海の魚達を例えると?色んな呼び名を持つ魚達!

日本は魚文化が盛んな国。お魚をよく食べる日本では食卓で出会う機会の多い馴染みあるお魚も多いですよね。魚文化が盛んな日本だからこそ知っておきたいことがあります。それは、お魚の呼び名!人間にあだ名があるようにお魚にも別名があるんですよ!

別の呼び名で呼ばれているワケは方言。一つの魚であっても方言によっては様々な呼び名で呼ばれるワケですね。今回、紹介するのは、その様々な呼び名を持った魚達の数々。日頃からお世話になるお魚だからこそ、知っておきたい知識があります。その魚達の呼び名に迫ります。

そこで、レポ部では・・・
海の生物を例えると?色んな呼び名を持つ魚達!
をレポートします。

魚達には様々な呼び名がある!

小学生の頃、あだ名を付けられたことがありませんか?そう、人間にあだ名があるように海に生息する魚達にもあだ名があるんですよ!コレから紹介するのは魚達のニックネームの数々。その魚達のウンチクやその方言の由来に迫ります。

カマス

カマスは尺八とも呼ばれてますね!
焼き物の鉄板魚として人気です。

尺八と呼ばれるのはカマス。ピ~ヒュルリラ~!そう、あの木管楽器の尺八です。大きいサイズになると尺八と呼ばれています。何故、尺八と呼ばれるのか。それは木製の尺八のように大きく太い姿を想像させるからですね!木管楽器の音は関係ありません!

スズメダイ

おせんさんやおせんごろしとも呼ばれてますね。
サビキ釣りの外道で釣れるお魚ですね!

スズメダイの別名はおせんさん。昔々、お仙と呼ばれる女の方がスズメダイを食べることでスズメダイの鋭い骨が喉に刺さって亡くなった事故があった昔話があります。スズメダイの骨は本当に鋭いので食べる際には気を付ける必要があります。

石鯛

石鯛の未成魚はシマダイとも呼ばれますね!
シマシマ模様だから?

シマダイの若魚はシマがあるのでシマダイとも呼ばれています。関西から関東と多くの地域で呼ばれており、石物釣りでは定番の呼び方。シマシマ模様がくっきりと見えるのは若魚まで。老成した石鯛はうっすらとシマシマが残り、黒っぽい色をしています。

タチウオ

カタナといえばこの魚ですよね!
釣っても楽しいし、食べてもおいしい!

タチウオの別名はカタナ!タチウオの姿はカタナに似ていることからその名が名付けられました。タチウオの牙は鋭い!もしも、タチウオと触れ合う機会があるようでしたら直接手に触れないように気を付けてタチウオを取り扱いましょう。

カワハギ

エサ取り名人といえばこの方!
釣れない場合はカワハギ専用のハリを使ってみてね!

カワハギはエサ取り名人としても呼ばれるお魚。おちょぼ口を巧みに使って釣り針を除いた餌だけを食べてしまいます。ただ、お味は絶品!カワハギは捨てる場所が少なく、肝を食べることができます。新鮮なカワハギの肝和えは釣り人にしか味わえませんよ!

キス

キスゴといえば・・・キス!
キスの名前の由来はキッス(Kiss)とは関係ないの?

キスはキスゴとも呼ばれます。よく勘違いされる単語は口づけを意味するキッス。ただ、キスゴの名前の由来はこのキッスとは関係ありません。一般的な説として挙げられるのはキスの生息する場所。キスは岸の近くに生息する魚。キシ(岸)コからキスゴへ。そして、徐々に名前が変化していき、キスという名前が生まれたという一般説があります。

真鯛

魚の大様はこの方をおいて他にいません!
フカセ釣りやテンヤ釣りで有名な真鯛ですね!

魚の王様と呼ばれる真鯛。日本ではお正月や還暦祝い等のめでたい日に真鯛が送られます。大相撲で優勝した力士が真鯛を両手で持ち、掛け声を出していますよね!めでたい日には真鯛。海の大様をめでたい方へと送ればその人もめでたい気持ちに!

オニカマス

生きる魚雷といえばこいつ!
人に攻撃する魚です!要注意!

生きる魚雷ことオニカマス。人を襲うメカニズムは分かっていないものの、ダイバーや釣り人の他に、水上ボート、カヤック等のマリンスポーツを楽しまれる方にも攻撃してきます。そして、オニカマスはシガテラ毒を含んでいるので食べることはできません。

シャチ

海の大様といえば・・・シャチ!
ホホジロザメを倒したって逸話もあるよね!

魚類ではありませんが・・・海の大様ことシャチ。実はシャチはイルカの仲間。群れで行動し、集団で狩りを行うこともしばしば。海の生物の中では知能が優れており、自然界での天敵は存在しないことから海の大様とも呼ばれています。

海の生物の呼び名を知り尽くそう!

海の生き物の数は計り知れないほど。人間が知らない深海の生物や新種の生物も年々登場しています。海の生物の名前は我々人間が付けたモノ。これからもっと新種の海の生物が発見されることでしょう。数多い海の生物の名前。覚えきれない場合は呼び名から覚えることで海の生物の名前が覚えられようになるかもしれませんよ!

スポンサードリンク