シンキング系ルアーのメリットに注目!悪いところも合わせて解説!

メタルジグやタングステンジグ、シンキングミノー、シンキングペンシル、これらのルアーの共通点は沈下する特徴を持っていること。水中に入れると常にルアーそのものによる重さによって下へ下へと向かう力が発生。リールの操作を止めると沈下します。

今回、紹介するのは、シンキング系のルアーの良いところと悪いところ。使い勝手の良さやシンキング系のルアーを使うことで覚えておきたいデメリットについて注目します。シンキング系ルアーを初めて利用しようと思われる方はメリットとデメリットを覚えておきましょう。

そこで、レポ部では・・・
シンキング系ルアーのメリットに注目!悪いところも合わせて解説!
をレポートします。

シンキング系のルアーについて

シンキングを直訳すると「沈む」という意味を持ちます。つまり、シンキング系のルアーとは沈む性質を持ったルアーのこと。海底に向かって沈下するルアーのことを指しています。反対に浮き上がる性質を持ったルアーのことをフローティング系ルアーと呼びます。

シンキング系のルアーの種類

沈下するルアーの種類
  • シンキングミノー
  • メタルジグ
  • スピンテールジグ
  • シンキングペンシル
  • etc

シンキング系のルアーの中には沈下する速度が遅めに設定されている物や素早く海底へと届かせることができる速度を重視した物、また、飛距離を重視した物と様々な個性を持ったルアーが登場しています。メタルジグやタングステンジグ、スピンテールジグと呼ばれるおもりそのもので作られたジグは飛距離が重視されたルアー。また、合成樹脂で作られたシンキングミノーは全体のバランスを調整することで沈下する速度を決定することが可能なルアーとなっています。

シンキング系ルアーのメリット

シンキング系のルアーはリールを止めると水底に向かって沈下していきます。また、水に浮く性質を持ったフローティング系のルアーと違ってルアーの合計比重が高く設定されています。つまり、フローティング系のルアーと比べて重く設定されていることがほとんど。飛距離も出すことができますよ。そこで、シンキング系のルアーのメリットを集めてみました。シンキング系のルアーにしか出せない、その魅力に注目していきましょう。

飛距離が出る

メタルジグやタングステンジグ、また、スピンテールジグの素材はおもりそのもの。メタルジグであれば鉛。タングステンジグであればタングステンが素材として使われています。これらのルアーに使われている素材はおもりそのものなので飛距離は疑似餌の中ではトップクラスの性能を持っているといっていいでしょう。

水底へと届ける

シンキング系のルアーを利用すれば水底へと届かせることができます。ルアーの重さが重ければ重いほど素早く沈み、また、シンキングミノーであればある程度の浮力を持っているので沈下速度を調整することができます。そのミノーがファーストシンキング[FS]やエクストラファーストシンキング[FS]であればシンキングよりも沈下速度が速く、よりスピーディーに水底へとアクセスすることができるようになるでしょう。

コントロール次第で様々なタナを攻略可能

シンキング系のルアーの使いやすい点として竿の操作で様々なタナを攻略できるということ。 シンキングは沈下する性質を持っているので水底付近しか誘えないように思えるものの、竿の操作次第で様々なタナをコントロールすることができます。結局、リールと竿の位置は水面よりも上なのでリールを引いてくるとルアーも浮上することになります。この原理を利用すれば、水面を攻略したい際にルアーが着水したと同時にリール操作で引くだけで水面のレンジをキープすることができます。シンキング系のルアーはどのパターンにおいても万能的にこなしてくれるルアーということができるでしょう。

シンキング系ルアーのデメリット

シンキング系ルアーのメリットは大きい要素です。しかし、シンキング系ルアーには残念ながら悪いところも存在します。そのデメリットを予め知っておくことで不向きなシチュエーションと向いたシチュエーションで使い分けることができるようになるでしょう。

水深が浅いポイントは不向き

沈下する性質を持ったシンキング系ルアーは浅いタナの攻略には不向きです。そのタナで長くルアーの存在をアピールできるかは別の話です。シンキングルアーはリールの操作を止めるとその重さに従って沈下します。つまり、浅いタナへと留めようとすると常にリールの操作をし続ける必要があります。沈まないようにアクションをし続けることになるので浅いタナではすぐに水底へと沈んでしまうことでしょう。

根掛かりが発生する

沈下する性質を持ったシンキング系ルアーは気を抜くと水底へと沈んでしまうので障害物に触れやすいデメリットを持っています。障害物に触れてしまうと根掛かりが発生してしまいます。海藻、テトラ、枝にルアーが引っかかれば最後。ラインが切れてしまうことも珍しくはありません。フローティング系ルアーであれば常に浮いている状態を保つことができるので根掛かりのリスクが少なくなるでしょう。

シンキング系のルアーを利用する釣法

ライトショアジギングは、防波堤・岩場・砂場などの陸っぱりからルアーをキャストし、中型から大型までと、サイズに捉われない魚達を釣り上げる釣法の一...
アジングはアジを主役に釣りを楽しむルアーゲームです。アジングの魅力はインスタントに釣りを楽しめること。主役となるアジは回遊性を持ったお魚。つま...

シンキング系のルアーを使ってみよう!

シンキング系ルアーの最大の強み。それは、竿とリールの操作で幅広いタナを攻略できることに尽きます。水面だけではありません。水面から水底へと幅広くアクセスできる強みこそがシンキング系ルアーが根強い人気のある理由です。フローティング系のルアーには出せない強みを最大限に活かすことがより良い釣果を得るキッカケになるでしょう。

スポンサードリンク