを行う上でマスターしておきたいこと。それは、仕掛けの作り方です。サビキ釣りは一つの仕掛けを覚え、その仕掛けを応用して組み上げていくことで広い範囲のポイントを的確に誘えるようになります。そこで、これから紹介するのは、覚えておきたい二つの仕掛けについて。通常の落とし込むサビキ仕掛けから広い範囲を的確に誘える投げるサビキ仕掛けの組み方をご紹介します。

サビキ釣り

通常のサビキ仕掛けです。シンプルな仕掛けでサビキ釣りを楽しむことができるのでインスタントに釣りを楽しみたい方や家族連れの方が良く利用する仕掛けです。利点としてはトラブルが少ないこと。投げる動作を必要としないので糸や仕掛けが絡むことなく、おもり付きコマセカゴの重さに沿うようにスッとスムーズに沈下してくれます。釣り入門者の方やトラブルを極力起こしたくない方には扱いやすいサビキ仕掛けです。

普通のサビキ仕掛けでは良くないところも存在します。それは、シンプルな仕掛けゆえに決まった誘い方や操作法でしか釣りを楽しめないこと。足元へと落とし込むことで魚達を誘う仕掛けなので少し離れたポイントへとアクセスすることができません。

投げサビキ釣り

投げサビキ釣りは少し離れたポイントを攻略することができます。また、ウキ止めを調整することで離れたポイントの様々なタナ(水深)にアクセスすることができるようになります。もちろん、普通のサビキ仕掛けを延長した物なので、そのまま足元へと落とし込んでも良し。幅広い利用方法での活躍が見込めます。

通常のサビキ仕掛けをウキ釣りの仕掛けを応用することで少し離れたポイントへとアクセスできるようにした投げサビキ仕掛け。ただ、シンプルなサビキ仕掛けを複雑にすることで仕掛けに関するトラブルも起きやすくなっています。

秋のサビキ釣りで釣れる魚達

サビキ釣りは様々な種類の魚達が釣れる夢の仕掛け。小さなお子様から大人の方までが気軽に遊べる仕掛けで多くの釣り人に愛され続けています。秋のサビキ釣りの魅力は安定したサイズの魚達に出会えること。様々な種類の魚達に加え、ボリューミーな魚達と出会えるので楽しく釣りを行えます。そこで、秋のサビキ釣りで狙える魚達について注目します。様々な魚達がゲストとして現れてくれます。その一端をご紹介しましょう。

アジ

サビキ釣りといえばアジ。アジには稜鱗(ゼイゴ)と呼ばれる硬いトゲが尾鰭手前に入るのが最大の特徴。このトゲはザラザラとしており、強く手をこすってしまうと怪我の恐れがあるので少し注意が必要です。日本では馴染み深い魚で様々な料理に利用されます。

イワシ

秋になるとイワシのサイズも大きくなります。安定したサイズがサビキ釣りで狙えるので秋のサビキ釣りはアジ釣りと一緒に楽しむことができます。アジと同じ餌、サビキ釣りの定番の餌であるアミエビを利用しましょう。

スズメダイ

スズメダイは少し厄介な魚。沿岸付近を際(キワ)に沿って群れで泳ぎまわり、サビキ針に引っかかってきます。スズメダイは名前の通り、スズメのように小さい個体しかいません。食べるにも骨が太いので食用としては好まれていない魚です。スズメダイが良く釣れるポイントでは釣りを行わないようにすると良いでしょう。

アイゴ

サビキ釣りのゲストとして時々姿を現してくれるアイゴ。可愛らしい見た目とは裏腹にタンパク毒を含む毒腺を鰭に持っています。うっかり、毒腺に触ってしまうと体内にタンパク毒が入ることで様々な症状を引き起こしてしまいます。

フグ

サビキ釣りの外道といえばフグ。秋のサビキ釣りでもフグの釣果が寄せられています。釣り人から言わせると厄介者として知れ渡っているフグは猛毒の持ち主。テトロドトキシンと呼ばれる猛毒を持った厄介な魚です。必ず、その場で放流するようにしましょう。

9月、10月、11月の攻略方法

サビキ釣りは少しのコツを掴んでおくだけで他の釣り人と釣果の差を付けることができることをご存知でしょうか。そこで、時期毎に変化するアジの大きさ、習性を追いかけた上で、秋のサビキ釣りの攻略方法について注目します。

9月

サビキ針のサイズ
  • 4号
  • 5号
  • 6号
  • 7号

数釣りのシーズン「夏」を終えると良型が急に釣れ出すということではなく、ポツポツと小さなアジと少し型の良いアジが入り混じる時期。この時期のサビキ釣りでは4~7号のサビキ針を利用しましょう。時期遅れの豆アジの姿の釣果が目撃される9月は広いサイズのサビキ針を用意してサビキ釣りに挑みます。第一投目は小さなサビキ針を利用し、豆アジであれば続行し、サビキ針が折れる、また、魚の口元から抜ける状態が続くのであればサビキ針のサイズを大きくします。

10月

サビキ針のサイズ
  • 5号
  • 6号
  • 7号
  • 8号

秋終盤に近付くにつれてアジのサイズは安定していきます。特に10月は釣果に期待したい時期で食べごろのアジを釣ることができます。そのため、釣り場では多くの釣り人がアジを狙い、竿を出す姿を見ることができます。10月はサビキ針の6、7号をベースにサビキ針を利用していきます。良型のアジが多く、運が良ければアジの数釣りを楽しむことができる時期で条件が揃えば一年を通して一番に楽しめる時期であると言えるでしょう。

11月

サビキ針のサイズ
  • 6号
  • 7号
  • 8号

11月の前半は良型が期待できる時期。更にはアジのサイズが安定し、良型のアジだけを狙い、釣り上げることができます。しかし、寒くなってくると水温が低下し、アジは温かい気温を求めて南下、また、沖合へと旅立つ個体も多くなります。近くの海域を回遊し続けるアジの姿もいますが多くのアジは沖合へと旅立ってしまうので釣果がドンドンと低下してしまいます。11月の後半にはアジの回遊する姿も減り、アジを狙ったサビキ釣りは過疎期を迎えてしまいます。11月前半を目安にアジのサビキ釣りを楽しみましょう。

サビキ針の使い分けとは?

秋のサビキ釣りで釣果を出すための一つのコツとしては魚のサイズに合ったサビキ針を選択すること。サビキ釣りを行うのであれば複数のサイズのサビキ針を用意した上で適切に使い分けましょう。そこで、様々なサイズに合ったサビキ針の号数に注目します。魚のサイズに合ったサビキ針を利用することでより良い釣果を得ることができるでしょう。

3~4号

豆アジ、小イワシ、小サバ、etc
  • 7cm以下

4~5号は豆アジ向けの仕掛けです。豆アジだけに捉われず、小魚向けと捉えるのが一般的な使い方となるでしょう。豆アジ、小イワシ、小サバ、小鯛(チャリコ)と旬を迎える前の小魚の口のサイズに合うように小さく作られています。豆アジが大量に釣れている釣り場では4~5号のサビキ針を使用するようにしましょう。

ハヤブサ(Hayabusa) これ一番 ピンクスキンサビキ 6本鈎 4-0.8 HS710-4-0.8

定番
ピンクサビキ

メーカー:ハヤブサ
用途:サビキ釣り
構成:サビキ針

オーソドックスなサビキ釣りの仕掛け。ピンクサビキはアミエビ・オキアミ等のエビ類の持つイメージを再現した物。サビキ釣りの餌は主にオキアミ。オキアミに似せることで餌と間違えて食べるという仕組みです。

5~6号

小アジ、小イワシ、小サバ、etc
  • 12cm程

6~7号のサビキ針は小アジ向けの仕掛けです。豆アジといった小さなサイズから少し成長した魚に向いたサイズです。5、7(cm)から12(cm)以下の魚が釣れている場合に利用しましょう。しかし、まだまだ食べごろではありません。数釣りのシーズンとなる夏場に利用する機会が多いでしょう。

RISEWAY(ライズウェイ) ハゲ皮サビキ 3枚組 6号

ハゲ皮
ハゲ皮サビキ

メーカー:ライズウェイ
用途:サビキ釣り
構成:サビキ針

ハゲ皮タイプのサビキ針。ハゲ皮とはカワハギ科の魚の皮のこと。カワハギの皮に人工的な処理を加えた物です。ピンクサビキで食いが悪いときにはハゲ皮タイプのサビキの出番。水に浸かると透明な色に。プランクトンも透明に近い色をしているので魚達が餌と間違えて食べてしまうという仕組みです。

7~8号

中アジ、イワシ、サバ、etc
  • 20cm程

7~8号のサビキ針は中アジ向けの仕掛けです。サイズで表すと20、23(cm)以下。一つ一つのサビキ針がシッカリとした針の太さで良型の食べごろサイズのアジを釣ることができます。良型のアジが釣れる場所では丈夫なサビキ針を利用しましょう。

ハヤブサ(Hayabusa) 一押しサビキ 追っかけアジ サバ皮 7本 SS237 9-2-4

サバ皮
サバ皮サビキ

メーカー:ハヤブサ
用途:サビキ釣り
構成:サビキ針

サバ皮タイプのサビキ針。サバ皮とはサバ科の魚の皮のこと。サバ皮はナチュラルな動き。薄い用紙をピラピラと揺らしたかのような靭やかな動きをします。ピンクサビキやハゲ皮で釣れないときにはお試しあれ!

秋のアジ釣りを楽しもう!

サビキ釣りの最盛期ともいえる秋の季節。晩秋になるにつれて大きいアジのサイズを狙えるようになります。小アジ、豆アジに飽きてきた釣り人の皆様。良型のアジを求めて秋にサビキ釣りを楽しまれてはいかがでしょうか。楽しい思い出が作れますように。

スポンサードリンク