レディース用の釣りの服装の選び方とは?夏場のおすすめコーデをチェック!

夏はジメジメとした暑さが嫌になる季節。どうしても、軽装で釣りをしたくなります。しかし、女性は紫外線と常に格闘しています。二、三時間、日光を体に浴びてしまうだけで、日焼けから黒シミとなって残ってしまいます。ズバリ、日光は女性の天敵ですよね。

七月、八月、九月の紫外線の多い時期に釣りを行うのであれば、紫外線に気を使った服装をしなければいけません。生活に支障をきたさないような配慮が服装に適応されていれば、日常生活に気を使うことなく、普段通りに過ごすことができるでしょう。

今回、紹介するのは、夏場に釣りを行う上でのレディース用の服装について。夏におすすめするコーデ、気になる服装をチェックしていきます。

そこで、レポ部では・・・
レディース用の釣りの服装の選び方とは?夏場のおすすめコーデをチェック!
をレポートします。

女性が夏に釣りをする上での注意事項!

残念ながら釣りの多くは屋外で行います。室内で釣りを楽しめる施設もありますが現状では数えるほどしかありません。屋外での釣りは日差しがサンサンと降り注ぎます。熱中症のリスクはもちろんのこと、女性であればお肌のケアも必要です。釣りを行う前、また、釣りを行った後に必ずケアを行い、お肌を労わってあげましょう。

日焼けNG!対策を必ず行おう!

女性にとって日焼けはNG!釣りを行う前には日焼け止めを塗りましょう。日焼けクリームは必ず常備し、長時間の釣行となる場合は、効果時間が切れる前に日焼け止めクリームを塗り直します。ヒアルロン酸が配合されている日焼け止めクリームもあるので肌の保湿とUVカットを両立させることができます。肌に優しい成分が含まれた物を選択しましょう。

果物の摂取に注意!ソラレンを含む果物は避ける!

グループフルーツなどの柑橘系の果物にはソラレンと呼ばれる物質が含まれています。ソラレンは光毒性物質。ソラレンを摂取してしまうだけで紫外線を吸収しやすい体を作ってしまうことに。もしも、夏場に釣りを行う予定のある方は、釣りの前にはソラレンを含む果物の摂取は危険ですので必ず摂取しないようにしてください。

日焼け対策には抗酸化物質を!

日焼け対策には抗酸化物質を取り入れると良いとされています。アントシアニン、リコピン、オレウロペイン…。多くの抗酸化物質が存在します。カシスやトマトが代表的。クロロゲン酸を含むコーヒーはシミの抑制に。また、カシスは紫外線が当たることで発生した活性酸素を消す力があるとされています。

女性アングラーから学ぶ!夏の釣りコーディネート

服装のコーディネイトは真似事から始まります。かわいさを追求する人、かっこ良さを追求する人、それぞれのスタイルがあります。しかし、始めては何も分からない状態。そんな時は人のコーディネートを真似して自分のスタイルへと変えていくと自分に合ったスタイルへとたどり着くことができるでしょう。そこで、女性アングラーのコーディネートに注目します。何も分からない状態の方は女性アングラーのコーディネートを参考にして自分のコーディネートを完成させてみてはいかがでしょうか。

秋山 美帆さん

秋山 美帆さんの七月のコーデを見てみます。秋山 美帆さんの場合は良い意味でシンプルな着こなし。季節に合ったコーデをそれぞれのカラーと衣服自体の性能で再現されているように思えます。バラマンディでトップスが良く見えませんが半袖のTシャツに日焼け防止のアームカバーを装着しているようですね。また、ボトムはショートパンツの中にレギンスパンツかタイツといった構成のようです。ライフジャケットはベルト式のライフジャケット。ベルト式のライフジャケットは涼しく、また、腰に掛けるタイプであるだけにファッションに影響を与えません。アームカバーとレギンスパンツ、帽子(ハット)は日焼け防止としても活躍してくれます。また、サファリハットでしょうか。その帽子の色とトップスの色が合わされています。秋山 美帆さんらしい自然なコーディネートですね。

冨士木 耶奈さん

この投稿をInstagramで見る

冨士木 耶奈⚓︎Fujiki kanaさん(@fishing_kana)がシェアした投稿

冨士木 耶奈さんの六月のコーデを見てみます。冨士木 耶奈さんのコーデは若さを活かしたコーディネイト。日焼けなんて気にしない!と感じ取れるような清々しい姿。元気があふれ出ているようにも感じ取れます。ファッション構成はトップスにデザイン柄の半袖のTシャツ。ボトムスにロングパンツを着用しているようですね。ジーパンでしょうか。少し良く見えませんね。腰に結ぶは長袖のトップス。寒ければ羽織ることもできそうですが、どちらかというとファッションの流れに適した付け方だと思います。また、ライフジャケットは肩掛け式のライフジャケットを装着しています。日焼け止めを忘れずに!

石川 文菜さん

この投稿をInstagramで見る

Ayana Ishikawaさん(@bun0404)がシェアした投稿

石川 文菜さんの七月のコーデを見てみます。石川 文菜さんのコーデは可愛らしい探検家スタイル。カジュアルさを失わせないように柄付きのアームガードや探検家のようなサファリハットが選ばれています。アウターは柄付きの白いTシャツ。顔に近い服装のカラーが黒だと暗いイメージが付いてしまいます。しかし、サファリハットのカラーでカジュアルさを保ち、Tシャツのカラーを白色にすることで、石川 文菜さんのイメージを損ねない明るいイメージへと誘導されているような気がしますね。ボトムスは夏のコーデの流行り、ショートパンツとレギンスパンツで構成。また、シューズはショートパンツとレギンスパンツの構成でよく利用されるスニーカーがチョイスされています。

三浦 愛さん

この投稿をInstagramで見る

三浦愛 Ai Miuraさん(@ai_miumiura)がシェアした投稿

三浦 愛さんの七月のコーデを見てみます。三浦 愛さんのコーデは日焼けと快適さを意識した実用的なスタイル。コメント内容を見て判断できるようにラッシュガードを着用しているようですね。このラッシュガードはチャムスというアウトドアブランドから製品化されたマリンスポーツ用のアンダーウェアです。チャムスは日常で使える衣服からアウトドア向けの衣服まで広く製品化しているメーカー。オシャレで実用的な要素を含んだ製品を多く設計しています。ボトムスはロングパンツで構成されているようですね。長めの衣服で日焼け対策を行い、動きやすく、涼しい。まさに、実用的なスタイルです。

蒼井 さやさん

この投稿をInstagramで見る

蒼井さや(さぁや)/BLAUSEAさん(@saya.aoi)がシェアした投稿

蒼井 さやさんの七月のコーデを見てみます。蒼井 さやさんのコーデはUVカットと爽やかさを合体させたガッチリ着こなしスタイル。入念に日焼け対策を行っているようです。蒼井 さやさんは全くと言って肌が露出していません。トップスはポロシャツ。その下にはインナーとして何か着用していますね。ポロシャツは首元のガードが疎かになってしまいがち。インナーでカバーすれば首元も紫外線からガードすることができます。首元から見えるインナーのカラーと肘から手までの衣服のカラーが同じことから推測するにインナーシャツの可能性があります。スポーツインナーであればUVカットを考慮した作りになっているので一枚で広範囲を紫外線から保護することができます。上のインナーシャツは手首までの作りのようなので手の甲と手首はグローブで保護していますね。日焼け対策を完全にこなし、ファッションと両立させた素晴らしいコーディネートであると感じます。

山脇 愛子さん

この投稿をInstagramで見る

山脇 愛子さん(@fishing_nimo)がシェアした投稿

山脇 愛子さんの七月のコーデを見てみます。山脇 愛子さんのコーデは爽やかで冒険家を強調するミリタリースタイル。トップスは背面に海峡丸、前面にニモと書かれたデザインTシャツを着用されていますね。また、紫外線の保護としてアームガードかインナーシャツを着用しているようです。全体にミリタリー柄を使用してしまうとサバイバル意識が強く残る軍事コーデとしての認識が強く残ってしまいます。しかし、部分的にミリタリー柄を採用すれば軍事コーデから探検家コーデに。ガチガチの軍事コーデより、かわいらしさがイメージとして残る素晴らしいアイテムへと変化します。山脇 愛子さんの今回のコーデはハット、パンツ、二枚目の画像ではグローブのそれぞれにミリタリー柄が採用されています。爽やかさと可愛さが残る素晴らしいコーディネートです。

児島 玲子さん

この投稿をInstagramで見る

岡田万里奈さん(@lovendor_okamari)がシェアした投稿

児島 玲子さんのコーデを見てみます。児島 玲子さんのコーデは日常と釣りを両立できる汎用スタイル。ボトムスにジーパン、アウターにウィンドブレーカーという姿で挑んでいるようですね。隣の方も同じような姿から推測するに撮影に合わせたものなのかもしれません。ただ、重ね着スタイルは使い勝手が良いコーディネート。ウィンドブレーカーの中のインナーを着用、着脱するだけで簡単に体温調節が可能です。また、雨が降ってきた時はフードを利用することで頭と体を保護することもできるでしょう。アウターを一枚、その下にインナーを重ね着するファッションは実用性の高いコーディネートの一つです。

夏場のコーディネートのパターン【トップス編】

女性アングラーの方々のコーディネートを拝見するに意外とシンプルに着飾っているように思えます。ポイントとしては夏の暑さに順応できる姿。そして、紫外線に対抗できる要素が夏の釣りコーデのポイントとして盛り込まれているように感じます。まずは、パターン化されたトップスの組み合わせを見てみましょう。

インナー + レインスーツ

レインスーツとレインパンツは一式で販売されています。予め、メーカーによって決められたコーディネートなので「自分でコーディネートするのは面倒くさい」と感じる方には便利なファッションとなるでしょう。また、レインスーツは雨や水に強く、それなりに厚さもあり、頑丈な素材で作られているので転倒しても擦り傷を防止することができます。また、レインスーツは長袖で作られているので簡単にトップを覆うことができます。

Tシャツ + アームガード

涼しく過ごしたい方はTシャツが一番。白色をベースとした柄付きのTシャツであれば安定感が増します。また、露出する腕から手にかけてはアームガードを装着することで日焼けから保護することができます。ワンポイントとしてはアームガードとTシャツの色は合わせないこと。合わせてしまうと全体がキュッと引き締まってスタイリッシュに見える代わりにぎこちない硬いイメージが付いてしまいます。

インナーシャツ + ポロシャツ

インナーシャツを取り入れるだけで楽に釣りコーデを完成させることができます。長袖のインナーシャツの上にポロシャツやTシャツを合わせることで首元の紫外線も防ぐことができます。アウトドア全般で良く利用されているコーディネートです。

インナー + ウィンドブレーカー

インナーのコーディネートに自信が持てない方や長時間の釣行に専念したい方はウィンドブレーカーを取り入れたファッションが良いと思います。ウィンドブレーカーの下に複数のインナーを組み合わせるだけで大丈夫。暑いときはウィンドブレーカーを脱ぐ、また、インナーの数を調整するだけで解決することができます。ウィンドブレーカーの代わりにレインスーツを着用しても良いと思います。

夏場のコーディネートのパターン【ボトムス編】

女性アングラーの方々のインスタグラムやツイッターを見ると分かりやすいのがショートパンツとロングパンツの組み合わせが多いこと。黒のレギンスパンツやタイツの上に柄付きのショートパンツを履くというファッションが定番です。少し恥ずかしい方はレインパンツやカジュアルパンツを履くとしっくりくるはずです。

レインパンツ + インナー

少し濁った色のレインパンツであれば組み合わせは無限大といっていでしょう。レインスーツとレインパンツは一式で販売されていますが合わせ方はその人次第です。レインパンツを単独で利用される方もいれば、反対にレインウェアを単独で利用される方もいます。レインパンツは使い勝手の良いファッションパーツと言えるでしょう。

ショートパンツ + レギンスパンツ

ボトムスの定番はショートパンツとレギンスパンツを組み合わせたスタイル。ショートパンツにすることで若さを保ち、レギンスパンツをショートパンツ下に合わせることでシュッとしたスタイルをキープすることできます。レギンスパンツでなくてもタイツでも応用することができます。コーディネートのイメージとして可愛らしさを取り入れたい方におすすめしたい定番のファッションと言えるでしょう。

夏場のコーディネートのパターン【アクセサリー編】

夏場は紫外線対策と熱中症対策の両方を行わなければいけません。衣服で体に照射する紫外線はカットできたとしても頭や目に照射される紫外線はカットできません。目や頭などの部分的に紫外線が当たる部位を保護するのがアクセサリーです。

サファリハット

[ココマリ] サファリハット UVカット つば広 帽子 日除け 紫外線 日焼け 対策 ブーニー ハット 帽 アウトドア レディース (ベージュ)

頭の保護
サファリハット

メーカー:ココマリ
頭囲:54-58(cm)
素材構成:合繊

定番のサファリハット。ちょっと冒険に来ました!って感じの雰囲気をさり気なく作ってくれる帽子です。ベージュカラーはシンプルでオーソドックス。いろんなファッションと合いやすいカラー。ネイビーやボルドーは若い人のアレンジカラーとして喜ばれやすい色です。

サンバイザー

[キャロウェイ] [レディース] 定番 ロゴ入り サンバイザー (サイズ調整)[ 241-9984811 / BASIC VISOR WOMEN ] 帽子 ゴルフ 090_ピンク 日本 FR (FREE サイズ)

頭の保護
サンバイザー

メーカー:キャロウェイ
サイズ:フリー
素材構成:コットン100%

サンバイザーも注目を集めています。特にロゴ入りのサンバイザーの注目度は高く、無地のサンバイザーよりも可愛さを引き立てることができます。キャロウェイはゴルフメーカーですがロゴ入りのサンバイザーを多く開発しています。ちょっとしたアクセントに良いかもしれませんよ。

ベースボールキャップ

[モニコ] キャップ 帽子 レディース メンズ CAP 男女兼用 ローキャップ カーブキャップ ジェットキャップ mq17102-イエロー

頭の保護
ベースボールキャップ

メーカー:モニコ
頭周り:54~62(cm)
素材:コットン100%

ベースボールキャップはその人の雰囲気にそっと合わせてくれるアイテム。笑顔が素敵なほんわかタイプが被ると可愛さが惹きたてられ、大人の女性やお姉さん気質の方が被るとカッコいい雰囲気を自然に惹きたててくれます。また、ツバ付きなので顔の広い範囲に影を作り、目付近に照射される紫外線を防いでくれます。

フィッシンググローブ

Shipsmast(シップスマスト) フィッシンググローブ ピンク×ホワイト G08-PWH (L)

手の保護
フィッシンググローブ

メーカー:シップスマスト
サイズ:S・M・L
素材:合成皮革&特殊ラバー

女性アングラーの方々のために作られたフィッシンググローブ。シップスマストはレディース用の衣服を手掛けるメーカーです。キャスティング・ジギング用に設計された頑丈なグローブで適度にストレッチ性の利いた可愛らしいフィッシンググローブです。手の甲の日焼け防止に役立てることができます。

フィッシンググローブ(フィンガーレスタイプ)

Shipsmast(シップスマスト) UVカットグローブ3Cタイプ スターカモ ピンク G09-PK (L)

手の保護
フィンガーレスグローブ

メーカー:シップスマスト
サイズ:M・L
素材:吸汗速乾性素材

シップスマストのフィンガーレスグローブです。UVカット素材、吸汗速乾性、消臭性の三つの要素が一つのグローブに詰め込まれています。親指、人差し指、中指が露出するフィンガーレスタイプとなっており、涼し気に過ごすことができます。

偏光サングラス

コールマン レディース サングラス CLA01-2

目の保護
偏光サングラス

メーカー:コールマン
サイズ:フリー
偏光度:99(%)

偏光サングラスを付けることで目の保護を行うことができます。また、ちょっとしたサングラスを掛けることでシックな印象を相手に抱かせることができます。UVカットが施されたサングラスを選択するようにしましょう。

女性用の衣服は少ない!大丈夫です!

釣りといえば男性!というイメージは昔の話。今ではアングラーズアイドルとしての地位もあるだけに釣りジャンルでの女性の活躍も気逃せません。しかし、ファッションとなると話は別。釣りジャンルは男性用の衣服は数多く開発されているものの、釣りを主旨とした女性向けの衣服は数えるほどしかありません。だけど、安心してください。これは、ちょっとした工夫で解決できる問題。男性用として設計された衣服でもツーサイズ下を着てサイズを調整したり、ハイキングや登山用の衣服であればレディースも豊富に用意されているのでアウトドア用品全体として見れば選択の幅を広げることができます。

釣りコーデに応用できるジャンルとは?

残念ながら女性用に設計、開発された釣りに関する衣服や靴、小物は多くありません。釣りという遊びは男性が大半を占めています。これは、男女個々に合った需要を追求するよりも、全体の需用の多さを見て決定した結果であるように思えます。単純に女性の釣り人が男性よりも少ないことが要因なのでしょう。ただ、安心してください。そのような場合は違うアウトドアジャンルの衣服や靴を応用して着ることで解決することができます。

 応用できるジャンル
  • ゴルフ(夏場の衣服・帽子など)
    • インナー・ショートパンツ・トップスなど
  • 登山・ハイキング(冬、夏の衣服・靴など)
    • バッグ・リュックなど
  • テニス(衣服・パンツ・帽子など)
    • ショートパンツ・トップスなど
  • アウトドアブランド(衣服・靴・鞄・帽子など)
    • モンベル・チャムス・コロンビアなど
  • スキーウェア(防寒着など)

夏のコーデはどれにする?

釣りという遊びは身の回りに沢山のツールを置いた方が取り返しが良くなるために実用性だけを意識してしまいがち。しかし、夏場に実用性を意識してしまうと重装備となり、結果、動きにくく、蒸れるような暑い恰好となってしまいます。終始、気持ちよく釣りを楽しむためには自分のスタイルで釣りを楽しむこと。軽快に動けることを意識したコーディネート作りも大切であると感じます。さて、自分に合ったコーディネートは見つかりましたか?夏本番に向けて自分のファッションを見つけ出してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク