冬に魚が釣れない理由とは?その理由と対処方法を解説!

冬の季節はお魚、釣り師にとっても厳しい季節。釣り師の間ではお魚の食いが落ちるために我慢の季節とも言われています。釣りを趣味とする釣り師の方々は釣れなくなる冬の季節をどのようにお過ごしでしょうか。

今回、紹介するのは、冬の季節の過ごし方。そもそも釣れない理由とは何なのか。そして、冬の季節で一定の釣果を出すためにはどのような工夫を行えばいいのかについて注目していきます。冬の季節での釣果にお悩みの方の参考になれば幸いです。

そこで、レポ部では・・・
冬に魚が釣れない理由とは?その理由と対処方法を解説!
をレポートします。

そもそも釣れない理由は?

冬の季節の釣りは我慢の釣りともいわれています。そもそも釣れない理由とは何なのか。お魚は大胆な一面を持った生物でもあってシビアな一面を持った生き物でもあります。そこで、冬に釣れない理由を集めてみました。

適正水温がある

お魚には適正水温があることをご存知でしょうか。人間でも同じ。限られた環境下でなければ生きることができません。水温が下がれば釣りのターゲットとして親しみのあるお魚たちの活動範囲も狭まり、適正水温を求めて移動します。一度、お魚の適正水温について詳しく調べてみてはいかがでしょうか。きっと、納得されますよ。

魚 適正水温
検索

高い水温の場所へと移動する

寒い外気にさらされた海水は水温が下がります。水温が下がるとプランクトンも生きることができません。つまり、お魚たちは温かい水温を求めて移動することに。温かい水温の深場や、まだ温かいポイントを求め、沖へと流れて行くことになります。

魚の食いの悪さ

お魚の食いの悪さは体の制限。冬越に備え、冬前にお魚は体に栄養をできるだけ蓄えます。プランクトンが減少した海ではエサも少ない状態。つまり、体力の消耗をできるだけ抑え、冬を乗り切るためには極力活動を制限しなければいけません。魚の食いの悪さは厳しい冬の季節を乗り切る一つの手段とも言うことができるでしょう。

海がキレイということは・・・

冬の海は夏の海と比べてキレイだと感じたことはありませんか?水温の温かい場所はプランクトンによって汚れ、濁っています。逆に、水温の低い冬はプランクトンが生息できない環境。海がキレイだということはお魚たちからの視界も良好だということ。仕掛けだと見切られて釣れなくなることも釣れない理由として挙げられます。

冬の海で釣果を得るには?

冬の季節の海は水温の低下に伴い、様々な生き物が影響を受けてしまいます。冬の海でお魚が生き残るためにはお魚からすると冬を越すことを第一に考えなければいけません。冬の海で釣果を得るにはどのような工夫をすればいいのか。早速、注目していきましょう。

水温の温かい場所

冬に釣りを行う際には水温の高い場所、または、ポイントで釣りを行うようにします。水温の温かい場所にはお魚が集合している場合も。排水口には温排水の温かさを求め、多くの魚たちが集まります。温排水を排出する原発、火力発電所、工場付近は釣りの好ポイントと言うことができるでしょう。

遠投すること

基本中の基本。そう、遠投こそ、冬の釣りで釣果を出すために必要な方法だと感じています。冬の季節は水温変化の激しい季節。お魚は水温変化に弱いので浅瀬にいるお魚は水温変化の少ない深場へと移動してしまいます。深場を狙うには遠投すること。この遠投こそが冬で釣果を出すために必要な要素ではないでしょうか。

障害物の隙間

食いが落ちる冬であってもお魚は捕食活動を続けます。運動量は夏に比べ落ちるものの、カロリーを消費しない効率の良いエサの捕食活動であれば直ぐに食らいつくはずです。お魚の目の前にエサを落とすことさえできれば比較的に簡単に釣れてしまうことでしょう。

爆釣こそ少ないものの、ポツポツと釣れる季節

我慢の季節とも呼ばれる冬季。お魚の活性も下がるため、連続して釣れることは少ないものの、ポツポツと釣ることはできます。釣れない季節を釣れる季節に変えるために。釣果を出すには、水温の高い場所を選んで釣りを行うようにしましょう。

防寒対策も忘れずに!

アイリスオーヤマ カイロ 貼る レギュラー 30個入 ぽかぽか家族 PKN-30HR

カイロ
ぽかぽか家族

メーカー:アイリス
持続時間:12時間
良い点:貼り付けてぽっかぽか!

衣服に貼り付けてぽっかぽか。12時間も温かさが持続する長持ちカイロ。ただ、肌に直接、カイロを貼り付けてはいけません。火傷してしまいます。衣類の上から貼り付けて冬の寒さから体を守りましょう。

冬はオフシーズン?いいえ、釣れますよ!

一般的にオフシーズンと呼ばれることの多い冬季。お魚の活性は低下してしまうものの、ポイントさえ適切に選ぶことができれば、それほど気にせずに釣りを楽しむことができるでしょう。オフシーズンである冬こそ、釣りに出かけてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク