撒き餌に最適な配合餌11項目!ベースの餌やおすすめを徹底紹介!

サビキ釣り、ダンゴ釣り、ヌカ釣り…。これらの釣法に撒き餌は必要不可欠。撒き餌を一点のポイントへと撒くことで遠くに散らばる魚達を周辺のポイントへと集めることができます。本気で釣果を得たいのであれば撒き餌は必ず利用したいところ。

様々な餌釣りに利用される撒き餌。多くの釣法では人工的に配合された集魚剤やアミエビを撒き餌として利用する方がほとんどです。しかし、これらのベースの餌に、ちょっとした工夫を加えるだけで驚くほど釣果が変わる方法をご存知でしょうか。

今回、紹介するのは、人口配合餌やアミエビをベースとする上で、より良い釣果を得られる工夫と集魚力を高める餌の数々。釣果に伸び悩んでいる方はベースの餌に一手間加えて、釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。更に釣りが楽しくなりますように…。

そこで、レポ部では・・・
撒き餌に最適な配合餌11項目!ベースの餌やおすすめを徹底紹介!
をレポートします。

撒き餌とは?

撒き餌は散らばる魚達を近くの周辺のポイントへと集めることができる撒くため専用の餌です。撒き餌を撒くことで遠くの魚達を一点のポイントへと集中させることができます。しかし、周りの魚達を寄せる行為なので周りの釣り人から魚達が離れてしまうデメリットも持っています。撒き餌を禁止する釣り場も多いだけに少々気を使う行為でもあります。

他の釣り人と差を付けるためのシンプルな方法

撒き餌は他の釣り人と差を付けるためのシンプルな方法です。撒き餌を利用することで周辺の魚達は撒き餌に向かって泳ぎ出します。撒き餌での釣りは周りの魚達を撒き餌の集魚力で混乱させることで注意力をそらしてヒットに持ち込みます。シンプルな方法ではあるものの、撒き餌を利用していない他の釣り人と比べると釣果は雲仙の差。効率の良い釣りを楽しむことができるでしょう。

ベースの餌

撒き餌を利用する上で避けて通れないことはベースの餌を選択することです。ベースの餌は集魚力の要。大きく分けて三つの役割を持っています。海中に匂いを拡散し、魚達の餌となり、魚達を混乱させるためにベースの餌は利用されます。ベースの餌を選び、その餌に工夫をこなしていくことで自分だけの餌の配合パターンを決めていきましょう。

冷凍アミエビ

釣り餌としてメジャーなアミエビ。アミエビは釣り人の多くが利用する釣り餌です。釣具屋さんには必ずと言っていいほど置かれているアミエビの集魚力は抜群。集魚効果が最も高い餌として多くの釣り人に利用されています。アミエビに程よい水分が含まれることが大切なので、必ず、冷凍したアミエビを利用するようにしましょう。

オキアミボイル

オキアミボイルは茹でたオキアミを冷凍してブロック状にした物です。オキアミボイルもベースの餌としてよく利用されます。オキアミボイルにアミエビを加えるシンプルな使い方、また、市販の各集魚剤を加えても大丈夫。アミエビとは違い、ある程度の大きさがあるのでオキアミボイルを刺し餌として利用することもできます。

ベースの餌に一工夫!釣果を上げる方法10項目!

他の人と比べると釣果が少ないような気がする、また、もっともっと効率よく釣ることができればいいな、とお思いの方は撒き餌に一工夫してよりより良い釣果を期待してみましょう。この項目では釣果を上げる方法10項目に注目しています。もしも、釣果にお悩みの方はこの項目の一項目を釣行に取り入れて釣果を向上させてみてはいかがでしょうか。

人口配合餌

集魚剤を利用することで目的の魚を効率よく集めることができます。自ら調合せずとも、市販品で販売されています。代表的な集魚剤としては「サッとマキエ」や「よせあみ」など。オキアミに混ぜて利用することで、より効率的に魚達を集魚することができます。釣り入門者の方はアミエビに、それぞれの集魚剤を混ぜるだけで手っ取り早く楽しめます。

マルキュー(MARUKYU) アジパワー

汎用
アジパワー

メーカー:マルキュー
内容量:500(g)
保存:常温保存

マルキューの人口配合餌です。アミノ酸はもちろん、夜釣りに有効的なキラキラ等の様々な成分が配合された釣り餌です。釣り入門者の方におすすめしたい配合エサです。アミエビに混ぜて利用しましょう。

米ヌカ

米ぬかを利用することでエサを長持ちさせることができます。撒き餌として利用すると直ぐに無くなってしまう撒き餌。米ぬかにアミエビのエキスを吸わせることで量を増すことができるようになります。長時間の釣行を行う際は米ぬかの存在は大きく、時合いまで撒き餌を持たせるには必要不可欠な存在です。

アミノ酸が含まれる食材

フォミュラーはアミノ酸の集合体といっていいでしょう。魚達はアミノ酸に過度の反応を示します。アミノ酸が含まれた食材を隠し味として利用し、オキアミと合わせれば、それだけで高い集魚効果を得ることができます。アミノ酸が含まれる代表的なものとしては味の素の「いりこ出し」や「ほんだし」等。サラサラとしたパウダータイプなので手を汚さず、気軽に利用することができるのでおすすめします。

薄力粉&中力粉

撒き餌に水を入れすぎてしまった。そんな場合は薄力粉を利用しましょう。薄力粉を利用することで撒き餌に粘りが加わり、固まりやすくなります。更に粘りを加えたい場合は中力粉を利用すると良し。撒き餌の散らばりを調整するのに役に立ってくれます。

圧ペン麦&押し麦

圧ペン麦や押し麦も安価で買える餌の一つ。オキアミと一緒に利用することで麦自体にエキスが移り、撒き餌として有効的な効果を発揮します。また、チヌやグレは麦単体でもそれなりの釣果が期待できることが報告されています。

パン粉

集魚剤のかさましとして最も多く利用されるパン粉。パン粉は水分をよく吸うのでアミエビと一緒に混ぜて撒き餌として利用します。ただ、パン粉は価格が高騰しているだけに注意が必要です。パン粉を購入するよりも集魚剤を買った方がコストパフォーマンスが良い場合もあるのでパン粉はよく考えて利用するようにしましょう。

牡蠣殻

牡蠣殻は撒き餌のかさましとして利用できる有効な手段の一つ。ホームセンターや有機石灰として置かれている牡蠣の貝殻は10、15キロで1000円を切る驚きの価格。コストパフォーマンスでは優秀だと捉えることできるでしょう。

魚粉

少し高価にはなりますが魚を砕いて粉にした魚粉も餌として利用することができます。魚粉に含まれるアミノ酸成分が魚達を刺激して集魚します。魚粉はホームセンターに行けば置いてあることもあります。強力な撒き餌として利用することができます。

オカラ

おからクッキー等のおからを利用した商品が多くある現代。無料でのおからの入手は難しいものの、良心的なお豆腐屋さんでは「ご自由にお持ちください」の立て札が立てかけられていることも。おからは水分をよく吸うのでアミエビと利用すると有効的。ただ、今では利用している方はそれほど多くはないでしょう。

サナギ粉

サナギを粉状にしたサナギ粉も集魚剤として利用されます。ただ、サナギ粉は釣りにしか利用されない特殊な物なので釣具屋さんにしか置かれていません。少し高価な物となってしまうのでコストパフォーマンスを求める方には向いていない餌と言えるでしょう。

マルキュー(MARUKYU) さなぎ粉(徳用)

純正
さなぎ粉

メーカー:マルキュー
内容量:500(g)
保存:常温保存

マルキューのサナギ粉です。店頭では170(g)の小さいサイズしか見かけませんが徳用ということで約3倍の500(g)と大量に詰められています。本格的に釣りを楽しみたいと感じる方、サナギ粉を大量に使ってみたいとお思いの方におすすめしたい餌です。

生オキアミ&オキアミボイル

生の状態のオキアミを生オキアミ。また、オキアミを茹でて冷凍した物がオキアミボイルとして置かれています。オキアミはアクセントとして利用すると良し。アミエビで安心感を得た大きな魚は少し大きい餌のオキアミもガツガツと食べてきます。また、オキアミは刺し餌にも利用することができます。油断した大物を狙ってみましょう。

いろんな方法を試してみよう!

手っ取り早く釣果を得る方法として信頼高い撒き餌。エサ釣り師の多くの方が撒き餌に頼って釣りを行っています。熟練の釣り人は撒き餌に様々な工夫を行っています。もしも、他の釣り人と釣果に差を付けたいとお思いの方は効果的と思う方法で撒き餌に工夫をこなし、釣果を向上させてみてはいかがでしょうか。皆様の釣果が伸びますように。

スポンサードリンク