サバ釣り入門!仕掛けと釣り方を解説!

食卓でお馴染みのお魚といえば青物。その青物の中でもサッパリとした味が魅力的なお魚といえば・・・。そう、魚の宝石「サバ」です。サバは青物の中でもキレイな体色をしており、一部の地方では魚の宝石とも呼ばれているお魚です。

そんなサバは防波堤や堤防、海釣り公園から気軽に狙えるお魚。サビキ釣りをしていたら小サバが釣れたという体験をした釣り師の方もいるのではないでしょうか。今回、紹介するのは、サバ釣りに関した一般知識。その基本と基礎について注目していきましょう。

そこで、レポ部では・・・
サバ釣り入門!仕掛けと釣り方を解説!
をレポートします。

サバとは?

サバの判断は背中の模様。迷路のように入り組んだ複雑な線模様が特徴的。背中の色は黒い青色から透き通った青色まで。サバの種類によってはゴマのような斑点が体下部にあるものまで存在します。日本近海で釣れるサバは大きく二種類。それぞれを紹介します。

マサバ

日本を代表するサバ。真鯛や真蛸、真鯵と同じく、真鯖の真の意味はサバ科で一番に馴染みのある魚類であるという意味を持ちます。もちろん、日本近海のサバといえばこの真鯖。キラキラと青色に輝くキレイな青みがかった背中。キレイな目が特徴的ですね!

ゴマサバ

ゴマサバはマサバと同じくサバ科の魚類。マサバと異なる点は腹部に斑点が見られること。複数のゴマのような斑点があればそれはゴマサバ。名前の由来はもうお分かりですね。そう、ゴマのようなツブツブが腹部に見られることからゴマサバと呼ばれます。

サバ釣りのシーズン

サバは一年中釣れるお魚。ただし、季節によって釣れるサイズに違いがでます。春季(4月、5月、6月)は小型サイズのサバ。夏季(7月、8月)は中型サイズのサバ。秋季から冬始め(9月、10月、11月)にかけては大型のサバ。おすすめするのは大型のサバが狙えるシーズン!サバに脂が乗るシーズンでもあるので美味しいサバを釣ることができるでしょう。

サバ釣りの仕掛け

サバ釣りは簡単な仕掛けでも楽しめる釣り。サビキ釣りなどの入門者に優しい釣法でも狙えるだけに釣り初心者の方でも楽しむことができます。サバ釣りで用いる仕掛けは他の釣法を応用したモノ。サビキ釣りやウキ釣りなどの汎用的な釣法を利用します。

サビキ釣り

サビキ釣りは餌に似せた複数の針を用いて釣る方法。コマセカゴにアミエビを投入して海へと落とします。コマセカゴの中に入ったアミエビは水分を吸って水中に散ります。餌と間違えたサビキ針に魚達は食い付いてしまうというシンプルな釣法です。

チョイ投げサビキ

チョイ投げサビキはサビキ仕掛けを投げれるようにしたモノ。投げれる範囲は5(m)ほどの短い距離ではあるものの、手前の回遊コースを失ったサバに非常に有効的な仕掛けです。浮きが付いているので当たりの判別も容易。ウキ釣りの要素を絡めたサビキ仕掛けです。

カゴ釣り

大型のサバの群れが近くに回遊してくることは珍しいことです。大型のサバをターゲットとするならば遠くへと飛ばす仕掛けを利用してみましょう。カゴ釣りは遠くのサバを狙うのに適した仕掛け。原理はサビキ釣りと変わりません。おもり付きのロケットカゴを利用すると簡単に仕掛けを組むことができますよ!もちろん、浮きの重さもロケットカゴの重さに応じて調整する必要はあります。

ライトゲーム

すぐ近くに小サバが回遊してきたときはコレ。ジグヘッドとワームを組み合わせた仕掛け。または、小型のメタルジグでのサバ釣りにチャレンジしてみましょう。ライトゲームタックルを活用すればサバの他、アジやメバル等の様々な魚種を釣ることができますよ!

ライトショアジギング

ライトショアジギングはルアージャンル。ルアージャンルの中でも近海寄りの釣法。疑似餌となるメタルジグの重さも重たいモノを使用しません。40(g)以下のモノを使用して青物を主旨として釣り上げます。ジギングカテゴリー専用のアクションを駆使するので少し体力のある方向けの釣法でもあります。ただし、オキアミ等の餌は必要ありません。

サバ釣りを簡単にする市販の仕掛けはコレ!

サビキ釣りやウキ釣り、カゴ釣りなどの多目的に活用できる釣法で釣れるサバ釣り。実は、オーソドックスな釣り方だからこそ、より便利に仕掛けを完成できる市販品が存在するんですね!一つ一つパーツを揃える必要はありません。入門者の方は以下で紹介する仕掛けのセットアイテムを使えばすぐにサバ釣りを楽しむことができますよ!

ボウズのがれ サビキ下カゴ式

ささめ針(SASAME) ボウズのがれ サビキ下カゴ式 XA003 M

サビキ釣り
サビキ下カゴ式

メーカー:ささめ
おもり:M
全長:1.7(m)
仕様:カゴ付き・サビキ付き

ささめのボウズのがれシリーズは釣りの簡単な組み立てができるセットアイテム。サビキ釣りには上カゴ式と下カゴ式の二通りが存在していてサビキ下カゴ式は後者のタイプ。サビキ釣り初心者に向いた製品といえるでしょう。

うきまろ遠投サビキ

がまかつ(Gamakatsu) うきまろ遠投サビキ ハゲ皮 UM113 6号-ハリス2. 45736-6-2-07

投げサビキ
うきまろ遠投サビキ

メーカー:がまかつ
号数:6(号)
ハリス:2
仕様:浮き付き・カゴ付き

筆者のおすすめするチョイ投げ用のサビキセット。めちゃめちゃ使いやすいです。コマセカゴと浮きも同パッケージの中に入っているので安心。ただ、遠投サビキとは書かれているものの、踏ん張りすぎるとキャストするときにアミエビが飛び散るので10(m)行けば良い方です。ただ、コレ一つでチョイ投げサビキが楽しめるので素晴らしい!

天秤カゴ釣りセット

ハヤブサ(Hayabusa) ひとっ跳び 天秤カゴ釣りセット リアルアミエビ&カラ鈎 2本 HA240 8/2-3-3

カゴ釣り
天秤カゴ釣りセット

メーカー:ハヤブサ
ハリス:3(号)
全長:1.0(m)
仕様:浮き・カゴ・天秤付き

ハヤブサの天秤カゴ釣りセット。カゴ釣りをする上で必要な仕掛けが全てパッケージに詰められた完全セットアイテムです。遠くのポイントへとひとっ飛び。天秤が付いているので投げてから着底までの間は仕掛け同士が絡まりにくいのも魅力です。仕掛けを組むのが面倒くさい方におすすめします。

サバが釣れたときは?鮮度を保つために血抜き!

サバは魚類の中でも鮮度が落ちやすいお魚。新鮮なまま頂くためには血抜きをして後に生臭くなる中の血を取り除く必要があります。ただ、サバは釣れるときには沢山釣れてしまうお魚。作業を早く進めるためにもサバ折りと呼ばれる方法で血抜き作業を行います。

サバ釣りにチャレンジしてみる?

サバは青物だけあって小さいサイズでも本当に引きが強いお魚。群れをなす回遊魚でもあるので複数の針を利用する釣法ならば複数のサバが釣れることも珍しくはありません。釣り初心者の方でも楽しめるサバ釣り。是非、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク