甘エビで釣れる魚達10選!釣り餌に代用できる万能餌!

ぷりぷりとした食感でエビの中では珍しい生食が可能なホッコクアカエビ。この海老は甘エビと呼ばれており、日本の高級食材としても利用されています。このホッコクアカエビにはワラジムシが宿ることがあるものの、人間が食べる分には問題ないとされています。

今回、紹介するのは、甘エビを釣り餌に釣れる魚達。甘エビを餌として利用すれば、どのような魚を釣ることができるのか。甘エビは栄養価が高い食べ物なので魚達は絶対にモノにしたいはず。早速、注目していきましょう。

そこで、レポ部では・・・
甘エビで釣れる魚達10選!釣り餌に代用できる万能餌!
をレポートします。

甘エビの使い方

甘エビが買える場所
  • スーパーマーケット
  • 業務用スーパー
  • etc

甘エビの使用方法はそのままの頭有の甘エビを利用しても良し。また、尻尾を残して剥き身にしたり、全体を剥き身にして針へと装着しても構いません。頭有の甘エビをそのまま利用する場合は大物狙いに。剥き身にして利用すると直ぐに口を使って食べてきます。

甘エビの良くないところ

甘エビは釣りの万能餌としても知られています。しかし、釣り餌として利用できる甘エビは良い面を持っているだけではありません。甘エビのデメリットを知った上で万能餌である甘エビを利用しましょう。

餌持ちが悪い

冷凍された甘エビは水っぽいので餌持ちが悪くなります。お魚が少し突いただけで甘エビが針から外れてしまう可能性があるので甘エビはデリケートな餌でもあります。餌取りがウヨウヨといるポイントでは甘エビは利用しないようにしましょう。

甘エビの剥き身を利用する場合は塩で甘エビを絞めておくと甘エビの形がしっかりと保たれます。甘エビを入れたボールに塩を振りかけて少しモミ、一日放置しておけば塩が水分を吸って甘エビの餌持ちがよくなります。お試しください。

コストを気にする方は向かない

甘エビを釣り餌として釣りを行ったことがある方ならば分かることなんですが甘エビは本当によく釣れます。しかし、頻繁に甘エビを取り換えなければいけないので甘エビのコストが生オキアミの定価を超えてしまうということもよくあるんです。つまり、コストパフォーマンスによる違いからオキアミの代用品としては不向きということです。

ただ、これは甘エビの価格によることなので何とも言えません。外国産の解凍甘エビであれば10尾で200円ほどでしょうか。これでも直ぐに無くなってしまうのでコストパフォーマンスを気になさる方であれば素直に生オキアミやオキアミボイルを選んだ方が利口でしょう。

甘エビで釣れる魚達10選

万能な釣り餌として知られる甘エビ。甘エビを利用すれば様々なお魚を釣ることができます。甘エビはスーパー、また、業務用スーパーで買える食材。つまり、釣り具屋と比べて圧倒的に手に入れやすい食材です。そこで、甘エビで釣れる魚達を集めてみました。

グレ

甘エビといえばグレ。そう、甘エビはグレの大好物です。おすすめは刺身用の甘エビ。その甘エビの剥き身を針先に付け、紀州釣り、また、ふかせ釣りにて誘います。オキアミと甘エビの二つを使い分けてチャンレンジしてみましょう。

ヒガンフグ

トラフグの次に高価なフグとして知られるヒガンフグ。ヒガンフグのかっとう釣りでは刺し餌に甘エビの剥き身がよく使用されます。つまり、ヒガンフグは甘エビを利用することで釣れる魚といっていいでしょう。愛らしい顔ではあるものの、ヒガンフグは猛毒を持ったお魚です。フグ調理免許を持った方に捌いてもらいましょう。

メバル

スーパーに出回ることの少ないメバル。甘エビを利用してメバルが釣れたという釣果報告をチラホラ見かけます。落とし込み、穴釣り、ウキ釣りと、いろんな釣法での釣果報告を見かけます。メバルは甘エビを利用することで釣れる魚といっていいでしょう。

カサゴ

甘エビを使った釣りの釣果の中でもズバ抜けて多いのがカサゴの釣果報告です。元々、カサゴは目の前に落ちた餌であれば何でも口にするので貪欲なお魚として知れ渡っているものの、甘エビでの釣果がかなり高く、一部の地域では穴釣りでは欠かせない餌として知られています。一度、穴釣りに挑戦する機会がありましたら甘エビを利用してみましょう。

ハゼ

ハゼ釣りといえば甘エビ。刺身用の甘エビでの釣果報告が寄せられています。甘エビをハゼ釣りに利用する場合は剥き身にした甘エビを利用すること。針先が隠れるように甘エビの中心に沿って針へと通していきます。ハゼもカサゴと同じく、貪欲なお魚なのでホタテやエビ類、また、魚肉ソーセージなどの様々な餌を利用して釣ることができます。

真鯛

甘エビを語るならばこの魚を外すことはできません。そう、真鯛は甘エビを餌にして釣ることができるお魚の一つです。頭付きの甘エビを丸ごとテンヤに装着して釣るテンヤ仕掛けを始め、場所によるものの、海上釣り堀では甘エビを隠し餌として投入する場所もあるほど。ヌカ釣り、団子釣り、ふかせ釣りの刺し餌としても利用することができます。

イサキ

その軟らかさからお魚からの食いが良い甘エビ。海上釣り堀ではメジャーな餌として知られています。海上釣り堀ではイサキも甘エビを刺し餌に釣ることができるお魚の一つ。オキアミの食いが悪いときに有効的な餌として知られています。

イワナ

甘エビは海水魚だけに有効な餌ではありません。そう、甘エビを利用すれば淡水性のお魚も釣ることができます。その一つとして有名なお魚がイワナです。渓流釣りの代表的な餌といえばブドウ虫やミミズなどの虫系。しかし、川魚の刺し餌にはイクラを始め、甘エビも良く釣れるお魚として一部の釣り人に使われています。

ヤマメ

一生を河川で過ごすサクラマス。そう、河川残留型のヤマメも甘エビを刺し餌に釣れたという釣果報告を見かけます。渓流釣りにチャレンジしてみたいけど川虫に触るのが苦手な方は少なからずいると思います。そんなときには甘エビを試してみましょう。

ニジマス

川魚の代表ともいえるニジマス。元々、サケマス科のお魚は白身魚ということをご存知でしょうか。エビやカニなどの甲殻類のカロテノイド系色素を得ることでサケマス科の身には赤い色が付いています。つまり、ニジマスは海老系の餌を頻繁に口にするお魚。甘エビを餌にして釣れても何らおかしいことはありません。実際に甘エビを使ったニジマスの釣果の報告も寄せられています。一度、甘エビを刺し餌にチャレンジしてみましょう。

スーパーで甘エビを手に入れよう!

甘エビは高価ですが業務用の冷凍された甘エビであれば意外に安く売られています。業務用なので量も多く釣り餌にはぴったりでしょう。是非、甘エビを使った釣りに興味をお持ちの方は、最寄りのスーパーで甘エビを買って試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク