アジング入門 | 初心者向けのタックルや装備一式を解説!

魚類の中でも特に分布が広いアジ。アジは世界各地の温帯域で生息し、日本では食用として捕獲されています。そのアジを主旨として釣るルアーゲームこそがアジングです。アジの分布は広いので、どの釣り場からもアジ釣りを楽しむことができるというのがアジングの魅力。

アジングはアジ釣り初心者の方や女性の方にもおすすめする釣り方です。ゴカイ、イソメ、オキアミといった生餌に触れる必要はありません。ルアーとワームを利用すれば簡単にアジを釣ることができます。

そこで、今回は、アジングにチャレンジする上で必要な道具に注目します。これからアジングに挑戦しようとお考えの方は必要な装備を揃えてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

そこで、レポ部では・・・
アジング入門 | 初心者向けのタックルや装備一式を解説!
をレポートします。

アジングとは?

アジングはアジをメインとして釣るルアーゲーム。釣りの中でも、ライトタックルを用いる釣り方で、ジグヘッドと呼ばれるオモリとハリが一体化したルアーにワームを装着してターゲットとなるアジを誘います。アジの分布は広く、防波堤、漁港、波止などの人間の生活圏の近くの釣り場から気軽に狙えるターゲットです。

アジングに必要な道具

アジング入門者の方はアジングの装備を揃える必要があります。そこで、アジングに必要な道具を集めてみました。アジングにチャレンジしようと思われている方は以下の装備を揃えてアジングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ロッド

アジングをする上で最も大切な道具。竿です。アジングはライトゲームジャンルの一つで、軽いタックルで釣りを行います。軽いタックルというのは重たいルアーを扱えるヘビー寄りの装備ではなく、軽いルアーを扱えるライト寄りの装備のこと。アジング専用の竿を利用することをおすすめします。

リール

おすすめの番数
  • 1000番
  • 1500番
  • 2000番

アジングをする上で第二に大切な道具。リールです。アジングは巻きの釣りというように、ただ巻きを基本として操作します。つまり、ルアーのコントロールがしやすいように小さめのリールを用います。1000番~2000番間のリールをおすすめします。

ライン

おすすめするサイズ(フロロカーボンライン)
  • 2LB
  • 3LB
  • 4LB
おすすめするサイズ(PEライン)
  • 0.2号
  • 0.3号
  • 0.4号
おすすめするサイズ(エステルライン)
  • 0.2号
  • 0.3号
  • 0.4号

リールが決まればライン。ラインと言うのは道糸のこと。リールに巻きつけるメインラインのことをいいます。アジングに使用されるラインは、フロロカーボン、PEライン、ポリエステルラインの三種類。それぞれがメリットとデメリットを持っています。アジング入門者におすすめするラインはフロロカーボンライン。フロロカーボンラインに慣れてきたら、PEラインやポリエステルラインを使用することをおすすめします。

ショックリーダー

おすすめするサイズ(PEラインに直結)
  • 0.8号
  • 1.0号
  • 1.2号

ショックリーダーとは道糸の先に直結するラインのこと。ショックリーダーはキャスト時に掛かるショックやお魚の歯や根ズレによるラインブレイクを防止してくれます。主にPEラインを用いたときにショックリーダーを利用します。

ジグヘッド

ジグヘッドのサイズ
  • #4
  • #6
  • #8
  • #10
  • #12
  • #14
  • #16
  • etc

アジングをする上でルアーとして利用するのはジグヘッド。アジングではジグヘッドにワームを装着してアジを誘います。アジングで利用するジグヘッドのサイズは#4~10の間。ただし、豆アジや尺アジ用に設計されたジグヘッドであれば、それ以上、以下のサイズも使用することも。ジグヘッドはオモリとハリが一体化した釣具です。

アジング、メバリングを行うにあたり、ジグヘッドは必要不可欠。そして、そのジグヘッドには多くのフックサイズが用意されているだけに、ライトゲーム入...

ワーム

アジングではジグヘッドにワームを装着してアジを誘います。海中ではジグヘッドが小魚の姿に見え、その姿を見たアジが食いついてくるという仕組み。アジング用のワームは数多く登場しています。ワームの使い分けもアジングで釣果を出すには大切な要素です。

ライフジャケット

海釣りにおいてライフジャケットは必要不可欠。アジングは夜釣りでこそ、釣果を発揮できる釣り方。夜釣りに挑戦しようと思われている方はライフジャケットを用意しておきましょう。足を踏み外せば海に転落。転落した人間はパニックに陥り、海水を飲んで溺れてしまいます。友人が夜の海に落ちたことがあり、その友人はこう語っていました。上か下か分からなかった。まさに、夜の海は恐怖。ライフジャケットは必ず着用しましょう。

ヘッドライト

夜釣りを行うのであればヘッドライトは必要です。両手が空いた状態で移動することができ、足元やその先を照らすことができます。もちろん、手元の仕掛けを照らすこともできるので仕掛けを組むときも楽ちん。夜釣りに欠かせない釣具となるでしょう。

クーラーボックス

アジが釣れた際にはクーラーボックスに保管すると便利。おすすめするクーラーボックスは大型のクーラーボックスではなく、小型のクーラーボックス。アジングは決めたポイントで腰を添えて粘る釣り方ではありません。このポイントでアジが釣れないと判断すれば移動することも視野に入れる必要があります。大型のクーラーボックスでは持ち運びに不便。小さなクーラーボックスを活用するとアジングを楽に行うことができますよ。

釣りに欠かせないアイテムの一つクーラーボックス。アングラーの皆様はどのような基準でクーラーボックスを選択しますか?保冷性能、姿、軽さ・・・。一...

アジングを楽しもう!

アジングは軽量タックルを利用する釣法。とはいえ、釣りであることには変わりないので、ある程度の釣具は揃えなければなりません。今回、紹介した7つの釣具を揃えるだけでアジングを楽しむことができます。アジングに興味をお持ちの方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。きっと、楽しくアジングを行うことができますよ。

スポンサードリンク