コウイカ釣り入門 | 釣り方から仕掛け、タックルを徹底解説!

イカ釣りの代名詞とも言えるエギング。その主旨はアオリイカを指すことが多く、コウイカはエギングの外道として名指しされることもしばしば。コウイカはアオリイカのように動き回るイカでは無く、海底でジッと息をひそめて餌の動向を伺っている、のんびりとしたイカです。

このコウイカの習性を利用した釣りがコウイカ釣り。エギングのタックルを応用してコウイカの習性を利用した上で釣り上げます。今回、紹介するのは、コウイカ釣りの基本と基礎、仕掛けから釣り方、その装備について紹介します。

そこで、レポ部では・・・
コウイカ釣り入門 | 釣り方から仕掛け、タックルを徹底解説!
をレポートします。

コウイカとは?

コウイカはイカの中でも背中に炭酸カルシウムで生成された硬い甲羅(骨)を備えた特徴的なイカ。コウイカの他にスミイカやハリイカなどの名前で親しまれています。コウイカは浅瀬に生息するイカ。海底でジッとしていることの多いイカで陸っぱりからも簡単に釣り上げることができます。

コウイカ釣りのシーズン

コウイカのベストシーズンは春の季節と秋前期。春のコウイカは食べ応えのある親イカが狙える季節です。また、秋の秋前期は新イカから更に成長した小さなコウイカを近場から狙える季節。秋後期のコウイカは冬の厳寒期に備えて安定した水温を求めて深場へと移動してしまいます。夏のコウイカは春に産まれたコウイカが新イカ(~5cm)程にしか育っていなく、親イカは産卵を終えると死んでしまうことからオフシーズンと言われているのが現状です。しかし、コウイカは回遊性を持っているからかコウイカの釣果は多数報告されています。夏のシーズンのコウイカ釣りはポイントの見極めが大切だと言えるでしょう。

季節毎のコウイカ釣りのポイント

コウイカが釣れるポイントは風通しの良いポイントが第一に挙げられますがコウイカは砂底であればどこにでも存在します。漁港、堤防、防波堤、波止、様々なポイントでコウイカと出会うことができるでしょう。そこで、コウイカと出会うためにおすすめするポイントについて注目していきましょう。

春の季節は藻場や岩場を狙おう!

おすすめのエギの号数
  • 3.5号
  • 4.0号

コウイカの恋のシーズン「春」は親イカが産卵のために藻場や岩場に近付いてきます。つまり、春のシーズンは産卵のために接岸してきたコウイカを狙えるシーズンです。この時期のコウイカは漁港や堤防の足元にも寄ってきます。コウイカの釣果を得るのであれば藻場や岩場を重点的に狙ってみましょう。

夏の季節は我慢の季節!

おすすめのエギの号数
  • 3.0号
  • 3.5号
  • 4.0号

春に産まれたコウイカは徐々に浅瀬で成長を続けています。順調に成長すれば浅瀬で5(cm)程の新イカのサイズに成長します。しかし、子を産んだコウイカは順に息絶えてしまうので親イカの釣果は著しく下がるでしょう。夏の季節は我慢の季節。回遊するコウイカやそのエリアで生活するコウイカを狙うことになります。堤防や波止の先、潮通しの良いポイントや潮の流れに乗るコウイカを狙うために沖へとキャストしてみましょう。

秋の季節は小さなコウイカが釣れる!

おすすめのエギの号数
  • 2.5号
  • 3.0号

コウイカの寿命は約一年程。コウイカの成長速度は速く、夏に生まれたコウイカの子供は子イカサイズへと成長しています。成長した小さなコウイカの数釣りのチャンスの到来です。秋序盤は浅瀬にいるコウイカを狙うために藻場や岩場、漁港、堤防と幅広く誘ってみましょう。秋後期は沖へと旅立つコウイカを狙うために少し沖へと投げてみましょう。

冬の季節は釣れなくなります

おすすめのエギの号数
  • 3.0号
  • 3.5号

コウイカは厳寒期の水温低下のために秋後期には安定した水温を求めて移動してしまいます。冬の季節は全く釣れなくなります。場所にもよるとの意見も見かけますが冬のコウイカの釣果は人生で数える程しかありません。一応、お伝えしておきます。

コウイカ釣りには必須!チューンアップ作業とは?

コウイカを釣る上で一番に重要なこと。それは、遠くへと飛ばすことです。コウイカ釣りにはアオリイカを狙ったエギングのように派手なアクションは必要としません。ゆったりとしたアクション、ズル引きを基本とします。つまり、アオリイカを狙ったエギングのようにしゃくり動作を行う必要はないのでチューニングシンカーでアクションが妨げられる心配はありません。飛距離を稼ぐことができれば、その分、広い範囲のコウイカを誘えるのでチューンアップは忘れずに行うようにしましょう。

糸おもり

チューニングの定番とも言える糸おもり。糸おもりを装着するだけでエギの重さを上げることができます。飛距離を得たいコウイカ釣りでは糸おもりを装着することで、より広い範囲を有効的に誘うことができるようになります。できるだけ、前方に巻くことでシンカーに沿った動きでアクションを行うことができます。

鉛シール

シールタイプのチューニングの定番としては鉛シールです。鉛シールは粘着性を持っているので簡単に貼り付けることができます。エギの体に鉛シールを貼り付けるだけでチューンアップ完了。飛距離を簡単に出すことができます。

板おもり

板おもりは鉛シールの粘着性を無くしたもの。巻き付けることで対象のウェイトアップを行うことができます。鉛シールよりも板おもりの方がコストの面において有利。貼り付けができないものの、気軽に利用することができます。

ナス型おもり

コウイカ釣りでは一番におすすめする方法です。エギング用のスナップ…と言いたいところですが、エギング用のスナップではイマイチ強度がありません。ショアジギングかライトショアジギング用のスナップを利用し、そのスナップにナス型おもりを装着します。後はお好きなエギを装着して投げるだけ。シンプルな仕掛けながらも飛距離を出すことができ、尚且つ、ナス型おもりのおもりを調整するだけでタックルに合わせたバランスを組むことができます。エギのズル引きが有効的なコウイカ釣りで一番におすすめします。

マスクシンカー

ボートエギングの餌木と言えばマスクシンカー。エギのマスクとも呼ぶエギ用のチューニングシンカーは岸上からのコウイカ釣りで目覚ましい活躍を発揮します。各釣りメーカーがディップラン用のマスクシンカーを開発しています。ただ、ナス型おもりと比べると少し高価。万が一、無くしてしまったときには精神的にショックを受けてしまうでしょう。

チューニングシンカーの良いところ

ズル引きが基本となるコウイカ釣りでのチューニングシンカーの役割はそのままのエギの重さでは出せない飛距離を出すこと。釣りは仕掛けを飛ばすほどに広範囲を探ることができます。また、チューニングシンカーの良いところは小さいエギのメリットを最大限に活かすことができます。秋イカを狙うときに2.5号を主体として利用する理由は小イカに抱かせやすいサイズで攻められること。そう、チューニングシンカーを小さいエギに装着すれば、その小さいサイズで遠瀬を誘うことができるようになります。小さいイカは浅瀬にいます。浅瀬といっても広範囲に浅瀬が広がります。遠瀬の浅瀬から手前の浅瀬を小さなエギで攻めれる。エギの強みを損なうことなく利用することができますよ。

コウイカ釣りの仕掛け

私の場合のコウイカの仕掛けは少し張りのある竿を利用しています。以前まではエギング用の竿を利用していたものの、エギング専用の竿で扱えるルアーの幅が狭く、派手なアクションを必要としないコウイカ釣りでは不十分に感じたからです。現在は少し沖へとキャスト可能なライトショアジギング用の竿を私は利用しています。ライトショアジギング用の竿には先調子に寄った竿が多いので掛けやすく、エギング専用の竿より、広い範囲のエギを投げることができます。コウイカ釣りで一番に重要な要素は飛距離です。遠くへと飛ばしてズル引きで誘う。たった、これだけの竿の操作でコウイカを釣り上げることができます。続いて、コウイカ釣りにおすすめする仕掛けについて紹介します。

竿

竿については先ほどに少し触れましたが私は少し張りのある竿を利用します。多くの候補が挙げられます。その中でもおすすめする竿はライトショアジギング用の竿です。ライトショアジギングは軽量ジグを利用して青物を釣る釣法。40(g)程のメタルジグと呼ばれる鉛をキャストできるスペックを持った竿です。エギング専用の竿で投げれる範囲は3.5号(20g)程でしょうか。実際、あまり飛ばすことができません。ライトショアジギングはエギングロッドに似た掛けやすい先調子に寄った竿でありながら多くの竿が40(g)のキャストを可能としています。エギにチューニングすることで飛距離を伸ばすことができます。

メジャークラフト ショアジギングロッド スピニング ソルパラ ショアジギング SPS-962LSJ 9.6フィート 釣り竿

MAX 50g
ソルパラ ショアジギング

型番:SPS-962LSJ
長さ:9.6(Ft)
アクション:レギュラー

50(g)までを扱えるライトショアジギング用の竿。レギュラーは竿の全体の真ん中の支店で曲がります。長めの竿を利用することで竿の反発力を活かし、遠くへとキャストすることができます。個人的にはもう少しファスト寄りな竿が欲しいと思っています。

リール

おすすめの番数
  • 2500番
  • 3000番

コウイカ釣りのリールはキャストの負担に耐えられるリール。頑丈でありながらキロサイズのコウイカに対処できるタフネスリールをおすすめします。私は番数は2500番と3000番の二つを使い分けています。経験上、陸っぱりからのコウイカ釣りでは小型のサイズが多く、リールに求められるパワーは低め。しかし、ズル引きが基本、且つ、飛距離を伸ばさなければならないコウイカ釣りでは、小さい番数ではエギのコントロールは良いものの飛距離が出せず、また、大きい番数では逆の効果を及ぼします。中間に位置する2500番か3000番が陸っぱりからのコウイカ釣りにおいて使いやすい番数と言えるでしょう。

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 17 リバティクラブ 3000

3000番
リバティクラブ

メーカー:ダイワ
重さ:295(g)
最大ドラグ力:4(kg)

リバティクラブの3000番です。抑え気味な価格の割には使いやすいリールだと感じています。ライントラブルを防ぐアンチバックラッシュシステムや糸ヨレ防止のツイストバスター等のダイワの基本技術を備えています。コウイカ釣りには本当に充分ですよ。

道糸

おすすめのサイズ
  • 12lb
  • 14lb
  • 16lb

コウイカ釣りに利用する道糸はPEラインにしています。PEラインを利用する理由は大きく二つ。少しでも飛距離を伸ばすのに打って付けの釣り糸であること。また、コウイカ釣りの効果的なアクションであるズル引きはラインを常に張った状態で操作しているのでPEラインを利用するとコウイカの当たりが手元に伝わりやすくなります。

チューンアップを行う場合はラインの太さに注意しましょう。あまりに細いラインを利用していますと投げるときに切れてしまいます。おすすめのサイズは12、14、16(lb)です。12(lb)は40(g)程のエギを投げることができ、また、14、16(lb)になると50(g)のエギを十分にキャストすることができるようになります。

リーダー

おすすめのサイズ
  • 3.0号
  • 3.5号
  • 4.0号

リーダーとして利用するのはフロロカーボン。PEライン単一では根ズレで切れてしまうのでフロロカーボン製のショックリーダーをPEラインへと直結します。お決まりのラインシステムではあるものの、フロロカーボンは伸びが少ないのでズル引き時のコウイカの当たりを鋭く手元に伝達してくれる重要な役割を担っています。

ショックリーダーの太さは人によってそれぞれ。根ズレやラインブレイクを心配して道糸よりも太いラインを利用される方がほとんど。個人的には3.0号、3.5号、4.0号の間が利用しやすいと思います。お使いの道糸(PE)の号数の3~4倍程の強度を持ったリーダーを選択すると良いでしょう。

エギ

コウイカ釣りではエギングでお馴染みのエギを応用します。コウイカ釣りで面白いのはエギとチューニングシンカーの組み合わせ。いろんなメーカーのエギをチューニングシンカーと組み合わせて利用します。また、フローティング系のエギのシンカーを故意に取り外し、ダウンショットリグのように利用すれば、ズル引き時に起こるはずの根掛かりを回避しつつ、海底のある一定の層でアピールする小魚の姿を演出することもできます。様々なメーカーがエギを開発、産出しています。カラーやフォルム、いろんな形のエギを利用してチューニングを加えた上でコウイカを狙ってみましょう。

コウイカの釣り方

コウイカ釣りにおいて複雑なアクションは必要ありません。また、アオリイカを主旨とした通常のエギングのように複雑に竿を操作する必要もありません。コウイカに一番、効くアクションとしてはズル引きや回数の少ないゆっくりとした操作方法。そこで、コウイカ釣りでおすすめするアクションについて注目しましょう。

ズル引き

コウイカではズル引きは効果的なアクションです。海底にひっそりと潜むコウイカは複雑なアクションを行う必要はありません。エギをズル引きするだけで釣ることができます。また、ただ単にズル引きを行うだけでなく、メリハリを付けたアクションも有効的。エギの速度を早くしたり、遅くすることでコウイカのリアクションバイトを誘えます。

ストップ&ゴー

コウイカ釣りではストップ&ゴーも有効的。ただ巻きの最中でリールを止め、コウイカに抱かせる合間を与えます。動かした時にズシっとした重さを感じればコウイカが抱き付いた合図。また、シンプルなただ巻きでも誘えますが竿を水平にさびいてピタッと停止。またエギを動かす…というアクションを行い、意識を竿先に集中すれば、当たりが敏感に感じ取ることができます。竿をさびいている最中にエギがスーッと持って行かれることも。

リフト&フォール

コウイカ釣りにはリフト&フォールも有効的。急いでアクションを行う必要はありません。ゆったりとしたアクションを心がけましょう。また、着底からリフトまでの間を1秒から3秒ほど取るようにします。リフト&フォールはリフト時に自動的に合わさることも多いので合わせいらずでコウイカ釣りを楽しむことができます。

コウイカを釣ってみよう!

エギングのメインターゲットはアオリイカ。しかし、アオリイカよりもコウイカの方が釣りをする上で明らかに楽ちん。アオリイカを狙ったエギングのようにシャカシャカとアクションを付ける必要はありません。仕掛けを投げてズルズルと海底を引いてくるだけでコウイカ釣りで釣果を得ることができます。エギングで未だ釣果を得られない方はコウイカを狙ったエギングで簡単に釣果を得てみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク