春のメバル釣り入門 | 3月、4月、5月の狙い方とは?

メバルの旬ともいえる季節「春」は釣り人にとっても見逃せない季節。そう、春の季節はメバルのベストシーズンであり、この季節を逃してしまうと当分の間はベストシーズンと呼ばれる時期にメバル釣りを行うことができません。

春はメバル釣りのベストシーズンとよく言われるものの「どうしてメバル釣りに適した季節が春なのか」については語られていないような気がします。今回は、その解説と月ごとのメバル釣りの楽しみ方に注目します。

ポカポカとした春のシーズンに釣りに出かけないなんて勿体無い!この記事を読んでメバル釣りに興味が出た方はメバルを釣りに海へと向いましょう。

そこで、レポ部では・・・
春のメバル釣り入門 | 3月、4月、5月の狙い方とは?
をレポートします。

春はメバル釣りのベストシーズン!

春告魚と呼ばれるようにメバルが釣れ出すとメバルのシーズン「春」が到来したサインです。メバル釣りはオールシーズン楽しめる釣りではあるものの、春の釣りは別格。メバルが最も釣りやすい季節である春はメバルが適正水温下で生息できるシーズンです。しかし、春の季節は短い期間。一ヶ月毎に季節の余波や予兆を感じる季節でもあるのでメバル釣りではシビアな立ち回りが必要なシーズンでもあります。

春はメバルの餌がいっぱい!

人間と同様にメバルにも好き嫌いがあります。ただ、自然界は弱肉強食の世界。そこに餌となるベイトが居ればそのベイトを捕食するというのは至って普通の...

月ごとに変化するメバルの性質とは?

気象庁による四季の区分での春の季節は、3月、4月、5月の3ヶ月。この春の3ヶ月はメバル釣りのベストシーズンでメバル釣りの貴重なシーズン。このシーズンをどう乗り越えるかで一年のメバルの釣果が大きく左右されます。単にメバル釣りを楽しむ方、メバルのサイズアップに貢献してくれる季節でもあるので春の季節は逃さないようにしましょう。

【3月】メバルの準備期間

春初めとも呼ばれる3月はメバルの準備期間。メバルは冬に産卵しに接岸。産卵を終えた個体は徐々に体力を回復している途中です。まだ、冬の寒さも残るので動きが遅い個体も多くいることでしょう。前半は冬の寒さが残るものの、後半にはポカポカとした気温の春の兆しが現れます。この後半のシーズンこそ、メバルの初期シーズンだと言えるでしょう。

【4月】ボチボチとメバルが釣れ始める

春らしさを最も体感できる4月はメバルが活発になる季節。アミ、バチ、シラス、ホタルイカ、イナッコなどのメバルのベイトも豊富に発生する時期。浅瀬や深場、様々なポイントにメバルは生息し、体力を蓄えています。メバル釣りにおいて4月は適正水温を求め、浅瀬に移動する個体もいるのでメバルが狙いやすいシーズンであると言えるでしょう。

【5月】メバルシーズン真っ只中!

ベストシーズン真っ只中ともいえる5月は浅瀬でメバルが狙えるシーズン。この月こそ、安定したメバル釣りを楽しむことができる時期でもあります。暖かい気温と共に水温がポカポカと温かくなる春の終盤。メバルの適正水温は10~18度。夏のような暑さではなく、春の温かさがメバルの適正水温と合いやすい月でもあります。

月ごとのメバルの攻略方法とは?

冬よりかは寒さが和らぎ、夏よりかは涼しい丁度良い季節の春。ただ、この春は温度変化が激しい季節でもあります。メバルは生息し辛い環境から抜け出すために温かい浅瀬へと向かってくる季節。陸っぱりアングラーからは見逃すことのできないシーズンとなることでしょう。そこで、月ごとのメバル釣りの攻略方法について注目します。

【3月】より沖へ!深いポイントを探ってみよう!

まだ冬の名残が多く残る3月は水深の深い場所に残るメバルも多いのでメバル釣りには時期尚早といったところ。メバル釣りでは遠投して深いポイントを誘うことをおすすめします。メバリングではフロートリグを利用するとより遠くへと飛ばすことができますよ。

【4月】深いポイントを軸に浅瀬も入念にチェック!

この月はメバル釣りで迷いが生じやすい期間。メバルは接岸する個体も入ればそのまま遠瀬の深場へと住み続けるメバルもいます。深場はもちろん、浅瀬も入念にチェックを。遠投ができ、且つ、表層を一定のレンジで攻めることが可能なプラグや素早くポイントへと届かせることができるバイブレーションやメタルジグの出番です。メバル向けのシンキングペンシルも開発されているので奥から手前へと入念に誘ってみましょう。

【5月】浅瀬にいるメバルを狙ってみよう!

メバル釣りで最も釣果を出しやすい期間ともいえる5月はメバルが浅瀬に最も近付いている期間でもあります。ジグヘッドの重さを変えるだけで幅広いメバルに対応でき、プラグを利用すれば安定した水深を攻めることができます。夜釣りがメインとなるメバル釣りではプラグは必須。常夜灯で照らされた水面の奥へと投げて手前へと誘ってみましょう。

春のメバリングにはフロートリグを!

春のメバル釣りでは春初めは水深の深いポイントを探索し、春終わりに掛けて水深を徐々に浅く変化させていくことが大切です。そのためにジグヘッドやプラグの重さを変えていくことも重要な要素。ただ、フロートリグを利用すれば更に深場を狙うことができ、フロートの種類によっては水深をキープすることができるようになりますよ。

アウトシュート

SHIMANO(シマノ) ウキ ソアレ アウトシュート 01T グロー 7.0 SF-A21Q - -

入門者
アウトシュート

メーカー:シマノ
重さ:3.6~7.0(g)
良いところ:取り付けが簡単

シマノのアウトシュート。グローとノーマルの二つのタイプが存在しており、夜間はグローにすることで竿へと巻き込みを防止することができます。このフロートリグはラインを切らずに取り付けることができ、煩わしい手間がかかりません。取り付けにかかる手間を省くことができるので初めてフロートを扱う方でも気軽に利用することができます。

ブッ飛ビロッカーⅡ

Arukazik Japan(アルカジックジャパン) フロート ブッ飛ビロッカーⅡ L F

上級者
ブッ飛ビロッカーⅡ

メーカー:アルカジックジャパン
重さ:4.8~11.8(g)
タイプ:HF・F・F0・SS

アルカジックジャパンのフロートリグ。かなり繊細に作り込まれたフロートリグです。タイプはハイフロート、フローティング、エフゼロ、スローシンキングと沈下スピードを繊細に決めることができる他、フロートのサイズも全部で三つの種類が用意されています。LLサイズになると11(g)が登場しており、遠くのポイントまでジグヘッドを運ぶことができます。メバリングのフロートの扱いに慣れてきた方におすすめします。

月ごとのメバルを攻略しよう!

メバルは安定した水温下で生活するお魚。海水温にシビアなお魚ということを知る必要があるでしょう。夏場と冬場はメバルの生活しやすい適正水温から離れてしまう季節。メバルは安定した水温を求めて深場へと移動してしまいます。春のシーズンこそ、メバル釣りには最高の季節。少ない3つの月を満足した釣果で飾るために。春の季節は一日一日を大切にメバル釣りを楽しみましょう。

スポンサードリンク