スーパーライトジギングで釣れる魚達13選!人気上昇中の理由と魅力を徹底解剖!

近年、盛り上がりを見せているスーパーライトジギング。オフショアの中では軽いタックルを利用するスーパーライトジギングは若者を始めとした若年層から中年層と広い範囲まで高い支持を得ている釣り方です。

スーパーライトジギングの魅力は数多くあるものの、その中の最大の魅力ともいえるのが様々な魚種との出会いです。使用するのはメタルジグやタングステンジグと呼ばれる小魚の形状をした比重の高い疑似餌を利用し、アクションを駆使しつつ、広い範囲を攻略していきます。

かなり、スポーティーな釣り方である各種ジギングと比べてスーパーライトジギングは軽い疑似餌を利用するので、それほど体力的にも負担が掛かることはありません。気楽に船上から大物を狙うことを可能とした近代的な釣法と捉えることができるでしょう。

今回、紹介するのは、スーパーライトジギングの魅力や仕掛け、また、スーパーライトジギングで釣ることができる魚達について。スーパーライトジギングを始めようとお悩みの方は釣れる魚達を知っておき、その釣行を決定してみてはいかがでしょうか。

そこで、レポ部では・・・
スーパーライトジギングで釣れる魚達13選!人気上昇中の理由と魅力を徹底解剖!
をレポートします。

スーパーライトジギングとは?

スーパーライトジギングは船上からライトタックルを利用して行うジギングのこと。メタルジグやタングステンジグを利用して様々な魚種を釣り上げる釣法です。ライトジギングは100(g)ほどのルアーを利用するのに対し、スーパーライトジギングは60(g)と軽量のルアーを利用します。おもりの負荷をクリアした竿であれば陸っぱりから利用される竿でも応用することができます。例えば、シーバスロッドを始め、ライトショアジギング、ショアジギングロッドでも応用することができるので岸上からの釣りがメインの釣り人でもお持ちのタックルを利用して気軽に始めることができます。

人気上昇中の理由とは?

スーパーライトジギングは新しいジャンルの釣り方です。ライトジギングよりも軽めのタックルを利用してゲーム性を高め、陸っぱりで利用されるタックルでも利用できる応用面に優れています。また、アングラーの多くがお持ちであろうシーバスロッドやジギングの装備をそのままスーパーライトジギングに応用することができるのも便利。スーパーライトジギングが人気上昇中の理由は「手軽さ」と「多様性」にあります。

スーパーライトジギングの魅力

スーパーライトジギングの魅力は様々な魚種と出会えること。また、ルアーの重さの許容範囲をクリアした現状のジギングロッドでも応用することができるので、気軽に始めることができること。スーパーライトジギングで利用するルアーの重さは20~60(g)程。重ためのメタルジグやタングステンジグの100(g)ほどを利用するライトジギングと比べるとアクションをする上で体力を消費しにくく、軽快に竿を操作することができます。

スーパーライトジギングで釣れる魚達10選

スーパーライトジギングの楽しさともいえるのが様々な魚達との出会い。それも、船からの釣りとだけあって、大きい魚達を釣り上げることができます。しかし、大きい魚達といってもパッと浮かびませんよね。そこで、スーパーライトジギングで釣れる魚達を集めてみました。多くの魚達がゲストとしてやってきます。その代表的な魚達に注目します。

イサキ

スーパーライトジギングの主旨ともいえる魚。それが、イサキです。イサキもメタルジグやタングステンジグなどの疑似餌で釣る時代に。これまではエサ釣りでの釣果が主だったイサキもスーパーライトジギングが生まれることで一気に急上昇。スーパーライトジギングでのイサキは外すことのできないメインターゲットとも言えるでしょう。

キジハタ・アコウ

スーパーライトジギングは根魚全般を釣ることができる釣法。限られた料亭にしか出ない高級魚ともいえるキジハタの存在も外すことはできません。スーパーライトジギングではキジハタクラスの高級魚の釣果が数多く挙げられています。

ヒラメ

スーパーライトジギングでは大型のフラットフィッシュも釣ることができます。海底へとアクセスすることの多いこの釣法ではヒラメやマゴチの釣果も多く寄せられています。しっかりと海底に着底させて、すくい上げるようにジャークを行ってみましょう。

マダイ

スーパーライトジギングでは真鯛の釣果も見逃すことができません。小型のチャリコサイズから70(cm)を超えるサイズと幅広いサイズの真鯛の釣果が寄せられています。真鯛は釣って楽しい、食べても美味しい魚。釣れて嫌がる釣り人は、まず、いないでしょう。

カサゴ

スーパーライトジギングで頻繁に釣れる魚の第一候補として挙げられるカサゴ。カサゴは本当によく掛かるお魚です。良型のカサゴが釣れることも珍しくはありません。25(cm)を超えるカサゴであれば力強い引きを楽しむことができるでしょう。

サゴシ・サワラ

スーパーライトジギングでは回遊魚も釣ることができます。スーパーライトジギングでよく釣果が寄せられているのはサゴシです。サゴシを超えるサワラの報告もあるのでラインブレイク対策を考慮してワイヤーリーダーも用意しておきましょう。

イナダ・ワラサ・ブリ

スーパーライトジギングではよく回遊魚の釣果報告が寄せられています。イナダ・ワラサ・ブリも、その釣果報告の一端です。スーパーライトジギングの影の主役ともいわれている、これら三種の存在は大きく、スーパーライトジギングの好敵手としてアングラーから親しまれています。

マルソウダ・ヒラソウダ

別名、ソーダカツオとも呼ばれている二種の存在。スーパーライトジギングで釣果報告が寄せられています。スーパーライトジギングはオフショアであるため、ナブラに出会うことも珍しくはありません。ナブラを狙うと、もれなく一匹付いてくるでしょう。

マアジ

スーパーライトジギングでは良型のマアジを狙うことができます。広い範囲に散らばるアジは少し沖へと向かうだけで型が大きくなります。マアジは広範囲に分布するだけに釣果報告が数多く寄せられています。

フッコ・セイゴ・スズキ

フッコ・セイゴ・スズキ、いわゆるシーバスと呼ばれる、これらの存在もスーパーライトジギングでのターゲットとなります。小さなシーバスから大きなシーバス、様々なサイズのシーバスの釣果報告が挙げられてます。普段、河口付近で釣果を上げているアナタ。少し沖へと出向き、釣り上げたシーバスは白に近い銀色の姿をした白銀の魚。お家へとお持ち帰り、美味しく頂くこともできます。

アイナメ

スーパーライトジギングではアイナメの釣果も数多く寄せられています。しっかりと疑似餌を海底へと着底させることの多いスーパーライトジギングはアイナメを始めとした根魚がよく掛かります。アイナメと姿、形のよく似たクジメの釣果も寄せられています。

ホウボウ

美しき胸鰭は虹色の輝き。そう、海底の宝石とも謳われるホウボウもスーパーライトジギングで釣れる魚の一つ。ホウボウは上質な白身で江戸時代から食されてきた珍味。江戸時代には階級の高い方々が好んで召し上がられた程、奥の深い味をしています。ホウボウは根魚の一種。スーパーライトジギングのゲストとして時々、姿を見せてくれます。

メバル

メバル科に属する魚達はスーパーライトジギングでの釣果報告が数多く寄せられています。赤メバル、白メバル、タケノコ、クロ、ヨロイメバルやキツネメバルと様々。クロソイの釣果もあるのでメバル系は全般がターゲットといってもおかしくはないでしょう。

スーパーライトジギング専用のタックルは?

スーパーライトジギングは人気上昇中の釣法だけあり、スーパーライトジギング専用のタックルも開発されています。スーパーライトジギングはシーバスロッドや利用するルアーの重さのキャパシティーを満たしたジギング用ロッドでも応用することができますが、専用のタックルを揃えておけば安心した釣りを楽しむことができるでしょう。

クロステージ MJ

メジャークラフト ジギングロッド スピニング 3代目クロステージ マイクロジギング ソリッドスピニング CRXJ-S762MJ/S S762MJ/S 釣り竿

初心者
クロステージ MJ

全長:7.6(Ft)
ライン:0.4~1.0(PE)
ジグウェイト:45(g)

メジャークラフトのマイクロジギング専用ロッド。ソリッドタイプとチューブラータイプの双方のタイプが用意されています。チューブラーは積極的に掛けて釣る掛け重視。ソリッドは巻いて釣る初心者向けの竿。ベイト、スピニングモデルの二種類を選択することができます。

オシアジガー LJ

シマノ(SHIMANO) ジギング オシアジガー LJ フルソリッド スーパーライトジギング B65-0/FS

中級者
オシアジガー LJ

全長:1.96(m)
自重:127(g)
ジグウェイト:30~100(g)

シマノのオシアジガーです。スーパーライトジギング専用に開発されたフルソリッドモデル。フルソリッドであるため、良く曲がり、大物とのやり取りでは粘り強さが強み。また、軽いので軽快に操作を行うことができます。

ブラスト SLJ エアポータブル

ダイワ(DAIWA) 19 ブラスト SLJ エアポータブル 63MLS-S

中級者
ブラスト SLJ AP

全長:1.91(m)
自重:104(g)
ジグウェイト:20~60(g)

ダイワが手掛けるスーパーライトジギング専用ロッド。超軽量素材「HVFカーボン」を利用して操作性の良さを追求し、軽さを実現したモデル。また、ブレーディングXにより、ブランクを補強することで粘り強さを持ち、青物を始めとした様々な大物とのやり取りを有利に進めることができます。

スーパーライトジギングを始めよう!

スーパーライトジギングは誰でも簡単に楽しむことができる釣り方です。始め方さえ知ってしまえば後は釣るだけ。ショアジギングやシーバスゲームを楽しまれている方であればタックルを応用して気軽に楽しむことができます。少しでも船釣りに躊躇しがちな方が取っ付きやすい釣法と捉えることができるでしょう。スーパーライトジギングに興味をお持ちの方は、是非、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク