メジナの付け餌はどれ?その付け餌の癖とポイントを解説!

釣りの人気のターゲットの一つメジナ。メジナはスーパーでは出回ることの少ないお魚。釣り人だからこそ、触れ合うことができるお魚とも言うことができるでしょう。ところで、釣り師の皆様はメジナ釣りの付け餌は何をお使いでしょうか。

オキアミボイル、フジツボ、天然イガイ・・・。メジナを誘うための様々な餌が自然界に存在し、釣具屋さんに置いてあります。そこで、今回は、メジナ釣りの付け餌の数々について注目します。メジナの餌は一般的に何を使用するのか。という概念にとらわれず、一度、餌の一つ一つの良さについて探求し、自らが納得した餌を利用してみてはいかがでしょうか。

そこで、レポ部では・・・
メジナの付け餌はどれ?その付け餌の癖とポイントを解説!
をレポートします。

メジナとは?

真ん丸と黒い目。青みがかった黒い体色。関西ではグレとも呼ばれ、古くから釣りの人気のターゲットの一つとして親しまれてきました。メジナは岩場、磯場周辺に生息するお魚。メジナは釣りの象徴として知られています。

メジナの釣り方って?

  • ふかせ釣り
  • ウキ釣り
  • 紀州釣り
  • ヌカ釣り
  • etc

メジナの付け餌はどれを選ぶ?

どのような釣法においてもエサ釣りであれば付け餌は欠かせません。メジナはクロダイと癖が似ているとも言われており、一つの餌でもより好みをする神経質なお魚。メジナの掛かりが悪ければ違う付け餌への素早い交換をおすすめします。これから紹介するのはメジナに有効的の付け餌の数々。メジナ釣りの付け餌にお悩みの方は一通り使用して効果を実感した上でお決まりの付け餌を決定してみてはいかがでしょうか。

生オキアミ

ポピュラー
生オキアミ

集魚力:●●●●
メリット:高い集魚力、食いの良さ
デメリット:痛みやすい、柔らかい

ふかせ釣りのポピュラーな餌といえば生オキアミ。加工されていない生のオキアミを生オキアミと呼びます。生オキアミの利点は新鮮さ。オキアミ本来の集魚力はもちろん、魚の食いが良いことがメリット。ただし、新鮮なので身が柔らかく、身切れしやすいので餌持ちがよくありません。

オキアミボイル

ポピュラー
オキアミボイル

集魚力:●●○○○
メリット:針持ちの良さ、節約
デメリット:食いが落ちる

オキアミボイルはオキアミをボイル(茹でた)したもの。一度、ボイルして保存できるようにしたものなので生のような新鮮さはありません。ただ、ヌカに混ぜ込むヌカ釣りやダンゴ釣りでオキアミボイルを混ぜ込むのならば、オキアミボイルをそのまま付け餌として利用することもできます。

ジャリメ(石ゴカイ)

サブ
ジャリメ

集魚力:●●●○○
メリット:活きの良さ、匂いが強い
デメリット:メジナ以外も釣れる

メジナ釣りのポピュラーな餌といえば生オキアミとオキアミボイルですがサブの餌としてジャリメを持っておくと便利。夜釣りではジャリメの釣果報告もよく挙がっているだけに決して侮ってはいけません。ゴカイは元は水中生物なので海水の中でも活きが良く暴れてくれる存在。オキアミで釣れないときにはお試しください。

アオイソメ

サブ
アオイソメ

集魚力:●●●●
メリット:活きの良さ、匂いが強い
デメリット:メジナ以外も釣れる

ジャリメだけでなく、アオイソメもメジナ釣りでは餌として利用されます。アオイソメの集魚力はゴカイを上回るとも言われています。アオイソメを使用した夜釣りでのメジナの釣果をチラホラと見かけます。メジナに有効的な餌であることは間違いないでしょう。

海苔(ノリ)

コマセok
海苔(ノリ)

集魚力:●●●○○
メリット:コマセに混ぜれる
デメリット:軽い、柔らかい

ノリメジナって聞いたことがありませんか?そう、メジナは海苔を食べるお魚。コマセに海苔を混ぜ込むだけでなく、付け餌として海苔を利用することもあります。メジナを捌くと胃から海苔が出てくることも。冬季に海苔を付け餌として活用してみましょう。

不安な方におすすめする餌は?

メジナ釣りにおすすめする餌はオキアミかオキアミボイル!コマセを利用した付け餌であれば、この二つのどちらかの餌をチョイスすれば、まず困ることはないでしょう。余裕があれば、イソメ、ゴカイ等の虫餌の用意を。そのポイントでの付け餌の食いを確かめながら徐々に付け餌を変化させていきましょう。

メジナを釣ってみよう!

今後、使用してみよう!と感じた付け餌はありましたか?釣りの象徴として古くから親しまれてきたメジナ。メジナに有効的な付け餌は多く存在します。是非、メジナに有効的な付け餌をチョイスしてメジナ釣りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク