【アジング&メバリング】軽量ジグヘッドのメリットとデメリットを解説!

アジング、メバリングなどのライトゲームを楽しんでいる方であれば様々な重さのジグヘッドをタックルケースに忍ばせているはずです。突然ですがアングラーの皆様は軽いジグヘッドをお持ちでしょうか。そして、その軽いジグヘッドはどのような状況で使用されていますか?

今回、紹介するのは、軽量ジグヘッドを利用する上でのメリットとデメリットについて。軽量ジグヘッドの良い点と悪い点を知ることができれば、より繊細な状況下でジグヘッドの使い分けができるようになります。早速、注目していきましょう。

そこで、レポ部では・・・
【アジング&メバリング】軽量ジグヘッドのメリットとデメリットを解説!
をレポートします。

軽いジグヘッドは、どんなときに使ってる?

軽いジグヘッドを使用する状況。それは一体、どのような状況下におかれたときでしょうか。アジング、メバリングなどのライトゲームでは軽いジグヘッドと重いジグヘッドの双方の使い分けがその日の釣果を左右するとも言われています。状況を見極める力こそが満足した釣果へと繋がるのかもしれません。

軽量ジグヘッドと呼ばれるのは何グラム~?

アジングやメバリングで標準的に利用されるジグヘッドの重さは1~2(g)。軽量ジグヘッドと呼ばれているグラム数は1(g)未満を指しています。軽量ジグヘッドはキャストする際には飛距離が出ません、また、風や波の影響を受けやすくなります。ただ、軽量ジグヘッドならではの強みも存在するので持っておいて損は無いでしょう。

軽いジグヘッドの利点とは?

軽いジグヘッドは特定の状況下で使用することで、重いジグヘッドを利用したときよりも使いやすく、また、ターゲットに対し、より有効的に誘うことができます。果たして、軽いジグヘッドを利用する状況とはどのような状況なのか。そこで、軽いジグヘッドを利用する上での利点について注目します。

吸い込みが良くなる

人間がストローを使って飲み物を飲むときと同じようにお魚も吸い込むときには筋肉を活用します。個体によって吸い込むときの力は異なるものの、ジグヘッドが軽量であれば吸い込み時の力を使わずに餌を吸い込ませることができます。

フォール時間が長くなる

アジやメバルはフォール時に捕食に入ると言われています。つまり、ゆったりとしたフォール時間を長めに取ればお魚の捕食時間も長くなり、捕食の下手な個体でも安心して捕食の間を与えることができるようになります。

レンジをキープできる

レンジとはタナのこと。水中の深さを決定するときに使用する用語です。軽いジグヘッドであれば一定のレンジをキープすることができます。重たいジグヘッドは巻くスピードを緩めると急に沈下するものの、軽いジグヘッドはゆったりと弧を描くように沈下してくれます。ある程度のレンジをキープすることができるのでシャローエリアでも根掛かりを恐れずに強気な姿勢で攻めることができますよ。

自然なアタリを追求できる

軽いジグヘッドは波の影響を受けます。重たいジグヘッドは重さがあるので海の中の重力とリールを巻くときの張力の両方により、浮力がある海中内でも、ある程度は固定された状態になります。ただ、軽いジグヘッドは引き抵抗が少ないだけでなく、波の影響をモロに受けてしまいます。これは、逆に、自然に沿った形で誘えるということ。不自然に見せない自然なアタリを追求することができます。

軽いジグヘッドの欠点とは?

軽いジグヘッドの良い点に触れました。ただ、軽いジグヘッドはメリットだけではありません。軽いジグヘッドには少なからず欠点も存在することを覚えて置かなければならないでしょう。そこで、軽いジグヘッドを利用する上での欠点について注目します。

風の影響を受けやすくなる

軽量ジグヘッドのデメリットは環境下の影響を受けやすくなること。ジグヘッドを飛ばす際には風の影響を受け、泳がせているときには波の影響を受けやすくなります。自然なアタリを追求できるというメリットがあるものの、軽量ジグヘッドは扱いにくい重さでもあることを覚えておきましょう。

飛距離が出ない

軽量ジグヘッドは軽いモノ。飛距離は出すことができないことを覚えておきましょう。そして、軽量ジグヘッドは風の影響を受けてしまうので場合によっては釣りにならないこともあります。強風、且つ、向かい風であれば間違いなく飛ばすことはできないでしょう。

海底へと着くまでに時間が掛かる

軽量ジグヘッドは重たいジグヘッドと比べて沈下スピードが遅いので素早く底取りをしたい場合には不向き。アジの回遊コースが深いタナの場合は素早くアジのポイントまで届かせる必要があります。その場合には軽いジグヘッドは向かないでしょう。

ジグヘッドの重さを感じにくい

ジグヘッドの重さが軽いと引き抵抗も感じにくくなります。そして、何より、重さを感じにくいというのが軽いジグヘッドのデメリットでもあります。引き抵抗があるということは波の抵抗を感じることができ、重さを感じとれるということは、その重さ以外の何かしらの違和感を瞬時に見抜くことができるということ。吸い込みが良いという面があるものの、抵抗を感じ取れるのと取れないのとでは大きな差があると考えて良いでしょう。

軽量ジグヘッドを使うと釣果が伸びるかも!

軽量ジグヘッドは嫌われがちな傾向にあります。何故か。それは、風の強い環境では飛距離も出せないし、扱いにくいから。ただ、不思議なことに軽量ジグヘッドでしか食わない状況もあります。軽量ジグヘッドは波や潮の影響を受けやすい一方、食いの間を長く与えてくれたり、お魚の吸い込み時には極力、違和感を与えずに吸い込ませることができます。軽量ジグヘッドはお魚の口に合わせたジグヘッドとも言うことができるでしょう。

ゼログラヘッド

34 ゼログラヘッド 0.5g

0.5
ゼログラヘッド

メーカー:サーティーフォー
重さ:0.5(g)
用途:アジ・メバル

サーティーフォーのジグヘッド。鉛製のジグヘッドに樹脂コーティングを施した一品。軽量ジグヘッドではあるものの、ジグヘッドの存在感を感じ取ることができます。スローで巻くだけでレンジキープ力もお手の物。初めて軽量ジグヘッドに手を出す方におすすめします。

SWライトジグヘッド

ダイワ(Daiwa) ジグヘッド アジング メバリング 月下美人 SWライトジグヘッド SS 0.5g #10 926256

0.5
SWライトジグヘッド

メーカー:ダイワ
重さ:0.5(g)
用途:アジ・メバル

ダイワのソルトウォータ用のジグヘッド。アジング、メバリングに利用することができます。グロー系の本体は蓄光器で光らすことができます。デイゲームはもちろん、ナイトゲーム問わず、利用することができますよ。

軽量ジグヘッドが適したポイントを見つけ出そう!

軽量ジグヘッドは使う場所によっては本来の能力を発揮できない場合もあります。軽量ジグヘッドのメリットとデメリットを総合的に判断した上で真に使うべき場所を見つけ出して軽量ジグヘッドを利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク