エギングで釣れるイカの名前と種類、見分け方を徹底解説!【画像付き】

アオリイカを目当てに釣りを楽しむ釣法といえばエギング。TVや雑誌ではアオリイカを手に取って自慢げに見せるプロアングラーの方々を多く見かけます。しかし、実際はアオリイカが釣れることは珍しいことで、コウイカやモンゴウイカ、シリヤケイカ等のアオリイカを含めた様々なイカがゲストとしてやってきてくれます。

アオリイカが連続して釣れるポイントは羨ましい限りです。そこで、アオリイカに限らず、いろんなイカが釣れるエギングだからこそ、イカの種類と名前、見分け方を知っておく必要があると言えるでしょう。

今回、紹介するのは、エギングで釣れるイカの名前や種類、その見分け方について。画像を踏まえながら一つずつ解説していきます。

そこで、レポ部では・・・
エギングで釣れるイカの名前と種類、見分け方を徹底解説!【画像付き】
をレポートします。

エギングはアオリイカだけじゃない!

エギングの最終的な目標としてはアオリイカを釣り上げること。しかし、エギングを楽しまれる方々は決まってこう言います。アオリイカは釣れなくてもコウイカなら釣れる自信はあると…。そう、エギングはアオリイカだけではなく、いろんなイカが釣れる可能性のある釣法です。いろんなイカがゲストとしてやってきてくれるからこそ、エギングの楽しさが惹きたてられるのではないでしょうか。エギング入門者の方はアオリイカだけに捉われずに、とりあえず、イカを釣ることを目標として楽しまれてはいかがでしょうか。

アオリイカが釣れない人はコウイカにシフト!

イカ釣りの代名詞とも言えるエギング。その主旨はアオリイカを指すことが多く、コウイカはエギングの外道として名指しされることもしばしば。コウイカは...

エギングで釣れるイカの種類

エギングで釣れるイカはアオリイカだけではありません。様々な種類のイカがゲストとしてやってきてくれます。もしも、アオリイカ以外のイカが釣れてしまった時にそのイカの特徴と名前を知ってアナタもイカ博士に。サッとイカの種類を言うことができればアナタは既にイカ博士!早速、その名前や特徴と見分け方を解説していきましょう。

アオリイカ

アオリイカの見分け方
  • エンペラーが広い
  • 横に入る黒い模様
  • オスはスジ模様
  • メスは斑点模様

胴体左右のエンペラーが広く、斑点模様が特徴的なアオリイカ。アオリイカのオスメスの見分け方はオスの場合はスジ模様。アオリイカのメスの場合は細かい斑点模様が付いています。アオリイカに似たイカは他にいません。強いて言うのであればスルメイカですがスルメイカの場合は細身の胴体をしているので直ぐに判断することができます。

コウイカ

コウイカの見分け方
  • 甲羅を持つ
  • ずんぐり体系
  • 墨が多い
  • 黒っぽい
  • 丸みを帯びる

コウイカを漢字で書くと甲烏賊。そう、コウイカの最大の特徴は胴体に硬い甲羅を持っていること。エギングでは良く釣れるイカの一つです。全体的にずんぐりとした形をしています。また、別名はスミイカと呼ばれるように墨の量が異常に多いので完全に出し切るまでに時間を要します。コウイカの色は全体的に黒っぽく、アオリイカとは違って全体的に丸みを帯びた形状となっています。

ヤリイカ

ヤリイカの見分け方
  • 細い体
  • 少し後ろのエンペラー
  • 尾部が長い
  • 尾部が鋭い
  • 目が平

槍のような鋭い体付きが特徴的なヤリイカ。エンペラーは胴体中部の少し後ろに付き、末端の尾部は細く尖った長いものとなっています。沖釣りで人気のあるターゲットではあるものの、陸っぱりから釣れたとの報告が多いイカです。

シリヤケイカ

シリヤケイカの見分け方
  • 白い模様
  • 触手に白い線
  • ずんぐり体系

シリヤケイカの姿形はコウイカとよく似ています。しかし、決定的に違うのは斑点色と言えるでしょう。コウイカの多くは灰色と白、黒が混ざった複雑な模様をしているのに対し、シリヤケイカには白い斑点が目立ちます。また、触手の一つ一つに白いラインが入っています。シリヤケイカとコウイカは体色や触手の色で判断しましょう。

モンゴウイカ

モンゴウイカの見分け方
  • 体に複数のキスマーク
  • ずんぐり体系
  • 茶色や黒色が多い

コウイカと似ているイカとしてはモンゴウイカ。シリヤケイカとは体色と触手の色で判断できるので直ぐに判断できます。問題はコウイカとの違いです。とはいえ、コウイカとの違いも簡単に分かります。モンゴウイカの別名はカミナリイカとも呼ばれており、体の表面にはカミナリに似たマークが多数付いてます。キスマークにも似たこのマークがモンゴウイカの最大の特徴です。

スルメイカ

スルメイカの見分け方
  • 長細い体
  • エンペラーは後部
  • 凹凸のある目
  • 筒状の体
  • 黒目が強い

ヤリイカと姿形が似たスルメイカ。ただ、ヤリイカよりもスルメイカは尾部が小さいだけに簡単に見分けることができます。また、目による判断も有効です。スルメイカの目は少しだけ出っ張っています。それに対し、スルメイカは平ら。また、スルメイカはヤリイカとは違い、白目がくっきりと、黒目が白目の中心に収まっています。ヤリイカは黒目が強く、少しグロテスクな見た目をしています。

ケンサキイカ

ケンサキイカの見分け方
  • 筒状の体
  • 後部手前のエンペラー
  • 剣のような尾部
  • 少し黒目が強い

ケンサキイカは白イカとも呼ばれています。ケンサキイカはヤリイカやスルメイカ、ヒイカと間違えられやすいイカです。ヤリイカ、ヒイカとケンサキイカの大きな違いは尾部にあります。槍のように細く尖っている尾部を持っているのがヤリイカ。また、ケンサキイカはヤリイカのように細長い尾部を持ちません。太い剣のような尾部が特徴的です。ヒイカの尾部は剣や槍と呼ぶには程遠い物で少し丸みを帯びています。

ヒイカ(ジンドウイカ)

ジンドウイカの見分け方
  • 小さい体
  • 少し後ろのエンペラー
  • 触手が長い
  • 目が平

ジンドウイカと呼ばれるヒイカ。小さなイカで小型のエギを利用したライトエギングで良く狙われているイカです。大人サイズでも15(cm)程にしかならないヒイカはヤリイカ、スルメイカの子供と判断されることも多くあります。曖昧に小イカとも呼ばれています。三つの中でも特に似ているのはヤリイカ。しかし、ヤリイカのように尾部は尖っていません。丸みを帯びた尾部と引き締まった筒のような体付きがジンドウイカの特徴です。

アオリイカの判断は簡単!だけど…

アオリイカだけは本当に簡単に見分けることができます。しかし、コウイカやシリヤケイカ、モンゴウイカの三種、また、ヤリイカやケンサキイカ、スルメイカ等の筒状のイカに関しては見分けにくいのが現実です。そこに、更にヒイカの存在が加わるだけでテンテコマイ!そんなことにならないために予めイカの特徴と見分け方を予習しておきましょう。

カロラータ ダイオウイカ Mサイズ ぬいぐるみ (解説知識タグ付き) 深海生物 [やさしい手触り] 10.5cm×9.5cm×77cm

ぬいぐるみ
イカのぬいぐるみ

メーカー:コロラタ
サイズ:10.5×9.5×77(cm)
種類:ダイオウイカ

超かわいいイカのぬいぐるみ。笑顔のイカの視線がアナタの心を癒す。お子様用のぬいぐるみとして。また、犬や猫などのペット用の遊ぶオモチャとして利用できます。ダイオウイカのつぶらな瞳にアナタもメロメロか。

ケンサキイカ、ヤリイカ、ヒイカの判断とは?

日本の近海にいるイカの中で姿形が似たケンサキイカとヤリイカ、ヒイカは素人からすると一見では見分けることができないでしょう。しかし、体の一か所に注目するだけで簡単に見分けることができます。それは「尾部の形状」です。尾部が槍のように長細く尖っているイカはヤリイカ。また、剣のように剣先が太い三角の形状をしたケンサキイカ。ジンドウイカの名称で知られるヒイカは丸っぽい尾の形をしています。

お気づきの通り、これら三種の見分け方は名前の由来で判断することができます。ヤリイカは槍のような尾部。ケンサキイカは剣の先のような尾部。ジンドウイカは矢じり(神頭)のような尾部。見分け辛いと思われがちのこの三種のイカ。実は名前の由来を辿れば簡単に見分けることができるのです。

イカの名前を覚えよう!

エギングで釣れるイカは様々。アオリイカだけではありません。もしも、エギングを行い、アオリイカとは別の分からない種類のイカが釣れてしまった時には、この記事で注目したイカを思い出してください。きっと、そのイカの名前がサッと判断できますよ。

スポンサードリンク