満潮、干潮が起こる原因とは!惑星と釣りとの密接な関係とは?

満足した釣果を得るには満潮や干潮と潮の動きを知る必要があります。潮の動きを知ることができれば釣り人の足元の危険予測やお魚の行動範囲を予測することができます。潮の動きや干潮と満潮の時刻を予測した潮見表は釣り人にとっては有り難い存在です。

突然ですが、満潮と干潮は惑星や恒星の引力によって発生することをご存知でしょうか。今回、紹介するのは、月や太陽、地球の引力と潮との密接な関係について。潮の動向が当たり前のように潮見表で分かる今、その時刻で起きている事象について注目します。

そこで、レポ部では・・・
満潮、干潮が起こる原因とは!惑星と釣りとの密接な関係とは?
をレポートします。

満潮と干潮が起こる原因

一日で迎える干潮と満潮は二回。そもそも、満潮と干潮は月と地球の引力と遠心力の双方が影響して起こります。惑星や恒星同士は引力で引き寄せられていることはご存知だと思います。引力によって惑星の方向へと寄せられた海は一番に近い惑星(月)の方向へと引き寄せられていきます。この引き寄せる力は膨らませた風船を上から押し潰したように楕円形に力が加わっていきます。この時の最大まで引き寄せられた結果(風船で例えるならば伸びきったポイント)が満潮。逆に縮みきったポイントが干潮となります。

一日の満潮と干潮の回数

地球は太陽系の正しき進路へと移動しながら常に回転しています。つまり、満潮、干潮の場所は常に移動しています。地球の自転が一回転すると一日を迎えることからほとんどの場所では一日に二回、干潮と満潮を迎えることになります。

大潮と小潮との因果関係

一般的に満潮に掛けては海が膨張するという言葉がよく利用されますが正確には月の引力によって海水が引っ張られています。これは、前項目でも解説した通りです。この潮の満ち引きの強さを決定するのが太陽です。地球を含む太陽系に存在する惑星は常に動いていることはご存知だと思います。月よりも遠い恒星となる太陽にも引力が存在し、例えば、その太陽の動きが地球、新月、満月の動きにぴったりと重なれば引力が最大限に強まって大潮となります。逆に小潮は太陽から地球、月が最も離れた位置。このように大潮と小潮と潮の満ち引きの因果関係は成り立っています。

3Dレーザークリスタル 水晶玉80mm ledコースター付き クリスタルボール 八つ惑星 太陽系模型 宇宙おもちゃ 置物 LEDライト タッチセンサー式 誕生日プレゼント 贈り物 子供天文愛好家に向き ホーム寝室オフィスの飾り

3D
レーザークリスタル

タイプ:太陽系アクセサリー
給電方式:単四乾電池&USB
サイズ:80(mm)

透明感ある惑星の置物。3Dレーザー彫刻で立体的に見える構造。青、緑、赤と静かにフェードします。お部屋に置くカラーアクセサリーとしても。部屋の中では小さく、太陽系のその存在感は大きく見せることができます。

月や太陽の引力は海中生物の生命サイクルを生み出す

月の引力、また、太陽との重なり合いで発生する潮の満ち引きは海中生物の生命サイクルの重要な役割を担っています。引力によって引き寄せられた、また、離れる際に発生する潮の満ち引き。この潮の満ち引きによって生み出される潮、波の動きは魚達に大きなメリットをもたらします。そのメリットについて注目していきましょう。

潮や波の衝突は空気を生み出す

潮や波の動きは空気を生み出します。金魚のブクブクを思い浮かべると分かりやすいかと思います。実際、金魚の飼育するためのブクブクそのものから送られる空気は微量。ブクブクを伝って水面で破裂した空気から取り込める微細な空気を取り込むためにブクブクは存在します。ブクブクのように波や潮も水面で空気を取り込みます。波同士が衝突し合い、または、壁に波が衝突することで発生する空気。これは、月の引力によって生まれる潮の満ち引きから発生するのです。海水生物はこの空気が無いと生きていけません。

プランクトンの食物連鎖

プランクトンと呼ばれる言葉を聞いたことがお有りでしょうか。プランクトンは大きく二種類に分けることができます。それは、植物プランクトンと動物プランクトンです。動物プランクトンは海中を漂って生きている海中生物。この生物は自らの遊泳能力を持ちません。正確には手足と思われる部位は様々なプランクトンに付いているものの、潮や波の流れに逆らう程の力を持っていないということ。つまり、潮や波の動きのみで行動する浮遊生物です。この行動を決めているのは潮の流れ。そう、引力によって発生する潮の満ち引きは動物プランクトンの移動に欠かせない要素です。

何故、動物プランクトンは動かなければならないのか。動物プランクトンも餌を食べなければ生きていけません。動物プランクトンの主な餌は植物プランクトンです。また、小さな藻類や珪藻である植物プランクトンはバクテリアを餌として食べています。その植物プランクトンを追い求めるのが動物プランクトンです。バクテリアを植物プランクトンが食べ、植物プランクトンは動物プランクトンに食べられます。また、その動物プランクトンは魚類や甲殻類の餌となり、この生活サイクルが一つの食物連鎖を生み出しているのです。

お魚は潮の流れを利用して速度を得る

ほとんどのお魚に鱗(ウロコ)は設けられています。このウロコにはお魚が生活をする上で役に立つように複数の役割を持っています。その大きな役割の一つが速度を調整するというもの。そう、ウロコは速度を調整できるように同じ方向を向いて配置されており、水流の流れをウロコで制御することで速度をコントロールしています。また、ウロコはセンサーの役割を兼ね揃えていて水流の圧力を感知し、速度を上げたければ水流のある方向へと向かい、また、抑えたければ弱い水流を探し当てることもできます。このセンサーが活躍する場があるのは潮の満ち引きから成る水の勢いのおかげ。餌を捉える時には、この速度調整とセンサーの活躍によって波に乗り、一瞬で餌へと猛進することができるのです。

鱗(うろこ)と薄い表面の皮膚に覆われている魚達。陸にも鱗の付いた小動物が存在してはいるものの、鱗を持つ大部分は海の魚達が持っています。魚達が鱗...

潮の終着点はプランクトンの終着点

小さく渦を巻いて壁際やテトラポットへとぶつかる潮。その潮がぶつかった壁はプランクトンの終着点でもあります。自らの遊泳能力を持たない動物プランクトンは潮に乗って移動してきます。壁にぶつかった、または、潮に飲まれたプランクトンは、そのエリアに潜む小魚達の餌となって食べられてしまいます。つまり、理論上は潮がぶつかり合う壁はプランクトンの終着点。小魚が潜んでいる可能性があります。

よく言われる潮止まりとは?

月の引力によって海水が引き寄せられることはお分かり頂けたと思います。潮止まりは満潮と干潮の両方に起こります。割れない風船を持っていると仮定しましょう。風船を上から押さえ付けてください。風船が膨れるほどに風船を押す力を強くしていかなければいけません。これが潮の流れです。力を最大まで入れると限度がきた風船は膨らまなくなります。ここが潮止まりの時間。これを月の引力に引き合わされる海に例えるならば、月の引力によって引っ張られる力と地球の引力によって引っ張られる相互の力のバランスによって、潮が止まる時間帯を作っているということ。潮止まりには潮があまり動きません。潮が動かないと海中生物の生命サイクルも止まってしまいます。

風船を思い浮かべてみましょう。風船を上から抑えた時、下と上に凹みが発生し、左右が膨張していきます。これを、地球の海水と月の引力に例えると、左右が満潮、上下が干潮となります。この満潮と干潮には限界が存在し、満潮時には海水が宇宙空間へと飛び散ることはありません。それは、地球の引力が発生しているからです。風船を地球と例えて、風船から力を抜いてみましょう。すると、ドンドンと形が復元されていきます。この風船の復元こそが地球の引力が月の引力を超えた状況です。

変化する潮の速度

画像の一点の潮止まりを起点として捉えるのであれば、潮止まりから徐々に速度を上げていき、最大まで潮の速度が上昇します。そして、最大まで上昇した潮の速度は徐々に下がり出し、また、潮止まりに。潮止まりから潮が動き出す時には潮は転流し、逆の方向へと流れだします。この一連のサイクルを12時間かけて行います。

潮止まりが釣れない理由は?

釣りの真っ最中に潮止まりが起きるとお魚が釣れにくくなります。それは、海中生物の生命サイクルが緩やかな動きになるから。潮止まり時には海中生物が水面に浮き上がることがあります。これは、海中の酸素濃度が低くなるため。項目[潮や波の衝突は空気を生み出す]で解説した通り、潮が緩やかな動きになれば空気が薄くなるので空気を求めて魚達は浮上してくるのです。

惑星や恒星の引力と釣りは密接な関係にある

潮の満ち引きは地球と月の引力によって、また、潮の満ち干の差は地球と月、太陽の引力によって引き起こされます。惑星や恒星の引力は常に発生しています。引力によって満潮と干潮、潮の動きが決められているということ。引力が生み出す生命サイクルを利用しないと満足した釣果は得られません。釣りと引力は密接な関係にあると言えるでしょう。

スポンサードリンク