淡水専用だと思ってない?ベイトタックルを活用できるルアーゲームに注目!

ベイトリールといえば何を思い浮かべますか?釣り初心者には向いていないリールだとか。バッククラッシュなどのライントラブルが頻繁に起きてしまうリールだとか。いろいろとデメリット要素を含んでいるリールでもありますよね。

淡水といえばベイトリールという常識。今一度、その常識を取っ払ってベイトタックルの良さのみを集めた上で他の釣法と照らし合わせてみてはいかがでしょうか。きっと、意外なあの釣法にはベイトタックルの特性が合っているかもしれませんよ!

今回、紹介するのは、ベイトタックルで活用できる釣法の数々。淡水だけでなく、海水での釣法にもベイトタックルが用いられています。オフショアだけでなく、防波堤や堤防などのショアゲームまで。それでは、早速、紹介していきましょう。

そこで、レポ部では・・・
淡水専用だと思ってない?ベイトタックルを活用できるルアーゲームに注目!
をレポートします。

ベイトリールとは?

ベイトリールの操作方法はマニュアル操作。クラッチレバーを押すことで糸を巻いたスプール部のロックが解除されます。つまり、キャストした際に軸の回転が自由となったスプールの回転によってラインを放出するので、その回転を使用者自身が制御しなければいけません。制御をしなければスプールの回転速度がラインの放出スピードを追い越してライントラブルへと発展します。(この現象をバッククラッシュと呼びます。)

ベイトリールとスピニングリールの違い

釣りで用いられるリールは大きく分けるとスピニングリールとベイトリールの二つ。釣り初心者の方はスピニングリールを選択してしまいがち。ただ、その選...

ベイトタックルで狙える釣法とは?

ベイトタックルを使用する代表的な釣法といえばバスフィッシング。ただ、ベイトタックルは淡水を始め、海水での釣法と幅広く扱われていることをご存知でしょうか。ベイトタックルは手返しの良いリール。そして、巻き上げる力がスピニングリールよりも強い魅力があります。端的に考えるとパワーのある魚達にはベイトリールが一番!ベイトリールの特性に合った釣法があればベイトタックルでチャレンジしてみましょう。

チニング

クロダイを狙った釣法。小さいルアーも扱えるベイトフィネス。最近ではベイトフィネスでのチニングが主流に。手返しの良さに加え、大型のクロダイに対処するベイトリールのパワーはスピニングリールには無いモノ。軽いルアーもホイホイ飛んでいきますよ!

オクトパッシング

タコを主旨として釣る釣法。タコは危険を感じると吸盤を利用して近くの障害物に固定します。固定されたタコを強制的に剥がすならば瞬間的なパワーが強いベイトリールがぴったり!タコ釣りに使用するラインは3~8号と太いモノ。ベイトは太いリールも難なく巻けるのでタコ釣りには打って付けのリールであると言えるでしょう。

ロックフィッシュ

根魚を主旨として釣る釣法。カサゴ、メバル、ハタ類などの根魚は危険を感じると穴へと逃げ込みます。そのときに根魚は両鰓(エラ)を開いて隙間に体を固定させるワケですね。固定した根魚は強固で頑固!そんなロックフィッシュにはベイトリールのパワーを利用すれば無理やり釣り上げることができますよ!ただし、根魚の場合は短期決戦!完全に入り込まれると抜きようがないので注意してくださいね!

ライトジギング

手軽なオフショアゲームといえばライトジギング。ライトジギングは遠投することが少ない釣法。落とし込んで縦に誘うことが多いので縦の釣りとも言われています。わざわざ、飛距離を稼げるスピニングリールを使用することはないでしょう。ベースとなるターゲットは強い引きを持った青物系。瞬間的なパワーや太いラインが扱えるリールが必要です。ベイトリールはライトジギングにぴったりなリールと言うことができるでしょう。

バス

バスを主旨として釣る釣法。バス釣りでは手返しの良さが大切。スピニングリールのようにベールを起こしてキャストでは手返しが悪く、ベイトリールはクラッチを押し込むだけですぐにキャストすることができます。バスゲームでは遠投性はそれほど必要ではありません。ショートキャストで十分にポイントへと届かせることができます。

ベイトタックルを揃えて釣りにチャレンジ!

バッククラッシュなどのトラブル要素も多いベイトリール。そのため、ベイトリールはスピニングリールと比較すると少し使い勝手の悪いリールのようにも感じます。ただし、ベイトリールの良さはスピニングリールには無いモノ。ベイトリールの良さを活かすことができれば専門の釣法をより便利にこなすことができるはず。是非、ベイトリールに興味をお持ちの方は、ベイトタックルを揃えて釣りにチャレンジしてみてくださいね!

スポンサードリンク