2月に釣れる魚達10選!波止や堤防から狙える旬の魚を徹底解剖!

1月と比べると少しは暖かくなってくるはず…、とお思いの釣り人の皆様。残念ながら2月は冬の半ばに入る時期だけにより一層寒さが増してしまいます。いつになったら暖かくなるの?と嘆く方もいることでしょう。水温も低下しているだけに多くの魚達はお休みシーズン。

堤防や防波堤などの海に近い釣り場で釣りを行う際にも影響は出てきます。釣果が下がるだけでなく、風邪を引いてしまうリスクも高まります。しかし、極寒期となる2月でも釣果を得られる魚達がいることをご存知でしょうか。冬の時期に接岸する魚達もいるだけに全く釣れないと言い切るのは少し勿体ない気もします。

今回、紹介するのは、2月に釣れる魚達。この寒い時期に気を付けておくことや揃えておくと快適に釣りを楽しめる便利グッズについて注目します。寒い時期に釣りを楽しまれる方の参考になれば幸いです。

そこで、レポ部では・・・
2月に釣れる魚達10選!波止や堤防から狙える旬の魚を徹底解剖!
をレポートします。

2月はどんなシーズン?

1月にはポツポツと釣ることができた回遊魚の釣果はより一層厳しくなる時期。変わりに冬に接岸するカレイやカサゴ、メバル、アイナメなどの釣果が期待できるシーズンです。より沖合の深場へとアクセスできるように遠投仕掛けを利用した釣りが一般的となるでしょう。防波堤や堤防の限られたポイントしかアクセスできない釣り場の場合は岩や石、テトラポットなどの障害物の影を狙ってみるとより良い釣果を得ることができるでしょう。

前月はどんなシーズン?

一月は一年間の中で最も冷え込む時期。この時期に釣りを行うのであれば風邪を拗らせない恰好で釣りを楽しむ必要があります。釣り人のほとんどは寒い時期...

2月に注意すべきこと

2月は1月に引き続き、寒さが目立つ時期。必ず防寒対策を行い、釣り場へと出かけるようにします。また、場合によっては雪に見舞われることがあります。岩場、ゴロタ浜などの石場は滑りやすくなっています。危険な場所には近付かないようにしてください。

油断大敵!まだまだ冷え込む…

暦の上では立春を迎えるとはいえ、まだまだ寒さが続きます。油断は大敵です。できる限りの防寒対策を行うようにします。ネックウォーマーはもちろん、マスクを掛けるだけでも風除けになるので便利です。明日に支障を残さないように釣りを楽しみましょう。

降雪による滑落の危険

寒い場所では雪が降ることも。雪が降った釣り場は滑りやすくなっています。ゴロタ浜などの石が連なる場所。また、岩場やコンクリート、ちょっとした小石でも滑落の危険性があります。足を挫いてしまったり、捻挫してしまうことも珍しくはありません。落水してしまえば冷たい海に放り出されてしまいます。危険な場所に行かないようにしましょう。

2月に釣れる魚達

気温だけでなく、水温も大きく低下する2月は魚達にとって過ごしにくいシーズン。しかし、冬に産卵を迎える魚達も存在するだけに一概に釣れないと決めつけるのは勿体ない気もします。そこで、堤防や防波堤、波止などの釣りを行う上で気軽な環境から釣果を望める魚達をピックアップしてみました。2月に釣れる旬の魚達に注目していきましょう。

カサゴ・ガシラ・アラカブ

寒いシーズンに旬を迎えるカサゴ。冬の寒い時期に釣れる数少ない魚です。初心者の方でも簡単に釣ることができるので釣り入門者の方には嬉しいターゲット。また、熟練の釣り人でも釣れない合間にポツポツと釣ることができ、癒しの存在としても知られています。

メバル

メバルも寒い時期に釣れる数少ないお魚。生餌を利用したエサ釣りや疑似餌を利用するルアー釣りのそれぞれで釣りを楽しむことができます。特に日中よりも夜間でのメバルの釣果が数多く報告されています。常夜灯周りなどの明かりで照らされたポイントを目安として狙うことでより良い釣果を得ることができるでしょう。

フッコ・セイゴ・スズキ

極寒の季節、冬中期となる2月にもシーバスの釣果は報告されています。特に河口での釣果が目覚ましく、部分的なポイントを厳選した上での釣果が挙げられています。クリーンセンターなどの工場から排出される温排水は素晴らしいポイント。水温が温かいポイントを狙ってシーバスを狙いに釣りに出かけましょう。

クロダイ・チヌ

クロダイも寒い時期での釣果が報告されています。フカセ釣りやヌカ釣りでの釣果はもちろん、ぶっこみ釣りでの釣果もポツポツと報告されています。ただし、この時期の釣果は数が少ないところを見るに厳しい釣果が続くでしょう。釣れない時は全く釣ることができず、粘り強い方が挑戦した時でも数匹の釣果で落ち着くでしょう。

ワカサギ

2月はワカサギ釣りのベストシーズン。北海道はもちろん、東北でも氷上のワカサギ釣りを楽しむことができます。チョコチョコとした小さな当たりではありますが一日300匹も夢ではありません。また、氷上だけでなく、ドーム船や桟橋、場所によっては貸しボートでワカサギ釣りを楽しめる釣り場も存在します。寒いのが苦手な方、氷上での釣りに不安が残る方は違う釣り場でワカサギ釣りを楽しまれてはいかがでしょうか。

カレイ

冬の味覚、カレイの存在を忘れてはいけません。カレイも寒い時期にシーズンを迎える魚の一つです。12月、1月、2月、3月の寒い時期に産卵のために接岸したカレイを効率よく狙うことができます。中休みと呼ばれる2月の時期はカレイのお休みシーズン。産卵活動真っ只中のカレイは餌を捕食しない傾向にあるので釣果は期待できません。しかし、接岸する時期は冬の短い時期しかありません。中休みとなる2月の時期でもカレイの釣果はポツポツと報告されています。諦めずに積極的に狙っていきましょう。

アジ

水温が著しく低下する2月でもアジの釣果は報告されています。寒い季節になる直前には沖へと向かう印象が強いアジ。しかし、湾内の小規模の回遊ルートを遊泳するアジ、また、大きな群れをはぐれ、湾内へと侵入するアジ、そのまま居付いてしまったアジと様々な個体が存在します。この時期に複数の回遊するアジが確認できる釣り場は一級ポイント。恵まれた釣り場と捉えることができるでしょう。

アイナメ

ブクブクと太ったアイナメを狙うのであれば、2月、3月のアイナメ釣りをおすすめします。11月、12月はエサ取りや外道がポツポツといるのでアイナメが食べる前にエサを食べられてしまうかも。また、この時期には大型のアイナメの釣果が報告されています。力強いアイナメのファイトと美味しい味覚を存分に味わうことができるでしょう。

メジナ・グレ

12月、1月、2月の時期はメジナ釣りを楽しまれる方が多くなるシーズン。一年を通して一番、メジナが美味しく頂けるシーズンと捉えることもできるでしょう。冬のメジナの釣果の差は激しく、全く釣れない時もあれば連続して釣れることもあるほど。また、釣れる個体は良い型が多いのでメジナ釣りのおすすめするシーズンです。

エソ

様々な釣法の外道として知られるエソ。冬の真っ只中ともいえる2月の時期には脂の乗った大型のエソを狙うことができます。波止や堤防、防波堤などの釣りをする上で気軽な環境から遠投するだけで簡単に釣れます。リリースされる方が多いようですがミキサーにかけてダンゴや揚げ物、練り物として利用すれば絶品。美味しく頂くことができるでしょう。

2月に揃えたい釣りグッズ

2月は天候が不安定になりやすい時期。この時期に釣りを楽しむ予定の方は寒さ対策はもちろん、突然の降雪に対応できるように準備を入念にして釣りに挑む必要があります。また、ちょっとした水たまりは薄い氷の膜が張り、滑りやすくなっています。雨や雪が降ると岩、ゴロタ、コンクリートなどの硬質な地面は滑落しやすいので注意が必要です。そこで、2月に揃えておきたい釣りグッズについて注目します。

レインコート・レインウェア

ダイワ(DAIWA) レインマックス レインスーツ DR-33008 ブルーミラー XL

体の保護
レインスーツ

メーカー:ダイワ
サイズ:XL-4XL
素材:ポリエステル・ナイロン

寒い時期におすすめする服装はレインスーツです。水を通さない、また、風をしのげ、保温性もあります。アウターとして利用し、複数のインナーを着こなします。レインスーツは軽いので着こなし方によっては運動もしやすく、シンプルに着こなすことができます。

フィッシンググローブ

釣り フィッシング グローブ 手袋 釣り道具 ゆびなし (バス釣り ルアー 釣り 海釣 川釣 ) nfd 日本正規品 (S, レッド)

手の冷え
フィッシンググローブ

メーカー:nfd
サイズ:S・M・L
素材:PUレザー

釣りを行うと手がカチカチに冷えます。そんな時はフィッシンググローブをおすすめします。できる限り、手の露出する面積を抑え、操作性を損なわないフィンガーレスタイプのグローブも登場しています。

ネックウォーマー

LONG Neck Ver. 3Way フリース マフラー フード ネックウォーマー 帽子 防寒 キャップ フェイスマスク ヘッド ウェア/スキー スノボ 自転車 アウトドア 釣り 首長タイプ (BLACK)

顔の冷え
ネックウォーマー

メーカー:Dhana style
サイズ:フリー
素材:フリース

ネックウォーマーは防寒対策におすすめ。顔の冷え、冷気の遮断、冷えやすい首元をネックウォーマーはサポートしてくれます。息苦しさを感じるのであれば口元のネックウォーマーを外し、使い捨てのマスクをしましょう。引っ張るようなネックウォーマーの締め付けから解放され、快適に過ごすことができます。

ライフジャケット

ダイワ(Daiwa) フローティングベスト フロートゲーム ブラックレッド DF-6206フリーサイズ

救命胴衣
フローティングベスト

メーカー:ダイワ
サイズ:フリー
素材:ポリエステル

春、夏、秋、冬、全ての季節における必須アイテム。冬場の落水は救助に時間が掛かると低体温症によって体温が奪われてしまいます。必然的に冬場の落水事故の方が夏場と比べてリスクが高いことはお分かりいただけるはずです。救命胴衣は必ず装着して釣りに挑みましょう。

耐滑シューズ

[ミドリ安全] 作業靴 耐滑 スニーカー ハイグリップ H711 N メンズ ブラック 26.5 cm 3E

耐滑靴
ハイグリップスニーカー

メーカー:ミドリ安全
サイズ:22.0 – 30.0
原産国:ミャンマー

凍えるような寒さが続くこの時期。ちょっとした水たまりには氷が張り、降雪が降ると雪が溶け、水分となり、釣り人の事故を招きます。滑落すると落水か骨折、運が良くても打撲や裂傷を負ってしまいます。転ばないために靴選びは慎重に行うようにしましょう。

冬に旬を迎える魚達を狙ってみよう!

2月は冬真っ只中。魚達は水温の低下によって活性が低下し、餌を捕食する元気が無くなると共に食いが渋くなります。釣り人にとっては釣果を得辛い時期となるでしょう。しかし、冬の間は釣れないということにはなりません。冬とはいえ、魚達は餌を食べなければ生きていけないからです。釣り場にいる魚達にどのようにアプローチするのか。釣り人の工夫と知恵で極寒シーズンの食いの悪さを補ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク