メバリングの合わせ方と当たりの取り方!簡単に合わせられる方法を紹介するよ!

メバルを主旨として釣るルアーゲームといえばメバリング。メバリングとアジングは似たようなタックルを用います。アジングタックルをお持ちの方はメバリングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。きっと、メバリングの魅力に吸い込まれますよ。

さて、メバリングを楽しんでいる皆様はメバルがバイトした際にはどのような合わせ方でメバルをフッキングへと持ち込みますでしょうか。ネット上ではメバルの合わせの取り方でお悩みの方が多く見られました。そこで、メバルの合わせ方について注目していきましょう。

そこで、レポ部では・・・
メバリングの合わせ方と当たりの取り方!簡単に合わせられる方法を紹介するよ!
をレポートします。

メバリングとは?

メバリングはメバルを主旨として狙う釣法。仕掛けは簡単。ライトゲーム用のタックルにメインラインとしてPEラインを。そのPEラインとフロロカーボン製のショックリーダーを直結し、その先に軽量リグを組めば仕掛けの完成です。主にワームを利用した釣法をメバリング、プラグ等のルアーを利用した釣法をメバルプラッギングと呼び、多くのライトゲーマーから疑似餌を活用したメバル釣りは支持され続けています。

メバリングの合わせ方は?

メバルの合わせ方は一つではありません。そのメバルが当たり判別時、もしくは、フッキングした際にどのような反応を取るかで変化します。その変化を冷静に掴み取ることができればメバリングの当たりの判別は容易に行うことができるでしょう。

はっきりとした当たりには?

ただ巻きをしている最中に急に来る当たり。ガツン、ゴツゴツ、ガンガンと表現されるハッキリとしたメバルの当たりには少し竿を立ててゆっくりと巻くようにします。このようなハッキリとした当たりはメバルの口元に掛かった証拠。竿を立ててゆっくりと巻くだけでメバルの口元の針がより食い込むのでバレることは少ないはずです。基本的にはメバルは向こう合わせ。メバル釣りが初心者におすすめされる理由は簡単な合わせにあります。

トントン、コツコツとノックする当たりには?

メバリングで多いアクションがこのパターン。トントン、コツコツ、と表現されるハッキリとしないメバルの当たりです。このようなハッキリとしないメバルの当たりには当たりと同時に竿先をゆっくりと立てる動作を行って様子を見ます。

このラインを立てる動作の中でラインが張ったときがチャンス。少し小さな合わせを入れてメバルをフッキングに持ち込みます。当たりが明快でない場合は聞き合わせでメバルを釣りましょう。

スーッと持っていかれる当たりには?

コツコツ、ゴツゴツ、といった当たりを感じず、スーッと持っていかれる当たり。この当たりには竿をゆっくりと持ち上げるように合わせを入れてください。スーッと持っていかれる場合は疑似餌を加えたまま移動している証拠。つまり、キチンと針がフッキングしていない場合が多いのでバラしてしまうことがほとんど。無理に合わせを入れてしまうとズッポリと抜けてしまいます。慎重に持ち上げて針の横たわりを防ぎ、竿を立てることで針を立てた状態にして、プルプル震える本来の当たり動作が始まるまで様子を見ます。プルプルと震える動作を感じたら直ぐに小さな合わせを入れてみましょう。

フォール中の当たりには?

ワームを着底させる最中にバイトが出る。いわゆる、フォール中の当たりの判別に欠かせないことはラインを常に張った状態で着底させること。キャストから着水まで。もしくは、着水から数秒後の間に糸ふけを回収してラインを張った状態にします。素早く糸ふけを回収できればテンションを掛けている間も長くなります。

このテンション間のバイトがメバル釣りの最大のキモ。フォール中の当たりはトントン、コツコツといった明快な当たりでないもの、逆にガツンと持って行かれるもの。大まかに二つのバイトパターンが存在します。上で解説した二つの当たり判別方法を参考に。そして、フォール中の当たりは逃す方が多いので常に油断をせずにラインテンションを掛けたままフォールさせるようにしてください。これだけでフォール中の当たりを判別することができますよ。

ラインを制御するコツ!

ショアジギング、エギング、ライトショアジギング、どの釣法においても着底というステップを踏まなければアクションを開始できません。もし、横殴りの風...

大きな合わせは必要なし!

ライトゲームに強い合わせは必要ありません。大きく竿先を立てて合わせてしまうとメバルであろうとも口切れを起こしてしまいます。とはいっても、それは、その竿の柔らかさ次第。硬い竿で強く合わせてしまうと口切れのリスクが高まり、逆に、柔軟な竿での合わせであればメバルの口でも耐えてくれます。とはいえ、そのようなハイリスクをおかしてまで強い合わせを入れる必要がないでしょう。竿を立てるだけで十分に対応できますよ。

月下美人(アジ・メバルロッド)

ダイワ(DAIWA) メバリングロッド スピニング 月下美人 76L-T メバリング 釣り竿

高感度
76L-T

メーカー:ダイワ
全長:2.29(m)
ルアー:1.5~7(g)

ダイワの月下美人。アジング、メバリングの両方を楽しむならばコレ。1.5グラム~7.0グラムと範囲の広いルアーを使用することができ、ジグヘッド、プラグと種類を問わず、利用することができます。高い感度、軽さ、軽快な操作性、満足できるライトゲームロッドです。

人生で一つのチャンスをモノにしよう!

そのメバルの当たりは人生で一度しかありません。メバリングの楽しみ方は人それぞれではあるものの、メバルとのやり取りこそがメバリングの醍醐味であると筆者は感じています。メバリングの当たりの判別は数をこなすしかありません。慣れてくるとスムーズにメバルとのやり取りを楽しむことができますよ。是非、メバリングの当たりの判別にお悩みの方は紹介した当たりの取り方を試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク