ショートシャンクとロングシャンクの違いとは?それぞれの使いどころに注目!

ジグヘッドにはシャンクと呼ばれる部位が存在することをご存知でしょうか。この部位はお魚の食いに影響を与える部位として知られており、数々の議論がなされています。この部位の使いどころを知ることができれば、より良い釣果を得られるようになるでしょう。

今回、紹介するのは、ジグヘッドにおけるシャンクの意味と、その使いどころについて。アジング・メバリングでジグヘッドが多用される今だからこそ、知っておきたいシャンクのアレコレを集めてみました。早速、注目していきましょう。

そこで、レポ部では・・・
ショートシャンクとロングシャンクの違いとは?それぞれの使いどころに注目!
をレポートします。

ジグヘッドの部位名「シャンク」とは?

シャンクとはジグヘッドの直線的に伸びる真っ直ぐな部位を指します。シャンクはジグヘッドの大部分を占め、シャンクの長さが長ければジグヘッドの本体も長くなり、逆にシャンクが短ければジグヘッドそのものも短いモノとなります。ジグヘッドのシャンク長はジグヘッドの長さ、大きさを決定する重要な要素です。

ショートシャンクとは?

ショートシャンクとはシャンクの長さが短めに設計されたモノ。ショートシャンクで設計されたジグヘッドのシルエットは全体的にコンパクトに仕上がっています。つまり、お魚の口に入りやすいというのが一番のメリット。お魚がジグヘッドの頭を狙って食ってきたときにはスッポリとその口に収まることでしょう。

ロングシャンクとは?

ロングシャンクとはシャンクの長さが長めに設計されたモノ。ロングシャンクの一番のメリットは吸い込み系のバイトに強い点。ジグヘッドにワームを挿すとロングシャンクの場合はワームのより後ろにフックポイントを設定することができます。つまり、ワームの後部を狙って食ってきた繊細なアタリをキャッチできるようになります。

ライトゲームにおけるシャンクの使い分けとは?

最近では、アジングにはショートシャンク、逆に、ロングシャンクはメバリングに使われることが多くなってきました。何故、アジングではショートシャンク、メバリングではロングシャンクが使われるようになったのでしょうか。そこで、ショートシャンクとロングシャンクの使いどころについて注目していきましょう。

ショートシャンクは頭からのアタリをキャッチ!

やはり、ショートシャンクの強いところは頭からのアタリをキャッチできること。ジグヘッドの頭部からフックポイントまでの距離が短いショートシャンクはお魚がジグヘッドの頭をガッツリと捕食するときに効果を発揮します。青物系のバイトは頭部に集中することも良くあることで、青物が餌を捕食する際には頭から飲み込むようにして捕食します。アジは青物の一種。アジの活性が高いときにはガッツリ系のアタリも頻繁にあります。そのような状況にはショートシャンクのジグヘッドを利用するといいでしょう。

ロングシャンクは後ろからのアタリをキャッチ!

ロングシャンクのメリットは吸い込み系のアタリに強いところ。メバルの捕食は餌を吸い込むように捕食することがほとんど。全てのメバルが吸い込み系のバイトというワケではありませんがロングシャンクにすることで後ろからのツツクようなアタリをキャッチすると共に吸い込み系のバイトにも対処することができます。

ジグヘッドの部位名「ゲイブ」を知ろう!

ジグヘッドのゲイブとは先端のフックポイントからシャンク軸の間の長さを指します。このゲイブの使い分けにより、お魚のフッキング率が極端に変わるともいわれています。ゲイブについて詳しく知りたい方は以下のリンクを参考にしてください。

ジグヘッドのゲイブとは?それぞれの使い分けを解説!

ライトゲームを行う上での必須アイテムといえばジグヘッド。このジグヘッドのゲイブには二つの種類があることをご存知でしょうか。ゲイブについては後述...

ジグヘッドのシャンクを適切に使い分けよう!

ジグヘッドのシャンクの長さを意味を知り、その意味に沿った使い方でジグヘッドを使いこなせば、より良い釣果を得られるかもしれません。ショートシャンク、ロングシャンク、二つのタイプのジグヘッドをタックルボックスに揃え、ライトゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク