2018年のレガリスLTと前モデルとの比較!ライトでタフな作りとはこのことか!

2018年にダイワが出した新基軸コンセプト。釣りに通な方であれば「LIGHT TOUGH」はご存知のはずです。この新しい基軸は軽い&タフな作りをコンセプトとして挙げられており、ギア部の他、ボディマテリアルをより強固なモノへと進化させた作りとなっています。

このコンセプトが搭載されたリールは既に大量に展開されている中、新しく登場する「レガリス LT」はLTコンセプトを身近に体験できるスピニングリール。今回はダイワの最新の技術が詰められたコスパ重視のエントリーモデル「レガリスLT」について注目していきます。

そこで、レポ部では・・・
2018年のレガリスLTと前モデルとの比較!ライトでタフな作りとはこのことか!
をレポートします。

レガリス LT

2018年の最新の技術「LIGHT TOUGH」が採用されたスピニングリール。レガリスの最大の魅力はそのコストパフォーマンス。10000円ほどの価格でこの新基軸リールを体験することができるということ。もちろん、その他にも良さは盛りだくさん!それぞれの良さについて見ていくことにしましょう。

LIGHT TOUGH搭載!最新の性能を体感!

2018年のダイワのテーマとも呼べる従来よりもLIGHT(軽い)TOUGH(頑丈)な性能の取り入れ。従来のエントリーモデルは巻き心地が納得いかなかったり、本体自体が重かったりと何か気に食わない面も。ただ、それは昔の話。LTコンセプトは様々な部品を軽量化すると共にギア、ボディマテリアルをより頑丈なモノへと進化させた設計となっているので全く違った扱い心地を体験することができますよ。

やっぱりコレ!コストパフォーマンスが嬉しい!

筆者が感じるレガリスの最大の魅力。それはコストパフォーマンスにあると言えるでしょう。2012年に登場したレガリスがリニューアルされて2018年09月に最新のコンセプト「LIGHT TOUGH」が導入されて再登場。2012年に登場したレガリスもコスパに秀でたリールとして一世を風靡することに。驚きなのが2012年に登場したレガリスの価格と似た価格帯で提供されていること。・・・太っ腹ですよね。

もちろん、いろんな機能も付いてるよ!

新型のレガリスLTはコスパの良さも魅力ですが機能性にも注目しておきたいところ。もはや、ダイワのリールには必須ともいえるオートマチックドラグシステムを始め、軽い巻き出し、感度を体感できるエアローター。リールの心臓部ともいえるギアのタフ化。タフデジギアも採用されています。エントリーモデルとしては十分すぎる性能ですよね。

旧レガリスとの比較!こりゃ、本当に凄い・・・

下のスペックの比較表を見れば一目瞭然。最新の新基準「LIGHT TOUGH」採用の意味がよく分かります。似たような品番を三つ挙げてみました。双方を比較すると十分すぎるほど大物とのやり取りができるようにドラグ力が強化されています。もちろん、重さに関しては全ての品番が旧レガリスの重さよりも軽く設計されています。こりゃ、驚きですね!

【2018年】レガリスLTのスペック

品番 ギア比 ボール/ローラー 重さ(g) ドラグ力(kg)
LT2000S 5.2 5/1 190 5
LT2500D 5.3 5/1 210 10
LT4000D-C 5.2 5/1 245 12

【2012年】レガリスのスペック

品番 ギア比 ボール/ローラー 重さ(g) ドラグ力(kg)
2004 4.7 4/1 220 2
2500 4.7 4/1 260 4
4000 4.9 4/1 355 6

レガリスのラインナップも魅力的!

レガリスLTは豊富なラインナップが用意されています。そのラインナップ数は10種類を超えるほど。その中でも使用頻度の多そうな番数をピックアップしてみました。番数毎におすすめする釣法も紹介しているので一言コメント欄も見てね!

レガリス LT 2000S

ダイワ リール レガリス LT2000S

2000S
レガリス LT 2000S

メーカー:ダイワ
本体の重さ:190(g)
ドラグ:5(kg)

レガリスLTの2000番。本体の重さは190グラムとライトゲームでは十分過ぎる軽さを持っています。ドラグ力は2012年モデルとは比べ物にならない数字。トラウト、アジ、メバル、カサゴなどのライトゲームに適したモデル。糸巻き量は浅溝。

レガリス LT 2500D

ダイワ リール レガリス LT2500D

2500D
レガリス LT 2500D

メーカー:ダイワ
本体の重さ:210(g)
ドラグ:10(kg)

レガリスLTの2500番。標準的な番数とも呼べる2500番台。糸巻き量は深溝。バス、エギング、トラウト、シーバスやテンヤ真鯛など遊べる釣法はいろいろ。2012年のレガリスと比べ、なんと、50グラムも軽量化されています。こりゃ、凄い。

レガリス LT 4000D-C

ダイワ リール レガリス LT4000D-C

4000D-C
レガリス LT 4000D-C

メーカー:ダイワ
本体の重さ:245(g)
ドラグ:12(kg)

レガリスLTの4000番。陸っぱりからのライトショアジギングを始め、船上からのライトジギングやフラットフィッシュ、シーバスゲームと大きい魚種に対抗。ドラグ力は12キロと十分過ぎる力を発揮します。ワンサイズ小さいボディで設計されているコンパクトボディ採用。糸巻き量は深溝。

LIGHT TOUGHの機能性を体感しよう!

新型のレガリスの魅力をお伝えしました。最新のコンセプトを気軽に体感できるエントリーモデル「レガリス LT」は既に登場済み。まだ、LTコンセプトを体感したことのない方は、気軽に手に入るエントリーモデルから体験してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク