スリーディージグヘッドは何でもアリ?いろんな魚が釣れるジグヘッド!

秋といえばタチウオ!船上からでなくても陸っぱりから気軽に釣れるタチウオはゲーム性を意識した釣法も開発されています。エコギアの「スリーディーヘッド」はご存知でしょうか。このジグヘッドは大きい弾丸のようなジグヘッド。

今回、紹介するのは、エコギアの太軸フック「スリーディーヘッド」について。タチウオの他に、フラットフィッシュを始め、シーバスにも効く、汎用性のあるジグヘッドに迫ります。

そこで、レポ部では・・・
スリーディージグヘッドは何でもアリ?いろんな魚が釣れるジグヘッド!
をレポートします。

スリーディージグヘッド

夏に引き続き、秋のシーズンもいろんな魚達が姿を表してくれるシーズン。その秋のシーズンはタチウオのベストシーズンでもあります。アングラーの皆様はタチウオ釣りに挑戦したことがありますか?そして、どのようなタックルでタチウオ釣りを楽しんでいますか?

タチウオはエサ釣りを除いてメタルジグやジグヘッドでの釣り方が主流。いろんなタチウオ用の仕掛けが登場しているので少し仕掛けのチョイスに悩んでしまいがちでもありますよね。そこで、秋のタチウオ釣りにおすすめするエコギアのジグヘッドを紹介します。

エコギアから登場する「スリーディージグヘッド」はタチウオの他に、フラットフィッシュを始め、シーバス、根魚にも実績の高いジグヘッド。発売当時から人気を集めており、魚種に汎用性の高いなんでもござれのジグヘッドとして知られています。

スリーディージグヘッドはタチウオの牙にも負けない太軸のフックが特徴的で上下にアイが設置されているので使い方は様々。ワイヤーリーダーとシングルフックを組み立てたワイヤーフックを独自に装着してタチウオの対抗策を練りつつ、フッキング率を高めることもできます。

今回、この「スリーディージグヘッド」を紹介するに至ったのは新しいウェイトの追加。ショアジギング、ライトショアジギング、エギング、シーバスタックルでも応用可能な新しい重さが追加されることが決定したからなんです。

今までに登場していたのは10グラムと30グラム。2018年09月10日からはより使い勝手の良いウェイトとなる20グラムと40グラムが追加されることに。今、また、再注目されているジグヘッドでもあるワケですね。

皆様も「スリーディージグヘッド」の使い勝手の良さを体験してみてはいかがでしょうか。

スペック

タイプ 重さ(g) 本数
ジグヘッド 14・20・30・40 2

ターゲットは?

  • タチウオ
  • ヒラメ
  • マゴチ
  • シーバス
  • カサゴ
  • マハタ
  • キジハタ
  • etc

パワーシャッドを付ければ完成!簡単ですね!

スリーディージグヘッドにおすすめするのは、同社のパワーシャッドとミノー。通常のジグヘッドと同じく、設置方法は変わりません。スリーディージグヘッドにはアイが上下に二つ付いているのでいろんな使い方ができそうですね!

3D JIG HEAD

エコギア 3Dジグヘッド14g・2ケ入リD01グロウ 3594

夜行
3D JIG HEAD

メーカー:エコギア
タイプ:ジグヘッド
サイズ:14・20・30・40(g)

エコギアのスリーディージグヘッド。フックが太軸仕様で夜光タイプとまさにタチウオにうってつけのジグヘッドへと設計されています。本体は二つ入り。タチウオ、コチ、ヒラメ、青物、様々な魚種に反応する汎用性の高いジグヘッドです。

パワーシャッド

エコギア(Ecogear) ルアー パワーシャッド 4インチ 32 ミッドナイトグロウ(夜光)

グロー
パワーシャッド

メーカー:エコギア
タイプ:シャッドテール
サイズ:3・4・5・6(inch)

エコギアのパワーシャッド。いろんなリグに対応した汎用性の高いシャッドテールワーム。よく見るシャッドテールワームとは違って鰭(ヒレ)や鰓(エラ)のくぼみなど小魚のフォルムがよく再現されています。スリーディージグヘッドと組み合わせたときには、その夜行力と蓄光器で全体を光らせた発光力でターゲットにより存在感を示すこともできます。

スリーディージグヘッドで釣りにチャレンジ!

エコギアのスリーディージグヘッドは汎用性の高いジグヘッド!太めのフックが使われているのでタチウオの牙や力に難なく対抗。スリーディージグヘッドで隈なく探索することでいろんなターゲットにワームの存在を伝えることができますよ!