春のアジの釣り方は?産卵のシーズンの仕掛けやコツを解説!

お魚の恋のシーズンとも呼べる春の季節。もちろん、春のアジも恋の季節。産卵シーズンを迎えます。アジの産卵は前期と後期に分けられ、前期は産卵前のシーズン。後期は産卵後のシーズンに分けることができます。それぞれのパターンでアジの反応は著しく変化するのでアジを目的として釣りを行われる方は見極める力が必要な季節ともいわれています。

この春の季節はコンスタントに釣果を残すことを目標に挙げます。一定した釣果を得ることができれば春の季節のアジ釣りを一歩知ることができたと捉えることができるでしょう。シビアな時期とラフな時期が混ざり合う春の季節。今回、紹介するのは、そんな春の季節におすすめするアジの釣り方について。春の季節に釣りを行われる方の参考になれば幸いです。

そこで、レポ部では・・・
春のアジの釣り方は?産卵のシーズンの仕掛けやコツを解説!
をレポートします。

春のアジは産卵前と産卵後で食いが変わる!

春の季節はアジにとって一番に大切な季節。このポカポカとした産卵に向いた季節はアジの子孫を残すための季節です。アジは産卵前の個体と産卵を終えた産卵後の個体に分かれ、それぞれの個体によってエサの摂取量が変化します。産卵前の個体と産卵後の個体のそれぞれのエサの食べ方の違いについて注目していきましょう。

産卵前の個体

産卵前のアジは栄養をつけるために沢山のエサを捕食します。産卵前に捕食するエサはゴカイ、アミ、シラスなどの様々なエサを捕食します。つまり、暴飲暴食の傾向にある産卵前の個体は釣れる可能性が非常に高いといっても過言ではないでしょう。

産卵後の個体

産卵を終えた産卵後の個体は産卵で体力を使いきっているので捕食行動が制限されます。つまり、エサの捕食行動が極端に制限されるので釣りにくい個体であるといえます。しばらく経過すると体力回復のために徐々に捕食し始めます。

春のアジは釣果が不安定な時期

春のアジ釣りは不安定な釣果となることが多いので一発勝負は禁物。効率的な釣りを行うのであれば、まず、釣れているのか、釣れていないのかを確認するために釣り場の下見が重要だと感じています。アジが釣れているという情報さえ仕入れることができれば不安定な春の時期のアジ釣りで釣果を得られることでしょう。

春のアジ釣りでは情報を仕入れること

アジは回遊性のあるお魚。ポカポカと温かい気温の春には日本列島に沿って北上してきます。しかし、北上するアジがいつ近くの漁港へ辿り着くのかは時期によって不明。遅いときもあれば早い時期もあります。北上するアジの位置を突き止めるには、やはり、情報収集が重要です。情報収集の方法に注目していきましょう。

釣り場の情報を参考にする

釣り場の情報を事前に知っておけばアジの回遊を有無を知ることができます。その釣り場に友人がよく行くのであれば友人に釣果を聞いておくのも良いでしょう。この釣り場の情報で自身の釣果が左右されるので非常に重要な参考要素と言えるでしょう。

釣具屋の店員さんに聞いてみる

釣具屋の店員さんに聞くと答えてくれます。親切な釣具屋さんであれば地図を開いて丁寧に教えてくれるので良い気持ちで釣りを始めることができます。釣りの店員さんは釣り好きな方が多いので話も弾みますよ。

インターネットの情報を参考にする

有名な釣り場であればインターネットで情報を収集してみましょう。釣果報告を載せているサイトも多いので参考になるはずです。注意すべきは釣果報告の日数。産卵期は一、二週間で釣果が変わるほどにシビアな時期。出来る限り、最近の釣果を参考にしましょう。

春のアジを攻略する仕掛けとは?

春のアジは産卵前と産卵後の異なる二面を持ったアジが存在しています。しかし、アジを釣るのであれば仕掛けを組み、アジがいる可能性のあるポイントへとキャストしない限りは釣ることができません。そこで、春のアジの攻略におすすめする仕掛けに注目します。

サビキ釣り

サビキ釣りはオキアミをエサとして利用した釣り方です。オキアミに似せたサビキ針を利用し、オキアミと間違えた魚をサビキ針で釣るというシンプルな仕掛けです。春夏秋冬、この仕掛けを利用してアジ釣りを楽しむことができます。もちろん、産卵の季節である春の季節でも有効的。強い集魚力でアジを一気に集めることができます。

ちょい投げサビキ

サビキ釣りを投げれるようにした投げサビキ仕掛け。アジの回遊ルートが反れてしまったときに有効的な仕掛けです。少し奥のポイントへと届かせることができるので回遊ルートがズレてしまっても大丈夫。もちろん、ウキストッパーを利用するだけでタナの調整もできます。手の届かないテトラ周りにも届かせることができるので便利な仕掛けです。

アジング

アミエビではなく、疑似餌を利用するアジング。ルアーゲームの一種でアジを釣ることを目的として開発された釣り方です。ジグヘッドと呼ばれるルアーとワームを一体化させることで小魚の動きを表現し、アジへと存在感を示します。ルアーゲームといってもテクニックはいりません。ただ単に巻いてくるだけでアジが掛かるので面白いですよ。

アジングの遠投用の仕掛け(海底)

春のシーズンの序盤はまだ水温が冷たいので水温の安定した深場にアジがいる可能性があります。沖合からアジが回遊してくるのは産卵に適した環境を求めるため。つまり、深場のアジを狙えばより良い釣果を得ることができるでしょう。キャロライナリグはジグヘッドをより沖合へとキャストでき、より深いポイントを攻めれる仕掛けです。

アジングの遠投用の仕掛け(表層 – 海底)

幅広いタナを攻めることができるフロートリグ。もちろん、フロート自体に重さを持っているので遠投することもできます。キャロライナリグは海底を軸としているものの、フロートリグは表層から海底と幅広いタナへとアクセスすることができます。キャロライナリグとフロートリグを使い分けて春のアジングの釣果を伸ばしましょう。

春のアジを釣ってみよう!

産卵前と産卵後でアジの釣果が変わる春の季節。爆釣の可能性を秘めたシーズンである一方、産卵後のアジは食いが落ちるのでボウズ続きとなってしまうこともしばしば。この春の季節はコンスタントに釣果を残すことを目標としましょう。

スポンサードリンク