春のサビキ釣り入門 | 針のサイズや釣り方を徹底解説!

オールシーズン楽しむことができるサビキ釣り。サビキ釣りは多くの魚種をターゲットに収めるため、季節を問わず楽しむことができると当たり前のように言われています。しかし、サビキ釣りでは多くの場合、アジやイワシ、サバなどの青物を主旨としていることも事実です。

その場合は各魚種において旬のシーズンが存在すると捉えることができるでしょう。さて、サビキ釣りのメインターゲットともいえる回遊魚のシーズンは夏の季節から秋の季節まで。残念ながら春と冬の季節は釣果が下がるという釣果報告が目立ちます。

今回、紹介するのは、春のサビキ釣りでおすすめする針のサイズやその釣り方について。いろんな魚達が釣れるサビキ釣りですが春の季節は釣果の伸びが出ないことも事実。そのような場合に対処するためのノウハウを解説していきましょう。

そこで、レポ部では・・・
春のサビキ釣り入門 | 針のサイズや釣り方を徹底解説!
をレポートします。

春のサビキ釣り、釣れないんだけど!

万能な釣法であるサビキ釣りでも釣果が伸びにくい季節があることをご存知でしょうか。それは、春の季節と冬の季節。この二つの季節はサビキ釣りのターゲットであるアジ、イワシ、サバの活性が不安定になる季節。ただし、回遊魚は常に回遊を続ける魚です。春の季節でも湾内にも侵入する回遊魚も確認できるので諦めてはいけません。

産卵に適した環境を探すため

春の季節は魚達の恋の季節。回遊魚は水温が温かくなるにつれて北上を行い、産卵に適したポイントを探し回ります。ただ、春に入りたての頃は水温が冷たく、産卵には向いていません。低水温の中で産卵を行うと卵が孵る前に死んでしまう場合があるので温かい水温下で産卵を行う必要があります。

産卵後は食いが悪くなる

多くの魚は産卵前に餌を摂取し、栄養を蓄えます。しかし、産卵を終えた個体は体力を回復するために一時的な休暇を取ります。この時期は食いは一向に悪くなるので春の季節で最も釣りにくい時期といえるでしょう。

春のサビキ釣りの釣り方とは?

春のサビキ釣りで釣果を得るには幾つかのステップを踏まなければいけません。このステップを順序良くこなすだけでアナタはサビキ釣りの達人に!サビキ釣りで釣果が伸びない方は各ステップを一つずつクリアし、より良い釣果へと導いてみてはいかがでしょうか。

Step1. ポイントを探す

初めに行うことはサビキ釣りに適したポイントを探すこと。インターネットや釣り番組、釣具屋さんの情報を頼りにポイントを探します。既に釣果報告があるポイントはもちろんのこと、足場の安定など、安全面にも気を使って選ぶようにしましょう。

Step2. 回遊の有無を調べる

サビキ釣りに適したポイント選びが終われば、そのポイントで回遊の群れがあるかを調べます。春や冬の水温変化が激しい時期の回遊は日ごとに違います。回遊がなければ、サビキ釣りの醍醐味を存分に堪能できない場合も。その日の回遊の有無を調べるには釣り場に通うしかありません。周りの釣り人を参考にして、回遊の有無を調査します。回遊していなければ違う日に調査してみましょう。

Step3. サビキの準備【釣り開始】

そのポイントに回遊があればサビキ釣りを始めてみましょう。サビキ釣りの餌としてアミエビを利用し、サビキの針のサイズは5、6号を基準に使用します。水面を覗き込み、表層で回遊の群れが泳いでいるならば表層へと落とし込み、周りの釣り人が釣れているのに表層に魚達の姿が見えない場合はアミエビを深場へと落とし込むため、コマセカゴへとギュッと強めに詰め込んで落とし込みます。

Step4. 魚のサイズの確認

二~三匹ほどの魚が釣れたらサビキの針の調整に移ります。大きい個体であれば、大きめの針を。小さい個体であれば小さめの針を用意します。春のサビキ釣りではサビキの針のサイズを多めに持って行き、使い分けることで適合した針のサイズを見極めます。サビキ針専用に作った仕掛け巻きがあれば分かりやすく管理することができますよ。

仕掛け巻きをご存知でしょうか。仕掛け巻きは仕掛けを保存する道具。使った仕掛けを仕掛け巻きに保存しておけば次の釣行でその仕掛けを再度利用すること...

Step5. 釣りの続行と終了

スズメダイやフグなどの外道が頻繁に掛かる場合、もしくは、突然の雨、風が強くて釣りにならない場合、アミエビが無くなってしまったなどなど。釣りを終了する時間と続行の判断は自分でするしかありません。くれぐれも危険の無いように釣りを楽しみましょう。

春のサビキ釣りで釣果を出す秘訣とは?

春のサビキ釣りで釣果を出す秘訣は釣りにかける思い。つまり、情報収集やマメさといっていいでしょう。そのポイントにアジ、サバ、イワシの回遊の有無やサビキ針の号数の調整。水深(タナ)やアミエビの広がり方と至るところまで気にする必要があるでしょう。

サビキ針のサイズの変更

春のようなシビアな状況が見込めるサビキ釣りではサビキ針のサイズを広く扱います。とにかく、アジ、サバ、イワシに限らず、様々な魚種を釣ることができるサビキ釣りの強みを無駄にしないこと。春のサビキ針のサイズのベースは5、6号を基準として考えます。4号は少し小さいサイズ。25(cm)ほどのアジも問題なく釣り上げることができます。

持っておきたいのはサビキ針の3号です。3号は餌として使用するアミエビと同じサイズ。つまり、アミエビに似せた針を利用するサビキ釣りでは他の針のサイズと比べて自然に引っ掛けることができる針だということ。極端に食いが悪いときには3号のサビキ針を利用してみましょう。

アミエビを針に付ける

サビキ針への掛かりが悪いときには、アミエビの中から大きめのアミエビを選び、サビキ針の針先に付けてみます。これだけで食い付きが変わります。サビキ針にアミエビを付ける場合には、より小さな号数を利用すること。3号、4号をのサビキであれば容易に付けることができるでしょう。

スキンの変更

サビキ針には様々なスキンが用意されています。シンプルなサビキでハゲ皮、ピンク、サバ皮、ナマズ皮などの特徴を持ったスキンが登場しています。自然に誘えるスキンはアミエビの色に似せたピンクスキン。アミエビは食べるけど針への食いつきが悪いときに有効的なスキンです。ハゲ皮は丈夫で滑らかに動きます。そして、アジに対して実績の高いスキンとしても知られています。サバ皮は光の反射でキラキラと光るスキン。回遊性を持ったサビキ釣りのターゲットは光を好む魚達。サバ皮も有効的に誘うことができます。

タナの調整

サビキ釣りでよく狙う水深(タナ)はボトム付近。春のサビキ釣りでも海底付近を軸に魚を狙います。しかし、釣果が厳しい春でのサビキ釣りでも表層付近に群れをなして泳ぐ回遊魚の姿をチラホラ見かけることも。そのような場合は表層付近でアミエビを散らし、表層で針を維持して釣りこぼしの無いように回遊するお魚達を狙いましょう。

情報収集を怠らないこと

サビキ釣りは様々な魚種をターゲットとする釣法。しかし、その場に魚が存在していないならばサビキ釣りでも釣果を出すことはできません。釣果を得るために必ず行うことは情報収集です。情報収集は釣り場にいる人に尋ねるだけ。そのポイントで何が釣れているのかを知ることで先の釣果を予想することができます。

釣り入門者の方から絶大な支持を得ているサビキ釣り。サビキ釣りの難易度は低く、その場にお魚が入れば、そのお魚を比較的簡単に釣ることができるエサを...

春のサビキ釣りのおすすめの針のサイズ

サビキ針のサイズ
  • 3号
  • 4号
  • 5号
  • 6号
  • etc

春のサビキ釣りの針のサイズは5、6号を基準に小さめの針を利用します。釣れるサイズの目安としては4号で10(cm)前後。5号で15(cm)。しかし、4号のサイズでも20(cm)ほどの中型サイズを釣ることができます。魚がいるのに掛からない場合は針のサイズを小さくしてみましょう。サビキ針の3号はアミエビと同等のサイズ。針として見せるのではなく、餌であるアミエビと同調させることができれば、より釣果が高まるでしょう。

豆サイズ【3号】

ライズウェイ(RISEWAY) 爆釣サビキ ピンクサビキ 3-0.6-1.5 3枚組 USA-003

3号
爆釣サビキ

メーカー:ライズウェイ
ハリス:0.6(号)
幹糸:1.5(号)

ライズウェイの爆釣サビキ。ピンクサビキです。豆アジ用としてはもちろんのこと、小型サイズのお魚であれば何でも釣ることができます。アミエビの中から大きめのアミエビを見つけ出し、付けエサとして利用すると更に釣果を伸ばすことができます。

小型サイズ【4号】

RISEWAY(ライズウェイ) 白スキンサビキ 3枚組 4号

4号
爆釣サビキ

メーカー:ライズウェイ
ハリス:0.6号
幹糸:1.5号

ライズウェイの爆釣サビキ。白スキンサビキです。4号は小型のアジに適したサイズ。10~15(cm)ほどの魚を釣ることができます。ライズウェイの爆釣サビキは4号で25(cm)ほどのアジを釣ったという釣果報告もあります。丈夫で強度が高いサビキ仕掛けです。

小型サイズ【5号】

がまかつ(Gamakatsu) サビキ革命 ピンクスキン S138 5号-ハリス0.8

5号
サビキ革命

メーカー:がまかつ
ハリス:0.8号
幹糸:1.8号

がまかつのサビキ革命。ピンクスキンです。このサビキは針そのものに工夫がされており、魚が釣れた後に魚がすぐに取り外せるように針の形状を考慮。スムーズに、そして、スマートにサビキ釣りを行うことができます。

中型サイズ【6号】

TAKAMIYA(タカミヤ) 大漁シンプルサビキ 3枚組 針6号-ハリス1.5号 ピンク

6号
シンプルサビキ

メーカー:タカミヤ
ハリス:1.5号
幹糸:3号

タカミヤのシンプルサビキ。ピンクスキンです。タカミヤのサビキはパッケージにサビキが多く入っており、コストパフォーマンスも優秀。よく使用するサイズが6号なのでありがたい製品となっています。

春のサビキ釣りはコツコツと!

春夏秋冬の四つの季節の中で春は二番目に難易度が高い季節。サビキ釣りといえども春は思考を回転させないと釣果を出すことは難しいといっていいでしょう。しかし、春の後半はポカポカと温かい日差しを浴びながら快適に釣りを行うことができる時期。いわば、釣り日和ともいわれる数少ない時期となります。寒くもなく、暑くもなく、快適なシーズンなので釣りを始めようと思われる方は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク