着底したのか分からない!エギやメタルジグの着底時の確認方法とは?

ショアジギング、エギング、ライトショアジギング、どの釣法においても着底というステップを踏まなければアクションを開始できません。もし、横殴りの風が吹いていたらアングラーの皆様はどのような対処方法で着底の確認をしますか?

今回、紹介するのは、着底を確認するための幾つかの方法。お魚は一投目の疑似餌の様子をジックリと見ていると言われています。着底をよりスムーズに行うことができればアクションの動き出しをスムーズに行うことができるはず。お魚を飽きさせないためにも生きたエサの動きを再現するように工夫してみてはいかがでしょうか。

そこで、レポ部では・・・
着底したのか分からない!エギやメタルジグの着底時の確認方法とは?
をレポートします。

PEラインじゃ風に煽られる!

ナイロンラインやフロロカーボンラインが主流だった昔、丁度、PEラインが登場した頃に始めてPEラインを使ってキャストしたときは驚いたもの。ナイロンやフロロに比べて圧倒的に風の抵抗に弱いので少し風がある場所でキャストしただけでもPEラインの放出が止まらなくなります。つまり、仕掛けが着底しても風の影響でPEラインは放出したまま。PEラインの強度ばかりに目が行きがちですがPEラインは少し扱いにくいラインでもあります。

何故、着底が伝わりにくいのか

何故、PEラインは着底が伝わりにくいのか。原因としてはPEラインの「比重の軽さ」とライン自体の「しなやかさ」にあります。フロロカーボンやナイロンラインに比べて比重が軽いPEラインは風の抵抗に弱いので風や波の影響を受けやすいデメリットを持っています。そして、ライン自体がしなやかなために少しでも横風を受けるとライントラブルに発展してしまうケースがに多いので中級者向けのラインでもあるワケですね。

着底を確認する方法とは?

フロロカーボンやナイロンラインと比べて張りの無いPEラインでは着底を確認することは初心者の方にとっては難しいこと。そこで、簡単に着底した際の確認を取れる方法について紹介していきます。着底のステップでお困りの方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

ラインを挟み込む

初心者の方にはコレが一番。スプール部のラインは安定しないので竿のバット下の安定したラインを人差し指と親指で挟み込みます。キャストした際の糸ふけを回収しつつ、指で適度なブレーキを掛けることでラインの放出を制限します。

人指し指を添える

バットを横からラインと一緒に抑え込むだけでラインの放出を制御することができます。このときに抑える指は人差し指と中指をおすすめします。人差し指だけでは手が切れてしまう可能性も。初めての方は手袋を着用してバットの横から抑え込むと安全です。

グリップに手を添える

キャストすると同時にラインを竿のフォアグリップの位置へ。そして、リールが左ハンドルならばフォアグリップを右手で上から掴むようにラインに指を添えます。中指か人差し指でラインを抑えればブレーキが掛かります。このときに注目すべきはラインのたるみ具合。ブレーキを加減しつつ、着底すればコツンという手応えが手元に伝わりますよ。

注意すべきこと

ラインの放出を制御する際には手を使って制御します。つまり、ラインに触れることで火傷を負ってしまったり、手が切れてしまうこともあるワケですね。怪我をしないためにも手袋の着用をおすすめしたいところですが魚のアタリの確認がし辛いこともあり、筆者は素手のままラインの放出を制御しています。コツはキツくラインを抑えないこと。優しく触れるようにラインに触れるだけで簡単にブレーキを掛けることができますよ!

フィッシンググローブ

L.A.Y【改良版】スポーツ フィッシング グローブ 釣り 手袋(ジギング エギング シーバス フライ トローリング対応)【国内正規流通品】

便利
フィッシンググローブ

メーカー:L.A.Y
タイプ:フィンガーレス
サイズ:S / M / L / XL

フィッシンググローブは機能性に重点をおいて開発されたグローブ。フィンガーレスであるがゆえに手元に伝わる感度はバツグン。ファスナータイプの着脱でスムーズにグローブを取り外すことができます。機能性を重視したグローブです。

着底のサインを受け取ろう!

着底が判断できれば後はアクションを行うのみ。着底からのアクションをスムーズに行うことができれば偽物のエサだと思われずに自然な動きで誘うことができるはず。着底のサインをタックルから受け取って釣果に結び付けてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク