フィッシンググローブをおすすめする理由!メリットとデメリットに注目!

アングラーの皆様はフィッシンググローブをお持ちでしょうか。フィッシンググローブには様々なメリットが存在すると同時にデメリットも存在します。今回、紹介するのは、フィッシンググローブのメリットとデメリットについて。

フィッシンググローブは釣りの必需アイテムであるかという討論がよくなされます。それほどまでにフィッシンググローブは釣りを行う上でシビア。釣法においてはフィッシンググローブを付けていない方が快適な釣りを行うことができる場合も。

着用するか、しないかで分かれるフィッシンググローブ。そのフィッシンググローブの使い勝手について注目していきます。

そこで、レポ部では・・・
フィッシンググローブをおすすめする理由!メリットとデメリットに注目!
をレポートします。

フィッシンググローブとは?

フィッシンググローブは釣りをサポートする手袋。そのフィッシンググローブの特徴は様々。滑り止めが付いたモノや防水加工されたモノ、フィンガーレスといって指の先が剥き出しとなったモノ。そのグローブによって快適な釣行をサポートしてくれます。

フィッシンググローブのメリットは?

フィッシンググローブには釣りをする上でのサポート機能が備わっています。それでは、どのようなサポートをしてくれるのでしょうか。そこで、フィッシンググローブの魅力とそのメリットについて注目します。

温かい

フィッシンググローブを装着するだけで温かくなります。冬場にはフィッシンググローブの存在は有り難く、手の中の体温を保温し、冬場の冷えをサポートしてくれます。寒さ対策としてフィッシンググローブを活用する方もいますよ。

手が汚れない

グローブ越しに魚を掴むことで手の汚れを防ぐことができます。魚を素手でキャッチすると、その魚が新鮮であっても魚臭さが残留したり、その魚のウロコが手に貼り付いたりと一回のキャッチだけで直ぐに手が汚れてしまいます。フィッシンググローブは手の汚れを防ぐ目的としても活用できます。

しっかりと掴める

グリップ性能はフィッシンググローブの性能によるものの、ほとんどの釣り用のグローブはグリップ力を重視されて作られています。しっかりと滑らずにグリップを掴むことができるので安心して使用できるはずです。

怪我の防止

やはり、フィッシンググローブの第一の魅力は怪我をしにくくなることではないでしょうか。フィッシンググローブは手袋。頑丈な素材で作れたフィッシンググローブをチョイスすれば針が刺さったり、魚を掴む際にある程度の危険を防止することができます。

魚に与える影響を極力下げる

魚を素手でキャッチしてしまうと体温によって魚は火傷を負ってしまいます。そこで、フィッシンググローブの出番。フィッシンググローブが体温を遮断してくれるので魚に与える影響を極力下げることができ、不意の魚の怪我を防ぐことができます。

フィッシンググローブのデメリットとは?

フィッシンググローブはアングラーをサポートしてくれる便利なアイテム。ただし、状況によってはフィッシンググローブの性能が仇となることも。そこで、フィッシンググローブのデメリットについて注目していきましょう。ただ、ご安心を。フィッシンググローブは状況によって使い分けることでより豊かに利用することができますよ。

感度が下がる

フィッシンググローブを装着すると感度が下がります。というより、魚の当たりが分からなくなるということ。魚の当たりを取る方法として利用されている方法はラインを直接触れて当たりを感じ取る方法です。ただ、フィッシンググローブを装着しているとラインに伝わる感度がグローブ越しに伝わります。つまり、感度が取りにくくなります。

夏場は暑くなる

フィッシンググローブは冬場には保温性を発揮するものの、夏場になると逆に暑くなります。手袋の内部に篭った熱は外部へと吐ききれずに蒸れることに。蒸れるとフィッシンググローブはジメジメ、手袋の中は汗でジトジト状態になります。

フィンガーレスグローブとは?

フィンガーレスとは指先が剥き出しになっていること。フィンガーレスタイプのグローブを利用すれば剥き出しとなった指先でラインの感度をダイレクトにキャッチすることができます。ただ、その指先は保護されていないので無防備である点は注意が必要です。

フィッシンググローブ(3フィンガーレス)

Goture(ゴチュール) フィッシング グローブ 3本切 メンズ 釣り用手袋 ネオプレーン 3フィンガーレスグローブ 赤/黒 Lサイズ

釣り用
投げ釣りの巻

サイズ:L・XL
素材構成: ネオプレーン、PU
性能:滑り止め加工・伸縮性・吸湿発散性

フィンガーレスタイプのフィッシンググローブ。親指・人差し指・中指の三つがフィンガーレスになっています。拳に滑り止め加工がされているだけでなく、蒸れに強い吸湿発散性に優れたネオプレーン素材で作られています。

フィッシンググローブをチョイス

デメリットがあるとはいえ、フィッシンググローブはメリットの方が多いように感じます。今では感度の低下を防ぐために指の先が剥き出しとなったフィンガーレスタイプのフィッシンググローブも登場しています。気に入ったフィッシンググローブをチョイスして今後の釣行に使用してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク