堤防からのキス釣り入門!シロギスのシーズンから仕掛け、釣り方に至るまで徹底解説!

夏が始まるとキス釣りのシーズン開幕。体が透き通って見えるシロギスの姿は海の宝石とも呼ばれるほどに幻想的。釣っても楽しい、食べても美味しい、キス釣りは釣りの醍醐味を存分に堪能できる釣り方です。

今回、紹介するのは、キス釣りの釣り方から仕掛け、釣れない時に試したい工夫について。シロギスのウンチクやキス釣りのノウハウを交えながら紹介していきます。キス釣りのシーズンは初夏から晩秋まで。限られた時間しか満足した釣果を得ることができません。

少しでもキス釣りに興味をお持ちの方は今年の夏から秋にかけてのキス釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。それでは、早速、解説していきましょう。

そこで、レポ部では・・・
堤防からのキス釣り入門!シロギスのシーズンから仕掛け、釣り方に至るまで徹底解説!
をレポートします。

キス釣りの主役「シロギス」とは?

キス釣りの主役であるシロギスは浅い海の砂浜を好んで生息するお魚。シロギスの産卵期は春から夏まで。この時期のシロギスは産卵のため、より浅瀬へと接岸するようになります。釣り人がキス釣りを行うのは産卵によって接岸する時期。防波堤や堤防、砂浜などの様々な陸地ポイントからシロギスを狙うことができます。

砂地は絶好のポイント!

シロギスは砂底を好んで生活するお魚。シロギスの餌とシロギスの住処は密接な関係にあります。シロギスの主な餌は多毛類。ゴカイやイソメ等の多毛類は砂の中に隠れており、その多毛類を探して捕食しています。また、海底は遊泳能力の無い甲殻類が普段から歩いている場所。海底はキスにとって絶好の捕食場所を提供してくれています。

キス釣りのシーズン

キス釣りは一年中楽しめる釣り方と言われていますが実際には真冬の時期にキス釣りを楽しまれる方はほとんどいません。キス釣りには最適な時期というものがあります。キス釣りの最適なシーズンは六月から九月の期間。これは産卵期間に接岸するキスを狙ったもの。キスの産卵期は梅雨終わりから晩秋にかけて。このシーズンを的確に狙って釣りを実行することで本格的なキス釣りのシーズンに合わせて釣りを行うことができます。

キス釣りの場所とポイント

キス釣りのポイントは砂浜がベストポイント。しかし、大きいキスの場合は何故か砂浜でなく、釣り人のメジャースポットとして知られる堤防や防波堤からも存在が確認されています。砂浜一つにポイントを絞ることなく、幅広い視野でキスの動向を探るためにいろんなポイントでキス釣りを楽しんでみましょう。そこで、キス釣りに実績のある場所や地形、ポイントを集めてみました。早速、紹介していきましょう。

砂浜

キス釣りにおけるメジャーポイント。砂地を好んで生息するキスの絶好のポイントです。また、釣り人が仕掛けを投げる上で障害物が少ないのでフルスイングでキャストすることが可能。後ろの方との接触事故は防波堤や堤防、釣り公園でよく見られる光景。砂浜は窮屈な思いをすることなく、爽快な気分で釣りを楽しむことができます。

堤防

沖に面した堤防はキス釣りのメジャーポイント。足元が安定した堤防は人気が高い釣りスポットです。ただ、沖に面した堤防は風通しが良いので向かい風となる場合も。風通しが良く強い風が吹き抜けるので追い風を味方にすることがキス釣りでの飛距離をあげる一つのポイントです。風の動向を利用することで更に誘える幅が広くなるでしょう。

地磯

地磯とは陸地に繋がった磯のこと。少しでも飛距離を伸ばしたい方は地磯での投げ釣りに挑まれます。磯場は潮の出入りが激しいだけでなく、足場も不安定です。ポイントとしては第一級として知られていますが、装備を整えた上で釣りを行いましょう。

河口

河口もキス釣りにおけるポイントの一つ。河口は海水と淡水が混ざり合うだけでなく、キスの好む「砂」も一緒に混ざり合っています。そのため、河口付近は砂地であることが多く、キスの絶好の住処となっています。また、河口は有機物質の集まりである生活排水が集合する場所で植物プランクトンが多く発生しています。そのプランクトンを捕食するために多くの小魚が集合する釣りに最適なポジションを生み出しています。

キス釣りに利用する餌

おすすめの餌
  • 石ゴカイ
  • 青イソメ
  • マムシ
  • オキアミ
  • イカゲソ
  • etc

キス釣りに利用する餌は多毛類。ゴカイやアオイソメ、マムシといった虫系の餌を利用します。キス釣り入門者の方はゴカイの利用をおすすめします。また、虫系の餌が苦手な方はメジャーなオキアミやスーパーで販売されているイカのゲソでも大丈夫。もちろん、人口餌でも釣果が期待できるので女性の方でもキス釣りを楽しむことができます。

キス釣りの仕掛け

一言にキス釣りといってもキスを狙うための仕掛けは数多く存在しています。ここで重要なことは難しい仕掛けを組めばキスが沢山釣れるということはありません。肝心なことは自分に合った仕掛けでキス釣りにチャレンジすること。そこで、キス釣りに利用される簡単な仕掛けを紹介していきます。理想の仕掛けが見つかりますように。

ジェット天秤

ジェット天秤を利用した投げ釣りの仕掛けです。本格的にキス釣りを楽しみたい方やキス釣り入門者の方にぴったりな仕掛けです。針の先に餌を装着し、ジェット天秤のおもりの重さで遠投することができます。ジェット天秤は先の糸と天秤の絡みを防止。トラブルを無くす構造でライン同士の絡みを防いでくれるのでストレス無く楽しむことができます。

片テンビン

片テンビンを利用した仕掛けです。ライン同士の絡みによるトラブルを回避するメリットはもちろん、片テンビンには留め金によって、おもりが着脱できる物も登場しています。おもりの調整が楽に行えるので片テンビンを利用される方も多くいらっしゃいます。

丸型・長型おもり

キス釣り用のぶっこみ釣りの仕掛けです。おもりには中通しおもりや丸おもりを使用してキャスト時のサルカンへの負荷をゴム管で軽減することができます。ハリスと針に関しては胴突き仕掛けや投げ釣りの仕掛けの分岐した部分を一つ一つカットすることで節約的に利用することができます。

キス釣りに必要な道具

キス釣りに利用される道具は投げ釣りで利用されるもの。お高い釣具は必要ありません。竿、リール、仕掛け、釣り餌など、必要最低限の釣具を揃えるだけでキス釣りを楽しむことができます。そこで、キス釣りに必要な道具を紹介していきましょう。

投げ釣り用の竿

シマノ(SHIMANO) 投げ竿 17 ホリデースピン ショートモデル (振出) 335HXTS

竿
ホリデーショートスピン

メーカー:シマノ
おもり負荷:10-20(号)
長さ:3.35(m)

シマノのホリデーショートスピン。釣り入門者の方に強くおすすめする振出竿です。振出竿なのでコンパクトに収納することができ、持ち運びは楽々。ジェット天秤や片テンビン等の仕掛けに収まる10-20(号)と広い幅のおもりを扱うことが可能。カーボン製で女性でも気軽に利用することができます。

リール

シマノ (SHIMANO) リール アリビオ C3000 3号150m 糸付

リール
アリビオ 3000C

メーカー:シマノ
ギア比:5.2:1
自重:260(g)

シマノのアリビオです。シマノのリールの中ではバリュープライスリールに位置するリールで釣り入門者の方の多くが利用しています。おすすめする理由として、投げ釣りの応用できる3(号)の釣り糸が予め巻かれていること。釣り糸を用意する必要はありません。キス釣りではピッタリとも言える150(m)で3(号)の釣り糸が巻かれています。

ジェット天秤

第一精工 キング天秤3P 15号

天秤
キング天秤

メーカー:第一精工
仕様:パック
本数:3(本)

第一精工のキング天秤です。ジェット天秤では珍しい10(号)以上のバリエーションが揃っています。男性の方のベースは15(号)から利用します。女性は10(号)をベースに利用していきます。少し距離が足りないなと感じる方はジェット天秤の重さを上げていきましょう。

針数は2本が基本、慣れたら3、4本にする!

キス釣りで利用する針はキス針です。市販の仕掛けの基本の号数は6(号)をベースに使います。20(cm)を超えるキスが釣れているようであれば7(号)の利用。25(cm)を超えるキスが釣れているようであれば8(号)の仕掛けへと変更します。また、釣針の本数は2(本)をベースとして利用します。針数が多いとその分、仕掛けが枝分かれし、ライン同士の絡みも多くなります。キス釣り入門者の方の針数は2(本)を選ぶことを強くおすすめします。

鈴なり仕掛け キスR(2本)

OWNER(オーナー) 鈴なり仕掛キスR 2本 9-2-3

針:2
鈴なり仕掛け キスR

メーカー:ささめ
対象:キス
組数:3(組)

筆者が愛用するキス針です。このシリーズは青パッケージが2(本)と赤パッケージ3(本)と針数が分かれています。お間違えの無いように。初めての内はパッケージ青の2本をチョイス。ラインの絡みが少なくなってきたら針数が1(本)多い赤のパッケージを利用してみましょう。

鈴なり仕掛け キスR(3本)

OWNER(オーナー) 鈴なり仕掛キスR 3本 5-0.8-2

針:3
鈴なり仕掛け キスR(3本)

メーカー:ささめ
対象:キス
組数:3(組)

鈴なり仕掛けのキス仕掛けの赤パッケージは針数が3(本)です。お間違えのないように。筆者はこの赤パッケージを利用しています。ただ、釣り糸同士の絡みが多くなるようでしたら、青パッケージに戻すことをおすすめします。一番、安定するのは青パッケージです。

キス釣りの方法とアクション

キス釣りは仕掛けを投げてキスを誘います。それほど難しく考える必要はありません。そこで、ステップ毎のキス釣りのアクションについて迫ります。キス釣り入門者や初心者の方はキス釣りにおけるステップを身に付けてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Mission.1 遠投する

仕掛けを遠投します。この時に遠投する距離が長いほど広範囲のキスを探し出すことができます。遠投のコツはおもりを利用して振り子の要領で投げること。そして、釣り糸を仮固定した人差し指を離す時は少し早めに離してみましょう。

Mission.2 着底を確認する

仕掛けは必ず着底させます。キス釣りでは海底を這うようにアクションを行うので着底前にリールを操作してしまうとキスが住む海底から外れた層で仕掛けを引いてくることになります。必ず、着底したことを確認してからリールを返しましょう。

Mission.3 釣り糸を張る

少し竿を立てて釣り糸を張ります。竿の位置は当たりを取りやすい45度の位置を維持しておきましょう。竿を立てることで小さなキスの当たりも竿先で感じ取れるようになります。慣れてくるとキスと外道の当たりの違いが直ぐに分かるようになりますよ。

Mission.4 ゆっくりとリールを巻く

釣り糸を張ったらゆっくりとリールを巻いてきます。慌てずにゆったりとした速度でリールを巻き取りましょう。また、巻き取る際にはメリハリを付けると良し。時々、リールを止めてキスが食べてくれる間を任意で与えてあげましょう。

Mission.5 釣れるまで続ける

当たりが来ると「ククッ」っと竿先が揺さぶられます。また、手元も少しの振動が伝わればキスが餌を食べている合図。軽く竿先を立てて合わせを入れましょう。手首を捻るように竿先を立てるだけでしっかりとキスの口元に針が刺さります。この一連の動作で釣れなければ、また、最初のステップから繰り返すことでいつかは釣れる時が来るでしょう。

キス釣りを楽しもう!

キス釣りはウキを利用しません。極端にいえばおもりと針とハリスだけで大まかな仕掛けを組み上げることができます。ウキを利用してしまうと仕掛けが複雑になってしまいがちですがキス釣りは海底を軸として誘う釣り方なのでシンプルに仕掛けを組み上げることができます。つまり、釣り入門者の方にはキス釣りはぴったり。もしも、キス釣りに興味をお持ちの方は夏場から晩秋にかけてキス釣りを楽しまれてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク