あの初代サイレントアサシンにAR-Cシステムが搭載!使いやすい120ミリクラス!

シマノのエクスセンスはシーバス専門のブランド。シーバスアングラーの方であれば一度はエクスセンスブランドの製品を使ったことがあるのではないでしょうか。そのエクスセンスブランド屈指のミノーとも言われているのがサイレントアサシン。

そのサイレントアサシンの120ミリクラスにシマノが誇る重心移動システム(AR-Cシステム)が搭載されて新しく登場します。今回は、シマノから新しく登場するサイレントアサシン120ミリクラスのフローティングモデルについて詳しく迫っていきましょう。

そこで、レポ部では・・・
あの初代サイレントアサシンにAR-Cシステムが搭載!使いやすい120ミリクラス!
をレポートします。

サイレントアサシン 120F

シマノの人気シリーズ「サイレントアサシン」に使いやすい120ミリクラスが登場します。シーバスアングラーからすると120ミリは魔法の数字。シーバスミノーの平均して使用されるルアーサイズだけあり、数多くのシーバスアングラーがこのクラスを使用しています。

このサイズ帯はパイロットルアーとして活用される他、平均サイズを含め、そのサイズ以上のシーバスを狙うことができるので多くの方が使いやすいサイズとして一つ以上はタックルボックスに入れているのではないでしょうか。

サイレントアサシンの強みは安定力と遠投性能。キャストする際に飛行姿勢が安定しているのでミノーながらも飛距離を出すことができます。通常の風はもちろん、強風時でも結構な飛距離を稼ぐことができるのは最大のメリットだと言えるでしょう。

飛距離に貢献するのはAR-Cシステム。シマノの重心移動システムがサイレントアサシンには搭載されています。もちろん、今回、登場するサイレントアサシン120FにもAR-Cシステムが搭載されているので飛距離に関しては文句の付け所が無いはずです。

さて、サイレントアサシンの120ミリサイズと言われると初代サイレントアサシンを想像してしまう方も少なからず居られるのではないでしょうか。そう、新しく登場するサイレントアサシン120Fは初代サイレントアサシンのサイズを受け継いでいます。

そして、初代サイレントアサシンには搭載されてなかった重心移動システムが新たに搭載されることで初代サイレントアサシンを凌ぐ飛距離を実現することが可能となったワケですね!アクション動画を見てみましょう。

サイレントアサシン120Fのアクションはアクションスピードによって変化。スローリトリーブではゆったりとしたローリングアクション。早めに巻くと大きく左右に揺らしながら豪快に泳いでくれます。リトリーブスピードに忠実なミノーとも取ることができるでしょう。

サイレントアサシン120Fの登場予定日は2018年09月。丁度、秋のシーズン。パイロットルアーをお探しの方はサイレントアサシンシリーズの使用を検討してみてはいかがでしょうか。

スペック

タイプ サイズ(mm) 重さ(g)
フローティング 120 19

登場予定日

2018年09月(予定)

ターゲットは?

  • シーバス
  • etc

サイレントアサシン120Fのココに注目!

サイレントアサシン120Fの良さ
  • AR-Cシステムを搭載(飛距離が出る)
  • 扱いやすい120ミリクラス(パイロットサイズ)
  • 初代サイレントアサシンが復活!

AR-Cシステムの飛距離を体感してみよう!

同シリーズの99F・129F・140F・160Fにも重心移動システムは搭載されています。今回、新たに登場する120Fにも初代サイレントアサシンのサイズを受け継いで重心移動システムが搭載されることに。サイレントアサシン120Fの登場が楽しみですね!