6月に釣れる魚とは?その魚の特徴とおすすめの釣り方を徹底解説!

本格的な真夏に入る前の涼やかなシーズン。真夏のような蒸されるような暑さだけでなく、すやすやとした涼しさも感じ取れる貴重なシーズンです。日中はもちろん、夜中の釣行も涼しく過ごすことができるので釣り人は快適に釣りを楽しむことができるでしょう。

さて、釣り人にとっては見逃すことができないシーズンの6月は釣りのしやすさから多くの釣り人が釣りに出かけます。これから釣りに出かけようと思っているアナタ。その前に6月に釣れる魚達を予め調査した上で釣りに出かけてみてはいかがでしょうか。

今回、紹介するのは、6月に釣れる魚達とその魚達に合った釣法。画像付きでその魚達を紹介すると共にちょっとしたワンポイントアドバイスを沿えて解説していきます。

そこで、レポ部では・・・
6月に釣れる魚とは?その魚の特徴とおすすめの釣り方を徹底解説!
をレポートします。

5月、6月は梅雨の時期

5月、6月といえば梅雨。雨が連続して降る梅雨の時期は釣りの分かれ道と言われているほどに魚達の反応の良し悪しに大きく分かれる時期としても知られています。産卵後の栄養を付けるために荒食いする魚達、逆に産卵後の疲労した体を休憩させるために食いが悪くなる魚達。二つの個体が混じり合った6月の梅雨の時期。この時期の魚達はシビアなので釣果の変化が激しくなる時期と捉えることができるでしょう。

釣果の分かれ道?より良い釣果を得るには?

6月により良い釣果を期待するのであれば情報を多く仕入れることです。釣具屋さん、エサ屋さん、インターネットの情報、できる限りの情報を仕入れることで、そのポイントの釣果情報を前もって知ることができるでしょう。一見、釣りのしやすい時期に見える6月の落とし穴は魚達の気分で釣果が大きく左右されること。この気分の見極めこそ、6月により良い釣果を残すことができる秘訣ではないでしょうか。

6月は足場に注意!すってんころりん!

この時期は足場に注意しましょう。梅雨の時期は雨量も多くなります。気温も上昇し始め、海沿いには青々としたコケが発生します。テトラ・岩場・磯場…。濡れた足場に注意し、滑らない靴や怪我を防ぐように長袖を利用することをおすすめします。

6月に釣れる魚達

春夏秋冬の季節毎に釣れる魚達は多く紹介されているものの、魚達のベストシーズンのみを考えるのであれば月毎に捉えた方が分かりやすく明快な釣行日を決定することができます。そこで、6月がベストシーズンに入る魚達を集めてみました。直ぐに釣果を出したい方や数日後に釣りに出かける方は一つの参考にしてみてはいかがでしょうか。

キス

おすすめの釣法
  • 投げ釣り
  • ちょい投げ釣り
  • ミャク釣り
  • etc

6月はキス釣りが凄い!基本的にキスは寒い冬場には姿こそ現さないものの、気温や水温が温かくなるにつれて姿を見せるようになります。キスは夏の季節の産卵のために砂場や沿岸に接岸してきます。6月には産卵前の大きい尺サイズのキスを狙うことができます。

アオリイカ

おすすめの釣法
  • ヤエン釣り
  • エギング
  • etc

6月はアオリイカも熱い!エギと呼ばれる疑似餌を利用する釣り方で一世を風靡したエギング。しかし、最近ではエギングから徐々にヤエン釣りへとシフトする方を多く見かけます。アオリイカの旬は春と秋。内、ポカポカとした春の気温のど真ん中ともいえる6月はアオリイカはベストシーズンに入ります。

メジナ

おすすめの釣法
  • フカセ釣り
  • ヌカ釣り
  • 紀州釣り
  • etc

6月といえばメジナ。別名ではグレと呼ばれている魚です。産卵を終えて休息したメジナは梅雨時期になると体力が回復し、餌を摂取し始めます。丁度、6月の時期はメジナの食いが活発になる時期です。水温が温かくなるこの時期は浅瀬への侵入も珍しいことではありません。沖磯に留まらず、地磯や堤防でもメジナの存在を確認することができます。

ナマズ

おすすめの釣法
  • ウキ釣り
  • ポカン釣り
  • ぶっこみ釣り
  • etc

冬を越えるためにナマズは水温が安定した深場(本流)から産卵のために浅いポイント(支流や水路等)にやってきます。つまり、よりナマズが生活圏に接近してきます。少し水深が深いポイントを好むと言われているナマズ。しかし、6月のナマズは既に支流や水路に居付いていることも多いので有効的な時期だと捉えることができるでしょう。

マダコ

おすすめの釣法
  • テンヤ釣り
  • オクトパッシング
  • etc

6月はマダコのベストシーズンです。マダコの産卵期は春終盤から初秋と広い範囲で行われます。水温が上がると同時に卵を産むために接岸してきます。大阪湾や和歌山の海沿いの浅瀬では6月になると多くのマダコが水面下に潜んでいるのを見ることができます。テンヤ仕掛けの他、ルアー釣りではオクトパッシングと呼ばれる釣法が開発されています。

クロダイ・チヌ

おすすめの釣法
  • フカセ釣り
  • ヌカ釣り
  • 紀州釣り
  • etc

6月といえばクロダイ。関西ではチヌと呼ばれています。日本近海に広く分布するクロダイは6月になると水温が上昇するため、沿岸付近に移動してきます。団子を利用したポピュラーな釣り方はもちろん、クロダイの見えチヌ釣りも楽しむことができます。

スズキ・セイゴ・フッコ・ハネ

おすすめの釣法
  • ぶっこみ釣り
  • シーバスゲーム
  • ウキ釣り
  • etc

6月はシーバスも見逃せません。丁度、6月はバチ抜けシーズンの終盤の時期。6月後半までがバチ抜けパターンという釣り人の意見も聞きます。また、シーバスも水温によって行動範囲が決まる変温動物です。初夏に関しては、水温が冷たく無く、熱くもない、まさに、魚達が過ごしやすい水温20度前後を保てる時期です。魚達にとっては暮らしやすい時期とも捉えることができるでしょう。

イサキ

おすすめの釣法
  • カゴ釣り
  • フカセ釣り
  • etc

沖釣りではイサキ釣りが活発化するシーズンです。沖釣りでは天秤とカゴを利用した仕掛けを利用します。丁度、梅雨の時期を迎える5月、6月の限られた期間は産卵前の肥えたイサキを狙えるシーズン。この時期のイサキは梅雨イサキとも呼ばれ、多くの釣り人がイサキを狙って沖へと出向きます。

アジ

おすすめの釣法
  • サビキ釣り
  • 胴突き仕掛け
  • 投げサビキ釣り
  • etc

6月になると湾内や漁港に回遊性を持った魚達が侵入してきます。回遊性を持ったアジも回遊魚の一種。しかし、6月に釣れるアジはサイズが整っていないことがほとんど。豆アジや小アジといった小さなアジとなります。ただ、侵入が見込める場合は針を小さくすることで本命シーズンと変わらないほどの釣果を上げることができます。豆アジサイズの数釣りのシーズンとも言われる時期です。

マゴチ

おすすめの釣法
  • ジェット天秤仕掛け
  • ショアジギング
  • ぶっこみ釣り
  • etc

6月は外道と呼ばれる魚達も水温の上昇によって活性化します。6月に目立つ釣果報告としてはマゴチやメゴチの存在。メゴチは小さな個体こそ多いものの、投げ釣りやキス釣りの外道として。また、マゴチの場合はショアジギングやライトショアジギング等の疑似餌を利用した釣法の外道として釣れた報告が多く挙がっています。

六月に釣れる魚達を釣ってみよう!

多くの魚達は春に産卵を行います。6月は産卵後の個体。産卵を終えた体力の無い個体と体力を回復しようと頑張る個体が入り混じる時期です。狙い目は産卵後の休憩を終え、これから体力を回復しようと荒食いし始める魚達。6月の魚達の動向を見極め、より良い釣果へと繋げるために情報を整理して釣りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク