アジが釣れる季節・時期とは?春夏秋冬のアジング攻略法

春夏秋冬のどの季節がアジ釣りにぴったりな季節なのかという素朴な疑問。アジ釣りをする方であれば誰しもが考えたことのある疑問だと思います。このページではアジが釣れる季節と時期、シーズンごとの釣り方やアジの行動パターンについて解説しています。

アジを目当てに釣りに出かける方はそのアジの行動パターンをアジングのヒントにして楽しんでみてはいかがでしょうか。

そこで、レポ部では・・・
アジが釣れる季節・時期とは?春夏秋冬のアジング攻略法
をレポートします。

アジングのシーズナルパターン

アジはシーズンによって釣れるサイズが大まかに決定します。そして、アジが捕食するベイトの種類も変化するので、ベイトに合わせてワームを変化させるアジングではシーズニングパターンが重要となります。そこで、春夏秋冬のアジの行動パターンやその行動に合わせてアングラーはどのように対処すれば良いのかを解説していきます。

『春』アジのシーズンオフ期間

春はアジの釣果はいまいち。お魚の恋の季節となる春はアジの産卵のシーズンです。ただ、アジは水温の高い場所にいる餌を求めて移動する回遊魚。まだ春は水温が冷たいのでアジの釣果はしぶしぶと言ったところ。

3月

まだ冬の寒さが残る3月は水中の温度が低いため、シーズン準備期間と言ったところ。この時期のアジは根付きのアジを狙いましょう。回遊性を持ったアジだけではありません。環境が気に入るとその適した環境に住み続けるアジもいます。根付きのアジは大きい個体が多い一方、海底でジッと動かないことも多いのでボトムを入念に探索してみましょう。

4月

ポカポカと温かい気温で春らしさを感じられるシーズン。産卵前と産卵後の個体が入り交じるアングラーにとっては複雑な時期です。産卵前のアジはバチ、アミ、シラス、イカナゴと様々な餌を食します。これは産卵に備えるための行動。この産卵前のアジは簡単に釣ることができるものの、産卵を終え、疲れたアジは餌を食べなくなります。これはある程度の体力を回復するための行動。この時期は産卵前のアジを上手く掴むことができれば釣果を望むことができるでしょう。

5月

このシーズンも産卵前と産卵後の個体が混じり合う時期。アングラーにとってはアジングを行う上での複雑な時期だと言えるでしょう。ただ、春終わりになると水温も上昇し、プランクトンが生息できる海水温度になります。プランクトンを求め、漁港に侵入するアジも多いので気を抜かずに根気良くアジを探索してみましょう。

『夏』アジの数釣りが楽しめる季節

夏はアジの数釣りのシーズン。このシーズンはアジが最も活発に動くシーズンで春に産まれた小さなアジが釣れるほかに他の海域から回遊してきたアジも釣ることができます。ただ、釣れるアジは小さいサイズが多いので小さい針のサイズを利用しましょう。

6月

春の名残と夏の温かさで体はポカポカ。この時期はから豆アジがポツポツと釣れるようになってきます。豆アジはサイズが小さいので豆アジ専用のジグヘッドを利用すること。豆アジは体が小さく吸い込む力も弱いので軽いジグヘッドを利用しましょう。

7月

夏の蒸し暑さでスッカリ夏の姿に。梅雨が明ければ本格的な夏の始まりです。この時期は豆アジのシーズン。小ぶりではあるものの、漁港へと侵入する小アジも多いのでアジングがより活発化する時期です。豆アジのベストシーズンだと言えるでしょう。

8月

少しサイズの大きいアジが入り交じる時期。豆アジや小アジの数釣りが期待できる時期です。豆アジ専用のジグヘッドを軸にサイズを調整しましょう。このシーズンのアジは夜釣りがおすすめ。時々、中型のアジも掛かるので気を抜けない時期です。

『秋』中型のアジを狙えるシーズン

秋はアジのベストシーズン。小さかったアジもある程度の成長を遂げてシラスなどの小魚を捕食し始めます。小魚に似せたメタルジグやワームにも好反応を示すシーズンでアジングに最適な季節です。数、サイズ共にまずまずの釣果を上げることができるでしょう。

9月

食欲の秋。読書の秋。スポーツの秋。秋はチャレンジする季節。秋口であるこの時期はアジのサイズも程よく成長し、小型のアジから中型のアジを狙えるシーズン。豆アジの姿はあまり見かけなくなる変わりに中型のアジを狙うことができるシーズンです。

10月

この時期はアジングのハイシーズンとも呼ばれる時期。ある程度の成長を遂げたアジを釣ることができる絶好のシーズンです。中型のアジが連続して掛かることも珍しくはありません。アジの量も質も申し分のない時期であると言えるでしょう。

11月

少し冬の兆しである寒さを体感できるシーズン。海水温の温度も低下する時期でもあるので安定した水温を好むアジにとっては住み辛くなります。しかし、まだまだ、アジが釣れる時期でもあるので諦めずに狙ってみましょう。

『冬』大型のアジが狙えるシーズン

海水温の低下によってプラクトンが発生し辛くなる冬の季節。冬のアジは餌を求めて温かい海域へと出かけます。小さい個体も消えて沖へと旅立っていくシーズン。アジングでは釣果が伸びにくい一方、環境に適応した大型のアジを釣ることができるシーズンです。

12月

すっかりと秋の涼しさは消えて寒さへと変わる時期。アジは寒くなると温かい水温を求めて南下します。ただし、南下するアジも入れば、その環境を気に入った根付きのアジもいるので、まだ水温の温かいポイントでは釣果を望むことができるでしょう。

1月

本格的な寒さと寒波が到来する時期。この時期のアジは中型から大型のアジが狙えるシーズン。アジの数は減るものの、整ったサイズのアジを釣ることができます。キャロライナリグやフロートリグを利用して潮通しの良いポイントから深場や沖目を狙いましょう。

2月

まだまだ冬の寒さは続きます。水温が低下し、アジの活性も低下していることでしょう。より沖目へとキャストし、海底を軸として誘うことが良い釣果を得る秘訣です。この時期は全体的に大きいアジを狙うことができるシーズンです。尺アジを狙える時期でもあるので大型のアジを目的とする方は見逃さないようにしましょう。

アジングはオールシーズン楽しめる

アジングではアジが回遊して来なければボウズに終わることがありますが、基本的にアジの回遊があればアジはオールシーズン釣ることのできるターゲットです。春夏秋冬ごとに変化するアジの行動パターンで何かしらのヒントを得ることができればより良い釣果に結び付けることができるかもしれません。是非、参考程度にアジングをお楽しみください。

スポンサードリンク