冬のアジ釣りを楽しむ!大アジの釣り方を紹介します!

う~、寒い!そんなときこそ、家で過ごさずに外で釣りへと出かけてみてはいかがでしょうか。冬の釣りは寒さとの戦いというイメージが強く残るものの、今となっては防寒対策グッズも豊富に登場しているので、真冬で無い限りはそれほど気に病む必要はありません。

冬の釣りにおすすめするのはアジ釣り。わたしが感じるに冬のアジは脂が乗っていて食べる上で絶品!アジの旬ともいえる秋の名残りを残しつつ、秋の間に栄養を蓄えたアジの丸々太った美味しい脂肪分と共に味覚を堪能することができます。

今回、紹介するのは、冬のアジ釣りの基本と基礎。冬におすすめするアジ釣りの仕掛けから、ちょっとしたアジ釣りのウンチクをご紹介します。是非、冬の釣りを楽しみ、アジの味覚を堪能して仕事や家事の疲れを癒やしてはいかがでしょうか。

そこで、レポ部では・・・
冬のアジ釣りを楽しむ!大アジの釣り方を紹介します!
をレポートします。

冬は魚が釣れなくなる?

冬は魚の食いが極端に落ちる季節。冬の海は夏の海と比べて綺麗だと感じたことはないでしょうか。夏の海はプランクトンによって汚れ、冬の海はプランクトンの姿が著しく減るため、透き通ったような海へと変化します。そう、夏場はお魚の餌となるプランクトンが発生するための好適条件が揃っているといっていいでしょう。水温、日射・・・。水温が冷たい冬の季節はプランクトンが細胞分裂を引き起こすための条件下に無いといえます。

より詳しく知りたい方はコチラへ!

冬の季節はお魚、釣り師にとっても厳しい季節。釣り師の間ではお魚の食いが落ちるために我慢の季節とも言われています。釣りを趣味とする釣り師の方々は...

冬のアジを攻略する仕掛けとは?

水温の温かいポイントではアジの回遊が期待できます。冬のアジは少し深めのポイントを狙ってみましょう。そこで、冬のアジ釣りに合った仕掛けを集めてみました。冬のアジを釣る目的の方の参考になれば幸いです。

サビキ釣り

サビキ釣りの構成はシンプル。メインラインに市販のサビキ仕掛けを付け、その先におもり付きのコマセカゴを装着するだけ。餌はアミエビを利用します。水面を見る、もしくは、他の釣り人の釣果を参考にして近くにアジが回遊しているのであればサビキ釣りを利用してアジを釣りましょう。アジが近くに回遊しているのならば確実な方法です。

ちょい投げサビキ

アジの姿が水面に見えないとき、もしくは、他のサビキ釣り師のアジの釣果が無いときには少し遠目のアジを探索してみましょう。アジの回遊ルートは一定しておらず、近場にいなくても、5、6(m)奥のポイントに回遊ルートがあることも珍しくはありません。上の仕掛けは先程のサビキ釣りを投げれるようにした仕掛けです。ウキ止めを利用することで様々なタナ(水深)のアジを誘うことができますよ。

カゴ釣り

先程の投げサビキを更に投げれるようにした仕掛けです。おもり付きのロケットカゴを利用すれば更に遠くへと仕掛けを飛ばすことができます。冬のアジは水深の深いポイントで回遊していることもしばしば。カゴ釣りはアジだけでなく、いろんなターゲットを狙える魔法のような仕掛け。飛距離にお悩みの方はカゴ釣りの仕掛けを利用してください。

この三つの仕掛けはターゲットを問わず!

前項目で注目した三つの仕掛けはアジが釣れる代表的な仕掛け。アジは回遊魚なので群れで行動します。その群れを一網打尽にする仕掛け。アジを目的として釣る場合にはアミエビを利用します。アミエビは釣具屋さんに必ず置かれているメジャーな餌です。簡単に入手できるので餌を揃えて希望の仕掛けで釣りへと出かけましょう。

冬に釣れる魚達は沢山!他の魚も狙ってみる?

釣り師の間では冬季はオフシーズンと知られています。ただし、それは水温が低い水域に限られます。水温が高い水域では、その場所で留まり、産卵を行う時...

市販の仕掛けを活用しよう!

仕掛けを組む際には市販の仕掛けを利用すると便利です。もちろん、一つ一つ針とハリスを結び、自分で仕掛けを作るのも悪くはありません。ただ、始めから組まれた市販の仕掛けを利用した方が便利であることは言うまでもないでしょう。サイズをチョイスするだけでいろんな釣り方を楽しむことができますよ。早速、幾つか紹介していきましょう。

ボウズのがれ サビキ下カゴ

ささめ針 ボウズのがれ サビキ下カゴ式 XA003 M

落とす
サビキセット

メーカー:ささめ針
距離:真下
構成:サビキ針・下カゴ

サビキ針と下カゴが一緒となった仕掛け。元々、仕掛けが組まれているので仕掛けの組み合わせに悩む必要はありません。サビキ針だけではなく、下鈎が付いているので、その下鈎にオキアミやイソメ類を装着すれば大きい魚も狙えます。一石二鳥とはこのことですね。

下カゴ飛ばし サビキセット

ハヤブサ(Hayabusa) 下カゴ飛ばしサビキセットリアルアミエビ 6-2

ちょい投げ
サビキセット ウキ付き

メーカー:ハヤブサ
距離:沖目
構成:ウキ・サビキ針・下カゴ・他

ウキ、針、下カゴ、ウキ止めなどの様々な道具が一式となったサビキ仕掛け。少し沖目のターゲットを狙いたいときにはコレ。道糸に仕掛けの先端をセットするだけで少し遠目を狙ったサビキ釣りを楽しむことができます。もちろん、その場に落とし込んでも大丈夫です。

冬のアジのおすすめレシピとは?

わたしが感じるに冬に釣れたアジは秋のアジの次においしい!まだ、初冬であれば秋の名残りが残っているのか、ため込んだ栄養分を消費することもなく、秋のアジに似たプリプリ感を味わうことができます。そこで、冬のアジにおすすめする料理に注目します。アジが釣れた際には注目する料理でアジの冬の味覚を堪能してみてはいかがでしょうか。

アジのたたき

アジのたたきは三枚卸しにして中骨を取り除いたアジを1(cm)ほどにカットしていきます。そのカットしたアジの身に薬味として、生姜、薬味ねぎ、刻んだモノを添えて完成です。刻んだ大根おろしの上に大葉を。そして、その大葉の上にアジのたたきを乗せると見た目も綺麗に仕上がりますよ。

アジのなめろう

アジのたたきとアジのなめろうは別物。アジのたたきはアジのコリコリとした食感を残し、薬味と共に頂きます。アジのなめろうは更に細かくアジの身を潰したもの。その中に、味噌や薬味と一緒にたたき合わせて作ります。アジのなめろうは船の上で作られていた漁師料理。見た目は少し悪いものの、おつまみとしては最高級!アジが釣れたら絶対に食べてほしい調理法です。

アジの刺身

小さいアジを除き、中型、大型のアジは刺身にするとおいしい!アジのサイズが大きいと三枚卸しに慣れない方でも上手に三枚卸しを完成させることができるはず。アジが小さいと三枚卸しの過程で身が千切れてしまうなどのトラブルも多々あります。何より、釣った新鮮なアジの味覚をダイレクトに味わうのであれば刺身しかないでしょう。

アジフライ

みんな大好きアジフライ。小さいアジの場合は三枚卸しに失敗してしまうこともあることでしょう。無理に三枚卸しにチャレンジしなくても小さいアジであれば干物を作るときの要領でアジフライを簡単に作ることができてしまいます。最終的には揚げることになるので卸す際に失敗しても悔やむことはありません。美味しく頂くことができますよ。

さぁ、冬のアジ釣りへと出かけよう!

魚の食いが極端に落ちる冬季。しかし、冬の魚達も餌を食べなければ生きてはいけません。アジの回遊ルートを見定めることがアジ釣りで釣果を出す秘訣。是非、冬のアジ釣りに興味を持たれた方は三つの仕掛けを利用してアジを攻略してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク