ライトロックフィッシュにおすすめのワーム10選!根魚に効果抜群の疑似餌を選抜!

釣り場として人気の高い防波堤や堤防、漁港…。そんな足場の安定した場所で根魚釣りを楽しめるライトロックフィッシュは小さいお子様から大人の方まで多くの方が楽しむことができる釣り。ライトロックフィッシュは小さい根魚でも強い引きを体感することができます。

そんなライトロックフィッシュはアジングやメバリングなどのライトゲーム用の竿で楽しむことができるので、元々、ライトゲームを楽しまれている方は竿を新調する必要はありません。そのままのタックルでライトロックフィッシュを楽しむことができるでしょう。

今回、紹介するのは、ライトロックフィッシュで実績の高いワームの数々。ライトゲームを楽しんでいるものの、目当ての魚が釣れないし釣果が伸びない…、このようにお思いの方は少し主旨を変更して根魚釣りにシフトしてみてはいかがでしょうか。

そこで、レポ部では・・・
ライトロックフィッシュにおすすめのワーム10選!根魚に効果抜群の疑似餌を選抜!
をレポートします。

ライトロックフィッシュとは?

ライトロックフィッシュはライトタックルを利用して根魚を釣り方です。ロックフィッシュゲームで使われる竿はミディアムライト(ML)やミディアム(M)間が多いのに対し、ライトロックフィッシュではライトゲームカテゴリーで利用される繊細な竿を利用します。ウルトラライト(UL)やライト(L)といった竿自体が繊細で、細く、穂先が柔らかい竿を利用することで小さい根魚でもパワフルな強いファイトを楽しむことができます。

詳しく知りたい方へ

アジングやメバリングなどのライトゲームが普及する中、また、新たなライトゲームジャンルに位置するルアーゲームが登場しました。カサゴ、アイナメ、ハ...

ライトロックフィッシュの仕掛け

根魚を主旨として狙うライトロックフィッシュゲームではライトゲームジャンルに位置したアジ、メバル用の竿を利用します。ライトゲーム用の繊細な竿を利用することで小さな当たりでも強いやり取りを楽しむことができるのがライトロックフィッシュでの楽しみと言っても良いでしょう。そこで、入門者の方から中級者の方に向けたタックルの例をご紹介します。それぞれのタックルに注目していきましょう。

入門者におすすめの仕掛け

ライトロックフィッシュ入門者の方はストレスを感じさせない仕掛けをおすすめします。メインラインにはフロロカーボンラインを単体で利用することで各種リグに手返し良くラインを結ぶことができます。また、ソリッドティップを利用することで根魚の口元へと伝わる違和感を少なくさせ、根に潜る動作を遅らせることができます。基本、ただ巻きを行い、当たりが来てもリールを止めてはいけません。リールを止めてしまうと根に潜る動作を補助してしまうことになります。ただ巻きだけでシンプルに根魚を釣り上げることができる便利な仕掛けです。

この仕掛けのデメリットは単調的になること。ソリッドティップの穂先でアクションを行うと穂先が柔らかいがゆえに動きを吸収してしまい、のっしりとしたアクションになってしまいます。つまり、ただ巻きを主体として根魚を誘うことになります。ソリッドディップの竿はキビキビとした動きを行うことができません。また、ソリッドティップはチューブラーディップのように穂先が空洞ではないため、伝わる感度がチューブラーディップと比べると、どうしても劣ってしまいます。ただ、ソリッドティップの鈍感さがゆえにワームを回収すると小さい根魚が釣れていたということも珍しくはありません。次に、外道や根魚のサイズ、環境に対し、臨機応変に対応できないこと。フロロカーボンラインをリーダー兼メインラインとするこの仕掛けはラインのサイズが固定されてしまいます。陸っぱりからはカマスやタチウオが回遊してくることもあります。また、地形の凹凸が激しい場所では根ズレが頻繁に起こります。つまり、単一のラインシステムではそれらの障害に対応することができないと言えるでしょう。心配であれば太いラインを利用しましょう。

中級者におすすめの仕掛け

ライトロックフィッシュに慣れてきた方におすすめするのはライトロックフィッシュのゲーム性に注視し、臨機応変に対応できる仕掛けです。チューブラーディップを利用することで竿の構造に一貫性が生まれ、手元に伝達される感度を高めることができます。また、メインラインとショックリーダーを使い分けることで環境に合ったラインシステムを即座に組み上げることができます。そして、竿の硬さを上げることでジグヘッドだけでなく、小型のメタルジグやバイブレーション、各種リグの幅を広げることができます。ライトロックフィッシュではクロー系ワームやホッグ系ワーム等の様々なワームを利用します。甲殻類系のワームはボリューム感があり、単体でそれなりの重さを備えています。リグによっては5.0(g)を超える仕掛けになりかねません。ジグヘッドだけでなく、様々なリグを利用したいとお思いの方におすすめする仕掛けです。

この仕掛けのデメリットはライントラブルが起きた時に素早く対応できないこと。ライトロックフィッシュでは、しつこい根掛かりも起こります。メインラインごとカットして根掛かりを解くことも珍しくはありません。その場合、またラインシステムを始めから作り直すことになります。また、勝手にフッキングすることもありますが基本的にチューブラーディップは掛け調子なので当たりが来たら積極的に合わせを入れていきます。根魚は違和感を感じると直ぐに根に隠れてしまいます。完全に住処に潜られると手の付けようがありません。鰓(エラ)を使って凄い力で体を固定するので結局は釣り糸を切ることになるでしょう。チューブラーディップは当たりを弾きやすい張りのある穂先をしているのでフッキングを確認したら素早く海底から引き離さなければなりません。一瞬の迷いで釣果を失うことになりかねないので素早く対処しましょう。

ライトロックフィッシュにおすすめのワーム10選!

ライトロックフィッシュを釣る上で必要なことは集魚剤が配合されたワームを利用すること。フォミュラーが配合されたものや特殊な液体に浸けられたワームを利用することを推奨します。フォミュラーが配合されたワームと通常のワームとでは明らかに根魚の食いが違います。最短で釣果を得たい方にもおすすめします。

ライトロックフィッシュで良く利用されるホッグ系ワームやクロー系ワームは単体で、それなりの重さを備えてます。ジグヘッドリグやテキサスリグ、ダウンショットリグなどのおもりを利用した仕掛けを利用する場合はお持ちの竿で扱えるルアーの許容範囲(錘負荷)を超えないように注意をしましょう。[1]

ベビーサーディン

Berkley(バークレー) ワーム ガルプ! SWベビーサーディン 2インチ G2SQBS2-CLP クリアピンク 2インチ

ジグヘッド
ベビーサーディン

メーカー:バークレイ
集魚剤:液体入り
個数:18(個)

根魚に定評のあるベビーサーディン。小イワシの姿を真似た集魚効果抜群の生分解ワームです。自然分解なので環境にも配慮されています。ジグヘッドリグやオフセットフックの両方にも利用できるのでライトロックフィッシュでは使い勝手が良いワーム。ベビーサーディンを付けたジグヘッドで海底をズルズルと引いてくるだけでカサゴやメバルは食べてきます。

サンドワーム(細身)

バークレイ(Berkley) ワーム ガルプ!サンドワーム4 イソメ細身ミニゴカイ(MOR)

ジグヘッド
サンドワーム(細身)

メーカー:バークレイ
集魚剤:液体入り
個数:10(個)

バークレイのサンドワームです。細身タイプのサンドワームです。イソメというよりも細さからゴカイに近い使い方が可能なワームです。シンプルにジグヘッドに装着して誘うことができます。アジに定評のある本製品はカサゴやメバルにも有効的。名前がサンドワームというように海底でズル引きをするとニョロニョロと這うような動きを再現してくれます。また、本体は長いのでカットすることで魚の口のサイズに合わせることができます。ただ、ニョロニョロ感を失わせたくなければカットせずにそのまま利用することをおすすめします。

ジギンググラブ

Berkley(バークレー) ワーム ガルプ! SWジギンググラブ 1.5インチ G2SQJG1.5-CH チャートリュース

ジグヘッド
ジギンググラブ

メーカー:バークレイ
集魚剤:液体入り
個数:20(個)

バークレイのジギンググラブです。バークレイのガルプシリーズの中での一押しで1.5(inch)ながらも強い存在感を示してくれるカーリーテール系ワームです。カーリーテールが水流を起こし、暴れまわってくれます。また、メバル用に開発された大きさなのでジグヘッドとの相性は抜群。そして、ガルプシリーズの集魚力。ライトロックフィッシュでは主役級の効果を発揮できる匂い付きワームだと実感しています。

活メバルSTグラブ

エコギア(Ecogear) ワーム アクア 活メバル STグラブ 2インチ A11 アトラクティブオレンジグロウ(夜光)

ジグヘッド
活メバルSTグラブ

メーカー:エコギア
集魚剤:液体入り
個数:10(個)

エコギアの活メバルSTグラブです。アクアシリーズを強化した熟成アクアシリーズから登場した活メバルSTグラブはメバル専用に設計されたピンテールワーム。しかし、メバルだけでなく、カサゴやハゼ、ハタ系の釣果も数多く報告されています。シュッとした直線的な形状はジグヘッドリグとの相性が抜群。根魚全般に定評のある熟成アクアシリーズの集魚成分が配合されているのでライトロックフィッシュでは使いやすく最適なワームであると言えるでしょう。

パワーイソメ

マルキュー(MARUKYU) パワーイソメ ソフト (中) 桜イソメ(夜光)

ジグヘッド
パワーイソメ

メーカー:マルキュー
集魚剤:液体入り
個数:15(個)

マルキューのパワーイソメです。オーソドックスなのは緑色のパワーイソメ。釣具屋さんにも良く置かれている品です。マルキューのパワーイソメは根魚にかなり好評。エサ釣りの生餌の代わりにマルキューのパワーイソメを利用される釣り人も絶えません。ライトロックフィッシュの場合はカットせずにそのまま利用するのをおすすめします。存在感を示し、多くの液体を周りへと拡散させて誘ってみましょう。

サンドワーム

バークレイ(Berkley) ワーム ガルプ! サンドワーム2インチ 青イソメ GSSW2-C

ジグヘッド
サンドワーム

メーカー:バークレイ
集魚剤:液体入り
個数:24(個)

バークレイのサンドワームです。イソメに似た姿をしたサンドワームはライトゲーム全般で人気の高いワームです。ベビーサーディンの登場で人気が衰えたと思いきや、だいぶ日数が経過した今も尚、釣り人からは高い支持を得ています。特にジグヘッドリグやラバージグとの相性は抜群。また、サンドワームは張りがあるからか餌持ちの良いので安心。ガッツリ食べてきても千切れずに返ってくることが多いので節約的に利用することができるでしょう。

バグアンツ

エコギア(Ecogear) ワーム 熟成アクア バグアンツ 2インチ 56mm ホヤイエロー J04 ルアー

オフセット
バグアンツ

メーカー:エコギア
集魚剤:液体入り
個数:10(個)

エコギアのバグアンツ。甲殻類ベイトを真似た姿はリアリティ抜群。数ある甲殻類ベイトの中でもボリューム感ある設計となっているだけに存在感があります。ただ、ボリューム感ある設計だけにライトロックフィッシュでは緻密なリグ組みが必要です。とはいえ、ダウンショットリグやテキサスリグなどのリグではかなり使用頻度が高いワーム。ただ巻きはもちろん、ボトムバンピング時の食いが圧倒的に多い海底でのアクションに向いたワームです。

根魚大将

スミス(SMITH LTD) ワーム 根魚大将 2.8インチ 約2.2g ピンク/シルバー #54 ルアー

オフセット
根魚大将

メーカー:スミス
集魚剤:パウダー入り
個数:8(個)

スミスの根魚大将。ロックフィッシュゲームでは多くの釣り人に使われている有名なワームです。甲殻類ベイトの中では肉厚で大きいです。また、甲殻類系パウダーがマテリアルに贅沢に詰め込まれているので存在感だけでなく、集魚効果も広い範囲に伝えることができます。ただ、単体で2.0(g)以上の重さを持っているのでライトロックフィッシュで利用する繊細なタックルではリグ組みに気を使う必要があります。[1]

ロッククロー

エコギア(Ecogear) ワーム 熟成アクア ロッククロー 2.5インチ(62mm) ホヤイエロー J04 ルアー

オフセット
ロッククロー

メーカー:エコギア
集魚剤:液体入り
個数:10(個)

エコギアのロッククロー。ロッククローも根魚に定評のあるワームです。ただし、熟成アクアシリーズのロッククローは2.0(inch)が登場していません。熟成アクアシリーズのロッククローは2.5(inch)と少し大きいサイズとなるものの、オフセットフックとの相性は抜群です。集魚成分が付いているのといないのとでは雲仙の差。釣果を伸ばしたい方は熟成アクアシリーズのロッククローを選択することをおすすめします。

パワークラブ

マルキュー(MARUKYU) パワークラブ(M)茶ガニ 0526

マルチ
パワークラブ

メーカー:マルキュー
集魚剤:液体入り
個数:10(個)

マルキューのパワークラブ。小ガニの姿をしたパワークラブは特定のポイントを探索する場合に便利。ジカリグにパワークラブを装着して障害物の隙間へとキャスト。ガッツリと根魚が食らい付いてきます。また、テトラ周りでの釣果が多く報告されています。穴が多いテトラ周辺はパワークラブを特定のリグに採用してドボンと落とし込んでみましょう。

根魚用に抜群の集魚剤入りワームを自作しよう!

根魚専用のワームを揃えなくてもお持ちのワームに集魚効果を付加することもできます。ご自宅にワームが有り余っている場合は専用の集魚剤を揃えることで手軽にお持ちのワームに集魚力を持たせることができます。有り余っているワームを利用する際には少し工夫をこなすだけで根魚専用のワームへと変貌させることが可能です。

ルアー、ワーム用のフォミュラーを紹介!

チヌパワーやチヌテン、グレテン等のエサ釣りに利用される印象が強い集魚剤。実はプラスチック樹脂や自然分解素材を利用して釣るルアーやワームを利用し...

ライトロックフィッシュを釣ってみよう!

ライトロックフィッシュはライトゲームジャンルに入る釣法。一見、根魚の引きに耐えられるかどうか不安になるタックル構成ではあるものの、その繊細さが根魚とのファイトをより楽しくしてくれます。外道として名高い根魚。是非、ライトロックフィッシュに興味を持たれた方は根魚を主旨として狙ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク