ウィローモス絨毯を自作する方法 | 100均の道具での作成手順

ミナミヌマエビを飼い始めてから三週間ほど経ちました。毎朝、コップ二杯分の水替えを行っているからかミナミヌマエビも元気に動き回って餌を食べています。気軽にアクアリウムを楽しもうということで100均で買ったコレクションボックスを水槽として利用しているわけですが水草が少し少なかったので新しくウィローモスの絨毯を作成してみようと思います。

ミナミヌマエビが産卵した暁には稚エビが「ウィローモスの絨毯に隠れてくれるだろう」という思いから実行に至りました。もちろん、材料はウィローモスを除いて100均の道具だけで作成しています。もしも、同じお考えの方がいればこの記事を参考にしてウィローモスの絨毯の作成にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

そこで、レポ部では・・・
1ウィローモス絨毯を自作する方法 | 100均の道具での作成手順
をレポートします。

ウィローモスの絨毯とは?

ウィローモスの絨毯とはウィローモスで作られた底床のこと。略称としてモス絨毯と呼ばれています。ウィローモスはコケの一種。このウィローモスはコケなので小さく、また、成長点が多いので適切な環境下ではドンドン生えてきます。ある程度のサイズまで育つと葉と葉が重なり合うことでフサフサとした見た目に。アクアリウムの底床として、また、稚エビや稚魚の隠れ家として利用することができます。

用意するもの

揃える道具
  • ウィローモス
  • ハサミ
  • ピンセット
  • 釣り糸
  • 園芸用ネット

用意するものは100均の園芸コーナーにある園芸用ネット。釣りコーナーにあるナイロンラインの釣り糸。後は化粧品コーナーの近くにある小型のピンセットとハサミ。そして、本日の主役となるとウィローモス。この五つの道具でモス絨毯を作ることができます。

モス絨毯の自作方法

ウィローモスの絨毯の作成方法は簡単です。どちらかというと日頃のメンテナンス(育成)に気を配る必要があるでしょう。今回はウィローモス絨毯の作成方法を解説します。必要な道具さえ揃えることができれば簡単に自作できるのでお試しください。

下地のサイズを測る

ウィローモス絨毯を設置する場所のサイズを測ります。水槽の中の部分的にモス絨毯を設置する場合は必ずサイズを測る必要があります。一般的なモス絨毯は長方形のサイズですが水槽によってはカーブが描かれていたりするのでその水槽に合ったモス絨毯を設置するために適切なサイズを測りましょう。

園芸用ネットの周りをカットする

園芸用ネットの外枠をカットします。外枠に凹凸ができるようにカットしましょう。この凹凸は糸でネット同士を固定するために利用します。

園芸用のネットをカットする

作成する絨毯のサイズが決まったら園芸用のネットを決めたサイズにカットします。この園芸用のネットのサイズの上にウィローモスの絨毯になるように作業を始めます。用意する枚数は二枚。最終的には二枚の間にウィローモスを挟み込む形で完成させます。

ウィローモスを2(cm)ほどにカットする

ウィローモスを2~3(cm)ほどにカットします。カットしたウィローモスを園芸用ネットに乗せることになるのでウィローモスの量は多いほど大きい絨毯を作ることができます。絨毯の大きさによりますが直径20(cm)ほどの絨毯では50(g)ほどのウィローモスを用意しておくと十分でしょう。

カットした園芸用ネットにウィローモスを乗せる

園芸用ネットの一枚にカットしたウィローモスを乗せます。できるだけ、隙間を作らないようにウィローモスを設置してください。隙間を作らなければウィローモスの密集度が高くなるので華やかなウィローモスの絨毯を作ることができます。ただ、隙間があっても大丈夫。隙間を作ると生えたては見た目が悪くなりますが育ってきたウィローモスをトリミングすることで最終的にはフサフサなウィローモス絨毯へと完成させることができます。

上手にモス絨毯を作るコツはモスの間に隙間を作らないこと。ウィローモス同士を重ねると隠れて光が当たらなくなった部分が枯れてしまうとの意見がありますがウィローモスが枯れる大きな原因は日頃から照射する光の照射時間によるものです。ウィローモスの育成に必要な水分と二酸化炭素、適度な光を与えておけばウィローモスが枯れることはないでしょう。

園芸用ネットで挟み込む

おもりの代用
  • おはじき
  • 平石
  • etc

園芸用ネット同士でウィローモスを挟み込みます。挟み込む際に「おもり」を一緒に挟み込むことで園芸用ネットを沈ませることができます。おもりを挟み込まなくても沈ませた園芸用ネットの上から置物を置くだけで絨毯を固定することができますよ。

釣り糸で固定する

ウィローモスが水中でバラ撒かれないようにナイロンラインの釣り糸で固定します。園芸用ネットの外枠に沿うようにして釣り糸を巻いてください。中心と両端の三点に釣り糸を巻けばウィローモス絨毯の完成です。

グルグルと釣り糸を巻いてしまうとネットが糸の張りによって曲がってしまいます。中心と両端の三点を一つずつ固定するようにしましょう。ネットの外の枠の凹凸を利用することで釣り糸を上手く固定することができます。

水槽内に設置すると?

水槽内にネットを設置するとこんな感じになりました。麦飯石、白玉石、ソイル、置物、酸素ぶくぶく君、水槽、園芸用ネットと、ほぼ100均の道具で作ったアクアリウムです。置物がネットを覆っていますが多少の光が差しているのでウィローモスは育っていきます。

周りのウィローモスとの成長差はあると思いますが置物の下がフサフサになると逆に置物の中に生体が入れなくなるというトラブルに繋がってしまうかもしれないのでひとまずは様子見といったところでしょうか。

ウィローモス(無農薬)

(水草)国産 ウィローモス 1カップ 約10g(無農薬) メダカ 金魚藻

国産
ウィローモス

国:日本
容量:10(g)
薬品:無農薬

水槽のレイアウトや活着用のウィローモスです。無農薬なのでレッドシュリンプやミナミヌマエビ等の生態に影響を与えることはありません。園芸用のネットの中に挟み込めば綺麗なウィローモスの絨毯を完成させることができるでしょう。

ウィローモスで絨毯を作ってみよう!

園芸用ネットとウィローモスを使えば簡単にウィローモスで絨毯を作成することができます。ウィローモスが増えたらそのウィローモス絨毯をトリミングして新たなウィローモス絨毯を作ることができるので利口にウィローモスを使った装飾品を増やすことができるでしょう。是非、ミナミヌマエビを飼っている方はお試しください。

スポンサードリンク