ルアー釣りの気軽さとは?ゲーム性の意味やエサ釣りとの違いを解説!

ルアー釣りは気軽に、また、簡単というキャッチフレーズがよく使用されています。しかし、ルアー釣りはエサ釣りと比べて何が簡単で気軽なのか、ルアー釣りに初めてチャレンジする入門者の方はよく分かりませんよね。

そこで、今回、紹介するのは、ルアー釣りの気軽さについて。エサ釣りには無くてルアー釣りには存在するメリットやデメリットを解説します。ルアー釣りを始めようかお悩みの方はそれぞれの魅力を知って今後の釣行を決定してみてはいかがでしょうか。

そこで、レポ部では・・・
ルアー釣りの気軽さとは?ゲーム性の意味やエサ釣りとの違いを解説!
をレポートします。

ルアー釣りとは?

ルアー釣り、また、ルアーゲーム、ルアーフィッシングと呼ばれる釣り方はお魚の餌(甲殻類、虫類、小魚など)に似せた疑似餌を利用した釣り方です。疑似餌そのものはお魚が食べることができません。しかし、海中のエサに似せた疑似餌を見たお魚の食欲を刺激。結果、ルアーに付いた針にお魚が掛かるといった一連の仕組みを生み出すことができます。

ただ、お魚も単純に騙されているわけではありません。お魚を上手く騙すにはテクニックを必要とします。そのテクニックこそがアクションです。疑似餌に動きを加えることで生きているような動きを再現します。

エサ釣りとは?

エサ釣りは普段のお魚が口にする天然のエサを利用した釣り方です。虫類、甲殻類、小魚やプランクトン。これらのエサは味があれば匂いもあります。お魚をより自然に誘うことができ、また、広範囲のお魚を集める集魚性を持ったエサがエサ釣りに利用されます。

ルアー釣りの「気軽さ」とは?

ルアー釣りが人気が高い理由。それは、ルアー釣りの魅力である「気軽さ」と「楽しさ」が絡んでいるから。ルアー釣りの一つのフレーズとして「気軽さ」はよく使用されています。その「気軽さ」とは、一体何を意味しているのかについて迫ります。

虫系が苦手な方でも大丈夫

ルアー釣りは疑似餌をエサとして使用するのでエサ釣りで使われるエサを扱うことはありません。ゴカイやイソメなどの虫餌に触れることはないので気持ち悪い生き物に抵抗のある方でも大丈夫。生きエサならではの臭いも付くことはないでしょう。

ルアーは常温で保存可能

生きたエサは鮮度があるので常温では保存できません。もちろん、常温で保存可能な生きエサもあるものの、管理に困ってしまうことが予想されます。また、オキアミやアミエビ等のエサは保存に適した場所で保存しなければ時間が経過するにつれて腐ってしまいます。逆にルアーは常温保存することができるので楽ちん!

直ぐに釣りを楽しめる

いざ、釣りを始めようとなったとき、新鮮なエサを利用するエサ釣りではエサ屋さんにエサを求めに行かなければいけません。逆にルアー釣りであればエサを買いに行く必要はなく、直ぐに釣り場へと向かい、釣りを始めることができます。ルアー釣りの「気軽さ」は直ぐに釣りを楽しむことができる点にあると筆者の私は感じています。

荷物が少なくなる

ルアー釣りはエサ釣りと比べて釣り場へと持参する荷物を少なくすることができます。オキアミやアミエビ、集魚剤を持っていく必要はありません。その釣法に合わせたターゲットのサイズを予想することでクーラーボックスのサイズも調整することもできるので気軽な姿で釣りを楽しむことができます。

ルアー釣りの「ゲーム性」とは?

ルアー釣りで「気軽さ」と同様によく使用されるワードが「ゲーム性」です。このゲーム性とは「お魚が釣れるまでの過程」のことを表しています。例えば、ある条件のときに釣れた、また、その時と同じ条件を行えば釣れるんじゃないだろうか、といったアングラーの経験を活かし、有利に釣りを進める複数の理論性を説いたもの。もちろん、ルアー釣りだけでなく、エサ釣りでもゲーム性というワードは使われています。

体力に自信が無い方は・・・

釣りは集中力を必要とする遊びです。エサ釣りは当たりを取る集中力は欠かすことができません。ルアー釣りは当たりを取る集中力に加えてアクションを加えるための体力が必要となります。ルアーやワームに生命力を与えるために常にリールを操作しなければいけません。体力に自信が無い方には不向きといえるでしょう。

逆に体力を付けたい方にはルアー釣りは最適。ルアーの操作は腕だけしか使っていないように見えますが腹筋や背筋、至る所の筋肉を利用しています。近年では運動を兼ねて釣りを始めようとする方もおられます。

エサ釣りの最大の強みとは?

エサ釣りの最大の強み。それは、エサそのものによる集魚性が期待できることでしょう。ルアーには集魚力はありません。もちろん、人工的に開発されたワームで集魚力を持っ手いるものも存在します。しかし、ルアーやワームの元のベースは天然のエサなので集魚力を考慮されているとしても理論上は天然のエサに叶うはずがないのです。釣果に即効性を求めるのであればエサ釣りはルアー釣りよりも釣果が出しやすいといっていいでしょう。

海の釣り場ガイド(関西編)

改訂版 関西海釣りドライブマップ 大阪湾~紀伊半島

関西編
海の釣り場ガイド

編集:つり人社別冊編集部
場所:関西
情報:2017(年)

関西を起点とした釣り場のポイントマップ。大阪湾~紀伊半島までのポイントマップを掲載。関西エリアで釣りをする方は釣り場のガイドブックを参考にしよう。

海の釣り場ガイド(関東編)

最新版 関東周辺ファミリー釣り場ガイド (BIG1シリーズ)

関東編
海の釣り場ガイド

編集:海悠出版
場所:関東
情報:2018(年)

関東を起点とした釣り場のポイントガイドブック。関東周辺のポイントマップが掲載されています。関東エリアで釣りをする方は関東のガイドブックを参考にしましょう。

ルアー釣りとエサ釣りの楽しさを導き出そう!

人によって釣りの楽しみ方は様々。気軽さが一つの魅力であるルアー釣りはエサ釣りには無い部分的なアドバンテージを持っているといえるでしょう。しかし、逆にエサ釣りはルアー釣りには無い釣果の即効性が期待できます。そして、何より、ルアー釣りは疑似餌に生命力を吹き込むため、常にリールやロッドを動かさなければいけません。ルアー釣りとエサ釣りのそれぞれの魅力を知った上で自分に最適な釣り方を導き出しましょう。

スポンサードリンク