ミャク釣りで釣れる魚達10選!仕掛けから人気の理由、シーズンを徹底解説!

ヤマメやイワナ釣りで利用されることの多いミャク釣り仕掛け。実は、このミャク釣り仕掛けは淡水だけでなく、海水でも利用される釣り方であることをご存知でしょうか。仕掛けの組み方も至ってシンプル。釣り初心者の方にもおすすめしたい釣り方です。

今回、紹介するのは、ミャク釣り仕掛けの可能性と釣れる魚達について。その仕掛けから釣り方を詳しく解説していきます。堤防、漁港、波止、様々なポイントで利用できる万能な仕掛け「ミャク釣り仕掛け」について迫ります。

そこで、レポ部では・・・
ミャク釣りで釣れる魚達10選!仕掛けから人気の理由、シーズンを徹底解説!
をレポートします。

ミャク釣り仕掛けとは?

ミャク釣り仕掛けはおもりを利用したシンプルな仕掛けです。ミャク釣り仕掛けは道糸から分岐させた一方の仕掛けにナス型おもりを。また、もう一方の仕掛けに針を設置します。単純な仕掛けから手元に伝わる魚の当たりをダイレクトに感じ取ることができ、魚のミャク(脈)を感じ取りながら釣ることができる釣法です。

ちょっとした魚釣りにおすすめ!

ミャク釣りの仕掛けは本当にシンプル。スピニングリールに付けた道糸の先にナス型おもりを装着します。そして、道糸の途中(ナス型おもりから15cm程の離れたところ)に好きな長さのハリスを付け、そのハリスの先に針を装着するだけ。旅先や仕事帰り、ちょっとした魚釣りでも気兼ねなく利用することができます。

ミャク釣りが人気の理由

ミャク釣りはシンプルな仕掛けながら数多いメリットを含んでいます。釣りの中でも原始にあたる釣り方とも言われているミャク釣り仕掛け。ミャク釣りの仕掛けを応用した仕掛けも開発されています。そのミャク釣りの人気の理由について詳しく解説します。

簡単に仕掛けが組める

ミャク釣りの餌
  • オキアミ
  • イシゴカイ
  • アミエビ
  • アオイソメ
  • シジミ
  • イクラ
  • etc

ミャク釣りはナス型おもりと一本のハリスと針を一つの仕掛けとして利用します。必要最低限の釣り具を除き、三つの仕掛けで釣りを始めることができます。釣り場へと行く際には釣具屋さんに行き、餌を買うことを忘れないようにしましょう。

飛ばせる

ミャク釣りの多くの場合は足元の魚を狙う際に利用されます。しかし、ナス型おもりが付いているのでミャク釣り仕掛けを飛ばすことができます。場合によっては広い範囲を誘える投げ釣り仕掛けとして利用することもできます。

お金が掛からない

ミャク釣りの最大のメリットはコストパフォーマンスの良さです。ナス型おもりと一本のハリスと針を一つの仕掛けとして利用するミャク釣りではコストパフォーマンスは釣法の中では抜群です。また、ミャク釣りを始めようとお思いの方におすすめする方法としては複数の針が付いた胴突き仕掛け(一式)を分解してミャク釣り仕掛けとして利用する方法です。胴突き仕掛けの多くには二、三本程のエダスが含まれています。このエダスを一本のエダスを除き、根元からカットします。カットすると、スペア付きのミャク釣り仕掛けの完成です。ミャク釣り仕掛けに掛かるコストを最大限に抑え込むことができます。

ささめ針(SASAME) D-305 メバル・カサゴ3セット 8-0.8

SASAME
胴突き 二本針

タイプ:硬質ハリス
本数:3(set)
おもり:なし

SASAME(ささめ針)の胴突き仕掛け。めちゃくちゃお世話になってます。2(本)の針が1(set)として3(set)の本数がパッケージに入っています。合計6(本)の針があるのでミャク釣りでは十分過ぎるほどのスペア入りの仕掛けへと改造することができます。

ミャク釣りで釣れる魚達10選

ミャク釣りは古くから楽しまれている釣り方だけあって様々な釣り人がチャレンジしています。釣りに初めてチャレンジした方でも満足した釣果を得ることができるでしょう。そこで、ミャク釣りの釣果の中でも見かけることの多い魚達について注目します。

ハゼ

釣れる時期
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月

ミャク釣りと言えばハゼ。日本の広い範囲の沿岸に生息するハゼは夏からが釣りの旬。ミャク釣りでハゼを狙えば簡単に釣ることができます。もちろん、利用する餌はイシゴカイやアオイソメ等の虫餌。お盆を過ぎると大型のハゼも相手にしてくれます。

カサゴ

釣れる時期
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

どのような餌を利用しても、かなりの確率で釣れるカサゴ。ミャク釣りの外道としても有名で本命の魚が釣れない時には慰めてくれる魚です。カサゴは根魚なのでミャク釣りの性質とぴったり合っています。カサゴは良く掛かる外道です。

キス

釣れる時期
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月

キスはミャク釣りでは定番の魚。キスに関しては大胆な当たりが多いのでミャク釣り入門者の方でも当たりが掴みやすいと言われています。キスのシーズンは夏から秋にかけて。アオイソメを餌として利用し、砂浜の近くの堤防から狙ってみましょう。

クロダイ

釣れる時期
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月

ミャク釣りではクロダイも釣ることができます。紀州釣りや団子釣り、ヌカ釣り、フカセ釣りでがお馴染みのクロダイ。ミャク釣りでのクロダイ釣りも人気が高く、多くの方が楽しまれています。フカセ釣りのように複雑な仕掛けを揃える必要はありません。ナス型おもりの号数を大きくすれば餌の沈下中に餌取りに食べられる心配も減るでしょう。

メバル

釣れる時期
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 11月
  • 12月

項目[お金が掛からない]の図の通り、ミャク釣り仕掛けは胴突き仕掛けの仕掛けと似ています。胴突き仕掛けはミャク釣りの仕掛けを応用したものとも噂されているほど。つまり、胴突き仕掛けの主役とも取れるメバルもミャク釣りで釣れておかしくはありません。実際に夜釣りでのミャク釣りでのメバルの釣果が高く、春先にはミャク釣りでメバル釣りを楽しまれる方を見かけます。

メゴチ

釣れる時期
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月

アオイソメやゴカイを利用したミャク釣りでは定番の魚。そう、メゴチもミャク釣りで釣れる魚です。連続して釣れる場合は注意。かなり、やっかいです。手のひらサイズのメゴチが大量に釣れる場合はポイントを移動することをおすすめします。

スズキ

釣れる時期
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月

ミャク釣りでのスズキの釣果も寄せられています。釣果報告では小さいサイズが多い様ですが、時々、40(cm)程のセイゴが掛かっています。あまりにも細い釣り糸を利用していると切れてしまう可能性があります。ハリスが太いからと信用せず、ある程度の太さを持った道糸を利用するようにしましょう。

カワハギ

釣れる時期
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月

ミャク釣りと言えばカワハギ。ミャク釣りではメジャーな魚です。ミャク釣りでカワハギを狙う場合は感度の良い竿を利用すると更に楽しめます。ちょぼちょぼと啄むような当たりが手に伝わる感覚。また、カワハギが掛かった時の違った感覚を瞬時に見極めることができます。当たりが取りやすく合わせもスムーズに行うことができます。

アイナメ

釣れる時期
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 11月
  • 12月

アイナメもミャク釣りの定番魚。堤防や波止でのミャク釣りと言えば、まず、アイナメが脳裏に浮かびます。アイナメは投げ釣りや胴突き仕掛け、穴釣り、ミャク釣りと幅広い釣り方で楽しめます。ミャク釣りは穴釣りの仕掛けとしても利用することができます。

メジナ

釣れる季節
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 6月

ミャク釣りでのメジナの釣果報告が寄せられています。クロダイと同じく、フカセ釣りや団子釣り、ヌカ釣りの定番魚として知られるメジナは、少し磯臭さこそ残るものの、美味しく頂けるお魚。釣り人しか食べることができません。数少ない報告数ではありますが紹介させていただきました。

ミャク釣りの釣り方は?いろんな楽しみ方がある!

基本的にミャク釣りは足元へと仕掛けを落とし込んで釣ります。しかし、ミャク釣りのおもりと針を使ったシンプルな仕掛け上、様々な使い方で釣りを楽しむことができます。そこで、ミャク釣りの仕掛けを応用した釣り方について注目します。

ミャク釣り

陸っぱりからのミャク釣りは足元に仕掛けを落とし込むだけ。波止、堤防、漁港、防波堤と様々なポイントからミャク釣りを楽しむことができます。ミャク釣りを行う場合は、必ず、着底させること。また、ラインを張った状態にすることが大切です。釣り糸を張ることで手元に伝える感度の伝達を鋭くして魚の当たりを掴みます。

キワ釣り

ミャク釣りの仕掛けを利用することでキワ釣りを楽しむことができます。キワ釣りは横へと伸びる堤防や波止、漁港のキワに沿って歩き、そのキワの足元にいる魚を探り当てる釣り方です。反応があれば少し止まって様子を見ましょう。

ズル引き

ミャク釣りの仕掛けを利用することで、ちょっとしたルアー釣りを楽しむことができます。この仕掛けはルアージャンルではダウンショットリグとも呼ばれています。実はミャク釣りの仕掛けを利用することでダウンショットは簡単に作ることができます。針先へと付けたソフトワームを遠投して着底させ、ズルズルと海底を引きずるだけです。

ミャク釣りをエンジョイ!まずは、河口から!

シンプルな仕掛けで釣り人も笑顔。ミャク釣りは気軽に楽しむことができる釣り方です。ミャク釣りに初めてチャレンジする方は河口をおすすめします。河口で相手にしてくれるのはスズキやクロダイ等の大物。また、河口はハゼの好ポイントでもあります。ミャク釣り入門者の方は、まず、河口でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク